空へひろげて

空を眺めるのが大好きな、わたしの空への手紙です。

空まで 歩いて

 おおきく

 てをふり

 歩いたら

 

 空まで

 歩いて

 いけそう

 なのです。

 

 こころも

 はずんで

 かけだすよ

 

 まえへ

 まえへ

 と

 

 かけだすよ。

 

 からだも

 うたを

 うたいだす

 

 たのしい

 うたを

 うたいだす。

 

 おおきく

 てをふり

 歩いたら

 

 風も

 いっしょに

 ついてくる

 

 あそびましょ

 って

 ついてくる。

 

 スズメさん

 たち

 木のうえで

 

 うれしそうね

 って

 

 みています

 

 たのしそうね

 って

 

 みています。

 

 ぼくは

 ニッコリ

 ほほえんで

 

 うれしいよ

 って

 

 ごあいさつ

 

 たのしいよ

 って

 

 ごあいさつ。

 

 おおきく

 てをふり

 歩いたら

 

 空を

 みあげて

 歩いたら

 

 こころの

 なかまで

 晴れわたり

 

 空まで

 歩いて

 いけそう

 なのです。

 

 f:id:sufuretan:20170321170035j:plain