読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空へひろげて

空を眺めるのが大好きな、わたしの空への手紙です。

小鳥

 小鳥さん

 どうしてそんなに

 あかるいの?

 

 「いつも歌っているからよ」

 

 小鳥さん

 どうしてそんなに

 たのしそう?

 

 「こどもの国から来たからよ」

 

 小鳥さん

 どうしてそんなに

 あったかいの?

 

 「好きなものでいっぱいなの!」

 

 小鳥さん

 どうしてそんなに

 フンワリしているの?

 

 「しあわせでいっぱいなの!」

 

 と、おしえてくれたのです。

 

 まっすぐな

 とてもきれいな瞳で。

 

 f:id:sufuretan:20170118084013j:plain

 

歌っています

 今夜は

 シチューにしよう

 

 と、おもった

 とたんに

 

 こころが

 とても

 あったかく

 なるのです。

 

 やさしい味の

 ホワイトシチューに

 いたしましょう

 

 にんじんは

 野に咲く

 花のかたちにね

 

 ブロッコリー

 小びとの国の

 木のようだ

 

 ちいさな

 お月さまのような

 白い小かぶも

 いれましょう

 

 菜の花いろの

 スイートコーンも

 わすれずに

 

 あまーい

 においの

 ミルクといっしょに

 

 まっ赤な

 まーるい

 お鍋のなかで

 

 みんなが

 とっても

 うれしそう

 

 「プクプク・ぽこぽこ」

 歌っています

 

 みんなで

 たのしく

 ゆれながら

 

 しあわせの歌を

 

 歌っています。

 

 f:id:sufuretan:20170125160654j:plain

 

 

しあわせな北風

 「よーし!」

 「あそこまで競争だよ」って

 

 少年が笑顔で

 自転車を

 こいでいました。

 

 北風と

 とっても楽しそうに

 走っています。

 

 やっと

 友だちを

 見つけた

 北風は

 

 ほんとうに

 うれしくて

 うれしくて

 

 「ヒュー・ヒュー」

 と、口笛をふくのです。

 

 みんなに

 寒い寒い

 といわれて

 

 ちょっと

 さみしかったのですね。

 

 良かったね!

 北風さん。

 

 f:id:sufuretan:20161129043749j:plain

 

 しゃぼん玉

 春になったら

 

 ちいさな

 おもちゃ屋さんで

 

 しゃぼん玉を

 買いたいな。

  

 まっ青な空へ

 むかって

 

 そっと、

 やさしい

 こころで

 飛ばすのです。

 

 虹色に

 かがやく

 しゃぼん玉は

 

 かわいい

 お花屋さんを

 とおって

 

 うまれたての

 蝶々と

 であったり

 

 陽ざしで

 まぶしい

 家々の

 屋根を見ながら

 

 やわらかな

 春の風に

 のって

 

 君の

 ところへ

 

 そして

 

 うれしくて

 うれしくて

 

 パチン

 

 と、はじけるのです。

 

 シャボンの

 香りと

 いっしょにね!

 

 f:id:sufuretan:20170119072618j:plain

 

楽しいがいっぱい!

 ひと匙のハチミツを

 口にすると

 

 わたしは

 ミツバチになります。

 

 光あふれる

 ひろーい野原を

 飛んで

 

 ちいさな花に

 もぐって

 お昼寝をしたり

 

 花たちの

 可愛いおしゃべりを

 きいたり

 

 いっしょに

 空をのんびり

 ながめたり

 

 ときどき

 たかーく飛んで

 お日さまに

 あいさつをしたり

 

 まいにちが

 たのしくて

 たのしくて

 

 お家に帰るのを

 忘れてしまうぐらいです。

 

 ハチミツには

 ミツバチたちの

 “ 楽しい ” が

 いっぱい

 つまっているのです。

 

 f:id:sufuretan:20161106044225j:plain

 

 

 空にかく

 見上げている空に

 絵をかきたくなったのです。

 

 からだをいっぱい使って

 こころをいっぱい使って

 

 お日さまのほほ笑むなかを

 

 やさしく、澄んだきれいな色で

 

 たのしく飛んでいる鳥たちや

 気もちよく泳いでいる魚たちや

 そばには、ウミガメも描きたいな

 

 それから

 優雅に歩いているキリンも

 日向ぼっこをしているクマも

 そよかぜに舞う蝶々たちも

 

 あっちにも、こっちにも

 いろんな花でいっぱいにして

 

 まんなかに、かくのです。

 

 虹の七つの色で

 

 

 『 き み が だ い す き 』って!

 

 

 f:id:sufuretan:20161004044322j:plain

 

 

 

 雲の旅

 冬晴れの青い空を

 まっ白な雲たちが

 のんびりと旅をしていました。

 

 ゆっくりと南へ流れ

 気もち良さそうです。

 

 お日さまの光につつまれて

 山や海をながめながら

 

 ときどき、鳥たちをお供に

 地球をめぐる大きな旅です。

 

 風といっしょに

 歌をうたいながら

 

 南へ南へ

 とっても楽しそうに!

  

 f:id:sufuretan:20160913044052j:plain