空へ ひろげて

空を眺めるのがだいすきな、わたしの空への手紙です。

ヤギさん

 ヤギさんの

 ひとみ って

 にこにこ してる。

 

 やさしく やさしく

 にこにこ してる。

 

 にこにこの ひとみで

 やさしく やさしく

 ぼくを つつんで くれる。

 

 おばあちゃん みたいに

 やさしいな。

 おじいちゃん みたいに

 やさしいな。

 

 もしかしたら

 草さんたちの

 やさしさ なのかしら。

 草さんたちを いっぱい いっぱい

 たべている からかしら。

 

 ヤギさんの

 ひとみ って

 にこにこ してる。

 

 あったかーく あったかーく

 にこにこ してる。

 

 みているだけで

 ぼくの こころも からだも

 あったかーく なる。

 春みたいに 

 あったかーく なる。

 

 きっと

 たんぽぽさんの

 あったかさ なんだね。

 たんぽぽさんを いっぱい いっぱい

 たべたから なんだね。

 

 にこにこの おひげも はえ

 にこにこ してる。  

 にこにこが

 だいすき なのです って

 にこにこ してる。

 

 にこにこの お国の

 王さま みたいだな。

 にこにこの お国の

 王女さま みたいだな。

 

 もしかしたら

 ヤギさんの ひとみの なかには

 にこにこの お国が

 あるのかも しれないね。

 

 そして そして

 

 りっぱな おツノは

 こびとさんたちの

 すべり台 なんだね。

 やまびこさんの こどもたちや

 そよ風さんの あかちゃんたちの

 すべり台 なんだね。

 

 だって

 きこえるんだもの。

 みんなの たのしそうな

 おこえが きこえるんだもの。

 

 ヤギさんの

 ひとみ って

 にこにこ してる。

 

 たのしい って

 にこにこ してる。

 

 うれしい って

 にこにこ してる。

 

 ありがとう しあわせ  って

 にこにこ してる。

 

 いつも いつも

 ずーっと ずーっと

 にこにこ にこにこ しているよ。

 

 f:id:sufuretan:20170305153935j:plain

 

 

おでんわ おでんわ こないかな

 おでんわ

 おでんわ

 こないかな。

 

 うさぎさんから

 おでんわ

 こないかな。

 

 もしもし

 うさぎの ポンポン です。

 おひるに ぴょんぴょん広場で

 いっしょに あそびしましょ って

 おでんわ こないかな。

 そうしたら

 ぼく、

 なわとびさんを もって

 あそびに ゆくのにな。

 

 おでんわ 

 おでんわ

 こないかな。

 

 アリさんたちから 

 おでんわ

 こないかな。

 

 もしもし

 アリの ルンルン です。

 あした こどもたちの おたんじょうびに

 いらっしゃいませんか? って

 おでんわ こないかな。

 そうしたら

 ぼくの おやつを たーくさん もって

 おめでとう! って

 あいに ゆくのにな。

 

 おでんわ 

 おでんわ

 こないかな。

 

 いしころさんから

 おでんわ

 こないかな。

 

 もしもし

 いしころの コロロン です。

 いまね、

 こびとさんと いっしょに

 そばの こうえんに いるの。

 みんなで お空を ながめませんか? って

 おでんわ こないかな。

 そうしたら

 ぼく

 とびっきりの おめかしを して

 にこにこ にっこり

 おでかけ するのにな。

 

 エントツさんからも

 おでんわ くると いいなぁ。

 もしもし 

 エントツの トントン です。

 さっきね、たーくさんの 鳥さんたちが

 やってきたよ。

 みなみの お国から

 やってきたよ って。

 たのしい たのしい

 おでんわ くると いいなぁ。 

 

 虹さんからも

 おでんわ くると すてきだね。

 もしもし

 虹の リンリン です。

 にちようびに、

 きみの おうちへ 

 あそびに ゆくよ って

 おでんわ くると すてきだね。

 そうしたら

 ぼく

 おてても おへやも

 きれいに きれいに して

 おでむかえ するのになぁ。

 

 おでんわ 

 おでんわ

 たのしいね。

 

 おでんわ 

 おでんわ

 うれしいね。 

 

 お星さまからも

 お月さまからも

 お日さまからも

 おでんわ

 くると いいな。

 くると いいな。

 

 あ、

 おでんわさんが

 よんでいる!

