空へひろげて

空を眺めるのがだいすきな、わたしの空への手紙です。

あかとんぼの おはなし

 こんにちは!

 

 ぼくは

 

 あかとんぼ

 です。

 

 たびを

 するのが

 

 だいすき

 なのです。

 

 あっちの

 夕日さん

 

 こっちの

 夕日さんに

 

 あいたくて

 

 たびを

 します。

 

 海の

 夕日さんはね

 

 おおきく

 

 りょうてを

 ひろげて

 

 むかえて

 くれるんだ。

 

 しおの

 かおりが

 

 いっぱいで

 

 むねが

 キュンと

 するの。

 

 山の

 夕日さんは

 

 なつかしい

 おうたを

 

 うたって

 

 むかえて

 くれます。

 

 とても

 

 すきとおった

 こえなので

 

 やさしい

 きもちに

 なるんだよ。

 

 街の

 夕日さんは

 

 ぼくに

 

 すてきな

 詩を

 

 よんで

 くれるの。

 

 ちょっぴり

 はずかしそうにね。

 

 それに

 

 とっても

 おしゃれさん

 なんだ。

 

 どの

 夕日さんも

 

 とおい

 ところから

 

 よくきたね

 

 って 

 

 むかえて

 くれるのです。

 

 お空が

 

 まっかに

 なるほど

 

 いっぱいの

 えがおでね。

 

 たくさんの

 

 夕日さんに

 あうたびに

 

 ぼくは

  

 きれいな

 きれいな

 

 夕日いろに

 

 なって

 ゆくんだよ。

 

 あったかーい

 あったかーい

 

 夕日いろに。

 

 こころまで

 

 かがやいて

 くる

 

 夕日いろにね。

 

 もう

 

 うれしくって

 うれしくって

 

 ますます

 

 あかーく

 なって

 ゆくのです。

 

 まぶしい

 くらいに

 

 かがやいて

 くるのです。

 

 こんなに

 

 夕日さんに

 

 あいたく

 なるなんて

 

 きっと

 

 ぼくは

 

 夕日さんの

 

 こども

 なんだね。

 

 夕日さんは

 

 ぼくの

 

 おとうさんと

 おかあさん

 

 なんだね。

 

 あぁ

 

 なんだか

 ぼく

 

 夕日さんに

 

 おつたえ

 したく

 なりました。

 

 夕日さん

 

 ぼくは

 

 とても

 とても

 

 しあわせです。

 

 ぼくを

 

 こんなにも

 きれいな

 

 こんなにも

 あったかい

 

 夕日いろに

 してくださって

 

 ありがとう。

 

 これからも

 

 なんどでも

 なんどでも

 

 あいに

 きます。

 

 夕日さん

 

 ほんとうに

 ほんとうに

 

 ありがとう!   

 

 f:id:sufuretan:20171101153337j:plain