空へひろげて

空を眺めるのが大好きな、わたしの空への手紙です。

虹の こどもたち

 虹の

 こどもたちが

 

 虹の

 神さまの

 そばで

 

 出番を

 まっています。

 

 いつか

 空に

 放たれる

 日を

 

 ウキウキ

 ワクワク

 と

 

 むねを

 おどらせ

 ながら。

 

 虹の神さまから

 プレゼント

 された

 ことばを

 

 たいせつに

 たいせつに

 

 むねの

 なかに

 いだきながら。

 

 いよいよ

 空へ

 放たれたとき

 

 虹の

 こどもたちは

 

 うれしくて

 うれしくて

 

 よろこびの

 声を

 あげます。

 

 でも

 あまりにも

 かるくて

 

 透きとおった

 声なので

 

 天へ

 昇っていって

 しまうのです。

 

 みんなに

 たのしんで

 もらえるように

 

 みんなに

 よろんで

 もらえるように

 

 透きとおった

 キャンディーの

 ようないろで

 

 虹の神さまの

 ことばを

 

 空へ

 ひろげるのです。

 

 うつくしく

 やさしく

 

 とても

 あたたかい

 ことばを

 

 空へ

 ひろげるのです。

 

 〝 愛 〟 

 という

 

 ことば

 だけを。

 

 f:id:sufuretan:20170301155747j:plain

 

 

うぐいす

 ぼくは

 うぐいすです。

 

 お日さまに

 さそわれて

 

 歌の

 れんしゅうを

 しています。

 

 まずは

 

 発声の

 れんしゅうを

 するのです。

 

 「チャッ チャッ」。

 

 なかなか

 いい調子です。

 

 なんと

 いっても

 

 さいしょの

 「ホー」が

 

 とっても

 むずかしい

 のです。

 

 「ホー」がね。

 

 やわらかく 

 

 うつくしく

 

 きよらかに

 はじめるのが 

 

 いいのです

 って

 

 春の

 神さまに

 

 おしえて

 もらいました。

 

 「ホケキョ」は

 

 ちょっと

 かるーく

 うたうのです。

 

 「ホケキョ」

 「ホケキョ」って

 

 スキップ

 みたいにね。

 

 なんども

 なんども

 

 れんしゅうを

 します。

 

 なんども

 うたっていると

 

 ますます

 

 ほがらかな

 晴れやかな

 

 きもちに

 なります。

 

 そして

 

 ぼくは

 

 もう

 

 春に

 なって

 

 うたって

 いるのです。

 

 f:id:sufuretan:20170227075014j:plain

 

 

草の あかちゃん

 草の

 あかちゃんは

 

 根っこの

 おかあさんと

  

 いつも

 いっしょです。

 

 だから

 とっても

 うれしいのです。

 

 やわらかな

 

 こころと

 からだで

  

 のびのび

 スクスク

 

 と

 

 天を

 めざして

 

 おおきく

 なります。

 

 やさしい

 

 風に

 なでられながら

 

 やさしい

 

 雨に

 なでられながら

 

 根っこの

 おかあさんに

 

 いっぱい

 栄養を

 もらいます。

 

 そして

 

 青い

 お空が

 かいてくれる

 

 雲や

 

 虹の

 

 絵本を

 みたり

 

 小鳥たちの

 うたを

 

 うっとりと

 きくのです。

 

 おとうさんの

 お日さまに

 

 しっかりと

 

 つつまれ

 ながらね!

