空へひろげて

空を眺めるのがだいすきな、わたしの空への手紙です。

ぼくの ゆめ

 ぼくが

 

 こいぬさんと

 くらしたらね

 

 ひろーい

 のはらを

 

 あげたいな。

 

 かけても

 かけても

 

 まだまだ

 

 ひろい

 

 天の

 のはらを

 

 あげたいな。

 

 お花が

 いっぱい

 

 さいている

 

 ひかる

 のはらで

 

 いっしょに

 

 いつまでも

 いつまでも

 

 あそぶんだ。

 

 ひかりに

 なるまで

 

 あそぶんだ。

 

 ぼくが

 

 こねこさんと

 くらしたらね

 

 まっしろな

 

 くもの

 ベッドを

 

 あげたいな。

 

 おひさまが

 

 つくって

 くださった

 

 あったかい

 ベッドを

 

 あげたいな。

 

 ふわふわ

 くもに

 

 くるまって

 

 いっしょに

 

 ふんわり

 ふんわり

 

 おひるね

 するの。

 

 ひかりに

 なるまで

 

 おひるね

 するの。

 

 ぼくが

 

 ことりさんと

 くらしたらね

 

 虹の

 とまり木

 

 あげたいな。

 

 おおきな

 おおきな

 

 虹の

 とまり木

 

 あげたいな。

 

 からだが

 

 虹いろに

 そまるまで

 

 いっしょに

 

 いつまでも

 いつまでも

 

 うたって

 いたい。

 

 ひかりに

 なるまで

 

 うたって

 いたい。

 

 そしてね

 

 こいぬさん

 こねこさん

 ことりさん

 

 それから・・

 

 おともだちの

 

 いしころさんと

 こびとさんと

 

 ぼくと

 でね

 

 あさひさんを

 

 おむかえ

 するのです。

 

 おはようの

 

 おうたを

 うたってね。

 

 おやつは

 

 月の

 しずくを

 

 いただいて

 

 ゆうひさんを

 

 みんなで

 ならんで

 

 ながめるの。

 

 きょうも

 

 いちにち

 ありがとう

 

 って

 

 てを

 あわせてね。

 

 よるは

 

 お星さまに

 

 みんなで

 しずかに

 

 おいのりをして

 

 こころを

 こめて

 

 きれいな

 きれいな

 

 おいのりをして

 

 やさしい

 きもちで

 

 ねむるのです。

 

 しあわせな

 きもちで

 

 ねむるのです。

 

 みんなで

 

 なかよく

 ならんでね。

 

 うつくしい

 うつくしい

 

 あしたの

 こどもも

 

 いっしょに。

 

 やさしい

 やさしい

 

 かみさまの

 

 おそばで。

 

 そんな

 

 まいにちに

 なると

 

 いいなぁ。

 

 そんな

 

 まいにちに

 なると

 

 ほんとうに

 ほんとうに

 

 いいなぁ。

 

 f:id:sufuretan:20180517161530j:plain