空へひろげて

空を眺めるのが大好きな、わたしの空への手紙です。

虹の こどもたち

 虹の

 こどもたちが

 

 虹の

 神さまの

 そばで

 

 出番を

 まっています。

 

 いつか

 空に

 放たれる

 日を

 

 ウキウキ

 ワクワク

 と

 

 むねを

 おどらせ

 ながら。

 

 虹の神さまから

 プレゼント

 された

 ことばを

 

 たいせつに

 たいせつに

 

 むねの

 なかに

 いだきながら。

 

 いよいよ

 空へ

 放たれたとき

 

 虹の

 こどもたちは

 

 うれしくて

 うれしくて

 

 よろこびの

 声を

 あげます。

 

 でも

 あまりにも

 かるくて

 

 透きとおった

 声なので

 

 天へ

 昇っていって

 しまうのです。

 

 みんなに

 たのしんで

 もらえるように

 

 みんなに

 よろんで

 もらえるように

 

 透きとおった

 キャンディーの

 ようないろで

 

 虹の神さまの

 ことばを

 

 空へ

 ひろげるのです。

 

 うつくしく

 やさしく

 

 とても

 あたたかい

 ことばを

 

 空へ

 ひろげるのです。

 

 〝 愛 〟 

 という

 

 ことば

 だけを。

 

 f:id:sufuretan:20170301155747j:plain