 

 f:id:sufuretan:20170221171632j:plain

 

 

雲の ひなたぼっこ

 ひさしぶりに

 

 お日さまが

 かおを

 だしたので

 

 雲たちが

 

 ひなたぼっこを

 していました。

 

 みんな

 おぎょうぎよく

 ならんで

 

 きもち

 よさそうに

 

 陽ざしを

 あびています。

 

 だんだん

 あたたまって

 くると

 

 かたちが 

 ほぐれてきて

 

 白-く

 なって

 

 かがやいて

 ゆきます。

 

 雲の

 きもちが

  

 かるーく

 

 あかるく

 

 なって

 きたからです。

 

 まっ白な

 雲は

 

 ほんとうに

 

 ほんとうに

 

 しあわせ

 なのです。

 

 そんな雲を

 ながめていたら

 

 ぼくの

 こころも

 

 フワフワ

 になって

 

 とても

 

 とても

 

 しあわせな

 きもちに

 なりました。

 

 f:id:sufuretan:20170110105128j:plain

 

 

鳩の おさんぽ

 おさんぽ

 おさんぽ

 

 たのしいな。

 

 ほら

 

 あんなところに

 

 かわいい

 お花が

 咲いているよ

 

 あいさつを

 してこよう。

 

 あっ

 

 ボールが

 ころがってきた

 

 だいじょうぶ

 だいじょうぶ

 

 飛べるからね。

 

 おこらないよ

 

 平和の象徴の

 

 ぼくは

 鳩

 だからね。

 

 ちいさな

 こどもが

 

 あるいて

 いるのは

 

 ほんとうに

 かわいいな。

 

 声をかけて

 みようかな

 

「クックル クー」

 

「ころばないでね」。

 

 こうやって

 

 公園を

 おさんぽ

 するのが

 

 だいすき

 なんだ。

 

 みんな

 たのしそうに

 しているのが

 

 とっても

 うれしいんだ。

  

 ほんとうに

 

 しあわせな

 きもちに

 なるんだよ。

 

 さあ

 

 ちょっと

 飛んで

 行ってくるね

  

 とっても

 すてきな

 公園が

 あるんだ。

 

 1000キロ

 先にね。

 

 そう

 

 ぼくは

 なんといっても

 

 鳩

 だからね!

 

 f:id:sufuretan:20170215161437j:plain

 

 

みーんな にっこり

 ありがとう

 と

 つたえたくて

 

 しあわせです

 と

 つたえたくて

 

 はがきを

 書きました。

 

 あのことも

 

 このことも

 

 うれしかった

 って

 いいたくて

 

 たのしかった

 って

 いいたくて。

 

 やさしい色の

 色えんぴつで

 

 うたう

 小鳥の

 絵もかいて

 

 夢みる

 花の

 絵もかいて

 

 かわいい

 切手を

 

 ペタンと

 はったら

 

 にっこり

 えがお

 

 はがきに

 なりました。

 

 小鳥の

 歌が

 とどきますように

 

 花の

 香りが

 とどきますように 

 

 と

 

 おねがいして

 

 コトンと

 いれたら

 

 ポストも

 

 お日さまも

 

 まっ白な

 雲も

 

 やわらかな

 風も

 

 みーんな

 にっこり

 

 してくれたのです。

 

 f:id:sufuretan:20170110104644j:plain

 

 

メジロ

 葉っぱが

 飛んだ!

 

 と

 

 おもったら

 

 メジロでした。

 

 きっと

 葉っぱの

 妖精なのです。

 

 あっちの

 木へ

 

 こっちの

 木へ

 

 みんなで

 うたいながら

 あそびながら

 

 うれしそうに

 うれしそうに

 

 飛びまわって

 います。

 

 「チュル・チュル・チー」

 

 「春がくるよ」

 「春がくるよ」

 

 と

 

 鈴のような

 かわいい

 こえで

 

 鈴のような

 かわいい

 うたを。

 

 ときどき

 すずめたちと

 いっしょに

 あそんでは

 

 また

 おしらせに

 飛びまわります。

 

 それが

 たのしくって

 たのしくって

 

 うたって

 しまうのです。

 

 「もう春だよ!」

 「もう春だよ!」

 

 って。

 

 春の

 おつかいの

 

 メジロたちが。

 

 f:id:sufuretan:20170209045431j:plain