空へひろげて

空を眺めるのが大好きな、わたしの空への手紙です。

しあわせ ゆうびんポスト

 みなさん

 

 おてがみや

 おはがきを

 

 ありがとう!

 

 ぼくは

 ゆうびんポスト

 です。

 

 いつもね

 

 おなかが

 あったかい

 のです。

 

 たいせつな

 たいせつな

 

 みんなの

 ことばが

 

 みんなの

 きもちが

 

 たくさん

 はいって

 いるから。

 

 どれも

 

 こころの

 こもった

 

 ことば

 だから

 

 こころまで

 あったかく

 なります。

 

 こうして

 

 ひろーい

 ひろーい

 

 お空を

 みあげて

 いると

 

 ぼくは

 

 どこへ

 だって

 

 飛んで

 ゆけます。

 

 ことばたちが

 

 これから

 ゆく

 ところへね。

 

 もう

 

 たのしくって

 たのしくって。

 

 雨の日は

 

 ことばたちが

 

 ぬれないと

 いいなって

 

 とーっても

 

 やさしい

 きもちに

 なって

 

 しあわせだなぁ

 って

 おもうのです。

 

 ふしぎだね。

 

 夜は

 

 いっしょに

 すてきな

 夢を

 みるんだよ

 

 街路灯の

 おじさんや

 

 お星さまの

 

 みまもって

 くれる

 なかをね。

 

 もう

 

 まいにち

 まいにち

 

 うれしくって

 うれしくって。

 

 そういえば

 

 どこからか

 

 お花の

 いい

 においも

 してくるし

 

 電車の

 おとも

 ウキウキ

 してる。

 

 すっかり

 

 春

 なのですね。

 

 だから

 

 みんなの

 ことばが

 

 よろこびの

 きもちで

 

 いっぱい

 なのですね。

 

 わぁ!

 

 なんだか

 ぼくまで

 

 ますます

 

 しあわせで

 いっぱいに

 なって

 きました。

 

 みなさん

 

 ほんとうに

 ほんとうに

 

 ありがとう!

 

 f:id:sufuretan:20180328151146j:plain