空へひろげて

空を眺めるのが大好きな、わたしの空への手紙です。

楽しいがいっぱい!

 ひと匙のハチミツを

 口にすると

 

 わたしは

 ミツバチになります。

 

 光あふれる

 ひろーい野原を

 飛んで

 

 ちいさな花に

 もぐって

 お昼寝をしたり

 

 花たちの

 可愛いおしゃべりを

 きいたり

 

 いっしょに

 空をのんびり

 ながめたり

 

 ときどき

 たかーく飛んで

 お日さまに

 あいさつをしたり

 

 まいにちが

 たのしくて

 たのしくて

 

 お家に帰るのを

 忘れてしまうぐらいです。

 

 ハチミツには

 ミツバチたちの

 “ 楽しい ” が

 いっぱい

 つまっているのです。

 

 f:id:sufuretan:20161106044225j:plain