空へひろげて

空を眺めるのが大好きな、わたしの空への手紙です。

なまえを よんだら

 メイちゃん

 

 って

 

 ぼくの

 小鳥さんを

 よんだらね

 

 チュリ!

 

 って

 

 おへんじ

 くれたよ。

 

 なーに?

 

 って

 

 かわいい

 おへんじ

 くれたよ。

 

 するとね

 

 ぼくの

 こころの

 はしっこが

 

 くすぐったく

 なって

 

 うれしい

 きもちに

 なったよ。

 

 おかあさん

 

 って

 

 よんだらね

 

 ニッコリの

 おへんじ

 くれたよ。

 

 なーに?

 

 って

 

 フンワリの

 おへんじ

 くれたよ。

 

 するとね

 

 ぼくの

 こころの

 はしっこが

 

 うふって

 わらって

 

 あったかい

 きもちに

 なったよ。

 

 ぼくは

 

 なまえを

 よぶのが

 

 とっても

 すき。

 

 おともだちの

 なまえも

 

 お花の

 なまえも

 

 どうぶつたちの

 なまえも

 

 いろーんな

 なまえも

 

 そーっと

 そーっと

 

 よびたくなる

 

 やさしく

 やさしく

 

 よびたくなる。

 

 なまえを

 よぶだけで

 

 ほんとうに

 ほんとうに

 

 しあわせな

 きもちに

 なるんだよ。

 

 きっと

 

 なまえを

 よぶって

 

 だいすき

 

 って

 

 いって

 いるのと

 

 おんなじ

 なんだね。

 

 キュッ

 

 と

 

 だきしめて

 いるのと

 

 おんなじ

 なんだね。

 

  f:id:sufuretan:20180316195556j:plain