空へ ひろげて

空を眺めるのがだいすきな、わたしの空への手紙です。

ツバメ

 おはよう!

 ぼくは

 ツバメです。

 

 南から

 だいすきな 風さんと いっしょに

 やって きました。

 

 風さんは

 ぼくの  だいじな だいじな

 ともだち なのです。

 

 風さんは

 ブランコ にも

 すべり台にも

 ジェットコースター にも

 なって くれるんだよ。

 

 スイーッ! スイーッ!

 

 ななめ  右へ 

 ななめ  左へ

 ぐるぐる 回転 宙返り!

 

 風さんと いっしょに

 空へ 絵を かくようにね。

 

 もう、たのしくて たのしくて

 じかんを わすれて しまうのです。

 

 そして

 ぼくは 風さんに  なって

 風さんは ぼくに  なって

 とんで いるんだよ。

 

 おはなしも します。

 これから みたい

 海や 山や 雲や 虹の

 おはなし をね。

 

 だから

 ぼく

 風さんと いつまでも どこまでも

 いっしょに いたいのです。

 

 だって、 

 風さんも ぼくの ことが

 だいすき なんだもの!

 

 f:id:sufuretan:20161007165422j:plain