  

 うつくしい うつくしい

 おうたで

 ぼくを よんでいる。

 

 きっと

 神さまからの

 おでんわ だね。

 

 神さまからの

 うれしい うれしい

 おでんわ だね。

 たのしい たのしい

 おでんわ だね。

 

 だって、

 おでんわさんも

 おへやも おうちも

 ぼくの こころも

 ぼくの からだも

 かがやいたんだもの。

 

 まぶしいくらいに

 まぶしいくらいに

 

 空いろに

 かがやいたんだもの。

 

 f:id:sufuretan:20161025043516j:plain

 

 

にっこりカメラ

 ぼく

 にっこりカメラを

 もってるの。

  

 ぼくの

 こころの なかにね。

 

 どんなの って?

 あのね、

    ぼくが だいすき って

 にっこり わらったらね。

 ぼくの こころの なかに うつる

 とーっても ふしぎな ふしぎな

 カメラ なんだ。

 

 このあいだね、

 おとしよりに なった いぬさんが

 ゆっくり ゆっくり

 いっしょうけんめい あるいて いたの。

 もう かわいくって かわいくって。

 ぼく、だいすき って

 にっこり わらったのです。

 

 そうしたらね。

 ぼくの こころの なかの

 にっこりカメラに うつっていて

 いまでも はっきり みえるんだ。

 

 そのときの

 じてんしゃさんの ごきげんな おうたも

 そよ風さんの やさしい おはなしも

 海さんの 青い においや

 お空の すみれ色の におい まで

 うつって いるんだよ。

 すてきでしょ!

 

 それに、ぼくの にっこりカメラは

 小鳥さんの きれいな ゆめも

 お花さんの かわいい おじぎも

 いしころさんたちの

 しあわせそうな ねがおや

 こびとさんたちが かなでている

 すてきな おんがくも うつるの。

 

 そして そして

 お星さま たちの

 きれいな きれいな おはなしも

 お月さまの

 うつくしい うつくしい こもりうたも

 神さまたちの 

 やさしい やさしい えがお

 うつるのです。

 

 だって

 ぼくの こころの なかで

 いまでも ちゃーんと

 みえるんだもの。

 きこえるんだもの。

 かんじるんだもの。

 

 きっと

 ぼくの にっこりカメラは

 いろーんな みんなが

 だいすき なんだね。

 

 この世界が

 だいすきで だいすきで

 しかたが ないんだね。

 

 だから

 ぼくの こころの なかには

 すてきな しゃしんが

 いっぱい はいって いるんだね。

 

 あふれるくらいに

 いっぱい いっぱい

 はいって いるんだね。

 

 ぼくの

 にっこりカメラが

 うつして くれた

 

 やさしくって 

 あったかくって

 

 うつくしい

 うつくしい

 

 この世界、がね。 

 

f:id:sufuretan:20210326091458j:plain

 

 

ハンカチさん

 ハンカチさん って

 やさしいね。

 

 おねえさん みたいに

 やさしいね。

 

 きれいに あらったのね って

 ぼくの てを

 やさしく やさしく

 ふいてくれる。

 

 ハンカチさん って

 やさしいね。

 

 いもうと みたいに

 やさしいね。

 

 ぼくの おはなしに

 にこにこ にっこり

 わらって くれる。

 すてきだね って

 わらって くれる。

 

 それに

 おとうと みたいに やさしいんだよ。

   たのしいね って、いっしょに

 あそんで くれるんだもの。

 おみずあそびも

 どろんこあそびも

 おもいっきり、いっしょに

 あそんで くれるんだもの。

 

 そして そして

 おにいさん みたいに やさしいの。

 ポケットの なかから がんばれー って、

 おうえん してくれるんだもの。

 だから、ぼく

 げんきに げんきに あるけるんだ。

 げんきに げんきに はしれるんだ。

  

