空へひろげて

空を眺めるのがだいすきな、わたしの空への手紙です。

ゆうやけの みち

 ゆうやけの

 みちを

 

 あるいて

 いたら

 

 みかんの

 くにに

 

 いるみたい。

 

 みかんの

 においも

 

 してきたよ。

 

 ゆうやけの

 みちを

 

 あるいて

 いたら

 

 みんなが

 

 きれいに

 みえたんだ。

 

 王子さまや

 王女さまに

 

 みえたんだ。

 

 きっと

 

 みかんの

 くにの

 

 王子さま

 王女さま

 

 なんだね。

 

 おうちも

 

 お城に

 

 なってたよ。

 

 みかんの

 くにの

 

 かわいい

 かわいい

 

 お城だね。

 

 ゆうやけの

 みちを

 

 あるいて

 いたら

 

 みんなが

 なつかしく

 

 おもえたの。

 

 たいせつな

 ものに

 

 おもえたの。

 

 エントツさんは

 

 ぼくの

 おにいさんで

 

 ゆうびんポストさんは

 

 ぼくの

 おじさん。

 

 ベンチさんは

 

 ぼくの

 おねえさんに

 

 おもえたの。

 

 みーんな

 

 かぞくに

 おもえたの。

 

 きっと

 

 みかんの

 くにでは

 

 みんな

 みんな

 

 かぞく

 なんだね。

 

 すてきな

 すてきな

 

 かぞく

 なんだね。

 

 みちばた

 では

 

 こびとさんと

 いしころさんが

 

 おはなし

 していたよ。

 

 きれいな

 ことばで

 

 おはなし

 していたよ。

 

 みかんの

 くにの

 

 ことばでね。

 

 あまずっぱくて

 

 あかるい

 あかるい

 

 ことばでね。

 

 ゆうやけの

 みちを

 

 あるいて

 いたら

 

 みかんの

 くにに

 

 いる

 みたい。

 

 みかんの

 においも

 

 してきたよ。

 

 f:id:sufuretan:20190118154404j:plain