空へ ひろげて

空を眺めるのがだいすきな、わたしの空への手紙です。

あしたも げんきで

 ゆうぐれに なると

 すずめたちが

 まどべに やってきて

 しずかに しずかに

 おしゃべりを はじめるのです。

 

  チュル チュル

  チュル チュル

 

 ほら、夕焼け だよ。

 きれい だね。

 あしたも げんきで いようね って。

 

 おたがいを たいせつに するような

 とっても やわらかくて

 にこにこした お声でね。

 

 そんな おしゃべりを きいて いると

 うれしくて うれしくて

 わたしも いっしょに

 夕焼けを みるのです。

 

 みんなで オレンジいろに そまり ながら

 みんなで オレンジいろの 風に ふかれながら

 とても とても みたされた きもちで。

 このうえなく しあわせな きもちで。

 

 するとね、

 夕日も 空も この 世界も

 ふんわり やさしく ほほえんで

 言って くれるのです。

 

 あしたも げんきで

 いようね って。

 

 f:id:sufuretan:20171101155700j:plain