 それに

 カバンの なかから

 だいじょうぶだよ って

 ほほえんで くれるよ。

 おとうさん みたいに 

 ほほえんで くれるよ。

 だから、ぼく

 どこへ だって ゆけるの。

 お空を みながら

 にこにこ にっこり

 どこへ だって ゆけるの。

 

 それからね それからね。

 おひざに ひろげたらね。

 ふんわり ふんわり あったかいのです。

 春かぜさん みたいに

 ふんわり ふんわり あったかいのです。

 ふんわり わらった おかあさんと

 いる みたいね。

 

 ハンカチさん って

 やさしいね。

 

 すごーく すごーく

 やさしいね。

  

 やさしい やさしい

 神さまみたいに

 やさしいね。

 

 だって

 そばに いてくれる だけで

 あんしん できるんだもの。

 

 とーっても とーっても

 あんしん できるんだもの。

 

 ほんとうに

 

 ほんとうに

 

 あんしん

 できるんだもの。 

 

 f:id:sufuretan:20210326084310j:plain


 

 

ひろがる

 ひろがる 

 ひろがる

 

 やさしい きもちが

 ひろがって ゆくよ。

 

 小鳥さんたちの 

 やさしい きもちが

 おうたに なって ひろがって ゆくよ。

 この世界に ひろがって ゆくよ。

 ほら、

 きこえるよ きこえるよ。

 小鳥さんたちの

 やさしい おうたが

 きょうも あしたも これからも

 ずーっと ずーっと きこえるよ。

 

 ひろがる 

 ひろがる

 

 お花さんの

 やさしい きもちが

 つぼみに なって ひろがって ゆくよ。

 この世界に ひろがって ゆくよ。

 ほら、みて

 あっちにも こっちにも むこうにも

 ずーっと ずーっと むこうにも

 お花さんの つぼみで あふれているよ。

 

 ひろがる

 ひろがる

 

 そよ風さんの

 やさしい きもちが

 おんがくに なって

 この世界に ひろがって ゆくよ。

 ほら、

 お山さんも 海さんも

 ぼくんちの コップさんだって フライパンさんだって

 おにわの いしころさんも こびとさんも

 ゆうびんポストさんに

 ベンチさんに じてんしゃさんだって、

 いっしょに おんがく しているよ。

 やさしい きもちで

 おんがく しているよ。

 まいにち まいにち

 これからも ずーっと ずーっと。

 

 ひろがる 

 ひろがる

 

 お日さまの やさしい きもちも

 お月さまの やさしい きもちも

 お星さまの やさしい きもちも

 きみの、

 ぼくの、

 みんなの、

 この世界の いろーんな みんなの

 やさしい きもちが ひろがって ゆくよ。

 

 うつくしい うつくしい

 ひかりに なって

 

 きよらかな きよらかな

 ひかりに なって

 

 天上へ

 天上へ

 

 ひろがって ゆくよ。

 

 ひろがる

 ひろがる

 

 天の 神さまたちの ほほえみが

 ひろがって ゆくよ。

 

 みんなの やさしい きもちを

 ごらんに なった

 天の 神さまたちの ほほえみが

 ひろがって ゆくよ。

 

 ふんわり

 ふんわり

 

 やさしく 

 やさしく

 

 しあわせそうに

 

 しあわせそうに

 

 どこまでも 

 どこまでも

 

 この世界に

 ひろがって ゆくよ。

 

 ひろがって ゆくよ。

 

 f:id:sufuretan:20170110112150j:plain

 

 

おりがみさんの おはなし

 こんにちは! 

