空へひろげて

空を眺めるのが大好きな、わたしの空への手紙です。

コップを あらったら

 コップを

 あらって

 いるとね

 

 キュッ キュッ

 

 って

 

 コップが

 わらうよ

 

 うれしいって

 わらうよ。

 

 ピカピカの

 

 お星さまに

 なれたって

 

 キラキラ

 

 わらうよ。

 

 ピカピカの

 

 宝石に

 なれたって

 

 キラキラ

 

 わらうよ。

 

 あらって

 くれて

 

 ありがとう

 って

 

 キラキラ

 

 わらうよ。

 

 コップを

 あらって

 いるとね

 

 ぼくの

 なかの

 

 すみずみ

 まで

 

 お水が

 ながれて

 ゆきます。

 

 スーッ

 

 スーッ

 

 と

 

 まっすぐに

 ながれて

 ゆきます。

 

 ぼくが

 透きとおって

 

 ピカピカ

 する

 

 どこまでも

 透きとおって

 

 キラキラ

 する。

 

 ぼくも

 

 お星さま

 みたいに

 

 ひかってる

 

 宝石

 みたいに

 

 ひかってる。

 

 ぼくの

 まわりも

 

 この世界も

 

 ピカピカの

 

 まっさらに

 なってる

 

 キラキラの

 

 まっさらに

 なってる

 

 まぶしい

 くらいに

 

 まっさらに

 なってる。

 

 コップを

 

 あらったらね!

 

 f:id:sufuretan:20180506160705j:image