 ぼくは

 おりがみです。

 

 まいにち まいにち

 たのしいのです。

 

 みなさんが 折ってくれる

 すてきな すてきな ものに なれるから

 ほんとうに ほんとうに たのしいの。

  

 ゾウさんにも カバさんにも

 キリンさんや 小鳥さんにも なれるし

 お人形さんたちの かんむりに だって

 どんぐりさんたちの おうちに だって

 コップさんの おざぶとんに だって

 なれるんだよ。

 

 おカゴさんに なれたときはね、

 いろーんな お菓子さんたちや

 ちいさな お花さんたちの

 かわいい おへやに なって

 いっしょに おひるねも したの。

 

 このあいだなんて

 ヒコーキさんに なれたんだよ。

 くるくる って ちゅうがえりも できたし

 じょうずに ちゃくちも できたんだ。

 そうしたらね、

 アリさんたちや いしころさんたち

 こびとさんたちまで

 すごーい! って

 はくしゅを してくれたの。

 もう うれしくって うれしくって。

 こんど、みんなを のせて あげる

 おやくそくを したんだ。

 

 ツルさんに なったときはね、

 おてがみさんと ながーい 旅も したよ。

 おてがみさんと びんせんの なかで

 いろんな たのしい おはなしを しながらね。

 そして、ぶじに とうちゃくを したら

 つくえの うえに

 たいせつに かざって くれたのです。

 

 それからね それからね。

 天使さんたちと あそんで いたらね、

 なんに 折ってくれたと おもう? 

 ぼく、お空 いっぱいに ひろがる

 うつくしい うつくしい

 虹さんに なってたの!

 もう、びっくり しちゃった。

 

 神さまたちも

 折って くださるんだよ。

 おいのり しながら

 やさしく やさしく

 折って くださるんだよ。

 

 そうしたら...

 ぼく、

 ひかりに なってたんだ。

 

 きよらかな きよらかな ひかりに

 うつくしい うつくしい ひかりに

 

 お星さま って いう

 ひかりにね。

 

 f:id:sufuretan:20161206053718j:plain

 

 

おたんじょうびで いっぱい

 あさ おきて

 ひろーい お空を みてたらね

 すごーく すごーく

 うれしい きもちに なったんだ。

 まっさらな ピッカ ピカ の

 うれしい きもちに なったんだ。

 

 きっと

 ぼくの なかに

 うれしい きもちさんが

 うまれたんだね。

 まっさらな ピッカ ピカ の

 うれしい きもちさんが 

 うまれたんだね。

 

 それからね それからね

 すずめさんたちと 木さんたちの 

 おはようの おうたを きいていたらね。

 たのしい きもちに なったの。

 スキップ したくなるほど

 たのしい きもちに なったの。

 

 たのしい きもちさんも

 うまれて きたんだね。

 まっさらな ピッカ ピカ の

 たのしい きもちさんも

 ぼくの なかに うまれて きたんだね。

 

 するとね

 しあわせな きもちで

 いっぱいに なったのです。

 まぶしい くらいに

 しあわせな きもちで

 いっぱいに なったのです。

 

 きっと

 しあわせな きもちさんも

 うまれてきて くれたんだね。

 まっさらな ピッカ ピカ の

 しあわせな きもちさんが

 おはよう! って、ぼくの なかに

 うまれてきて くれたんだね。

 

 まいあさ まいあさ

 うまれて くるよ。

 

 あっちにも こっちにも

 せかいじゅうの 

 いろーんな みんなの なかで

 うまれて くるよ。

 

 まっさらな ピッカ ピカ の

 うれしい きもちさんも

 たのしい きもちさんも

 しあわせな きもちさんも

 

 たくさん たくさん

 うまれて くるよ。

 

 おはよう! って

 うまれて くるよ。

 

 うれしくって たのしくって

 しあわせで しあわせで

 かけだしたく なるほどにね。

 

 きっと

 神さまから

 いただいたんだね。

  

 だって、

 ぼくも

 まわりも

 このせかいも

 まっさらに なって いるんだもの。

 ピッカ ピカ の うまれたて みたいに

 まっさらに なって いるんだもの。

 

 まいにち まいにち

 おたんじょうびで いっぱい!

 

 神さまから いただいた

 きれいな きれいな

 きもちさんたちの

 すてきな すてきな

 きもちさんたちの

 

 おたんじょうびで 

 

 おたんじょうびで

 

 いっぱいだ!

 

 みんな みんな

 うまれて きてくれて 

 ありがとう!

 

 ほんとうに ほんとうに

 ありがとう!

 

 f:id:sufuretan:20210326085145j:plain