空へ ひろげて

空を眺めるのがだいすきな、わたしの空への手紙です。

つばめの おてがみ

 こんにちは!

 ぼくは

 つばめです。

 

 お空に

 おてがみを かくのが

 だいすき なのです。

 

 ひろーい ひろーい お空を

 あっちへ とんだり

 こっちへ とんだり。

 

 からだを いっぱい つかって

 こころも いっぱい つかって

 おおきな おおきな 字を

 かいて いるの。

 

 あおーい あおーい お空の

 うつくしい うつくしい びんせんにね。

 

 お日さまに よんで もらいたくて

 海さんにも 山さんにも

 よんで もらいたくて

 かいて いるんだよ。

     「こんにちは!

           みなさんが おげんきで

   とっても うれしいです。

   ことしも よろしくね」 って。

 

 田んぼさんにも お池さんにも

 お花さんや 木さんたち

 ちょうちょうさんに いしころさん

 のらねこさんに アリさんに

 それから、それから、

 エントツさんや でんしゃさん...

 もちろん、こびとさんたちにも。

 だいすきな だいすきな

 せかいじゅうの みんなに

 おてがみを かいて いるの。

       「こんにちは!

        みんなに また あえて

        とっても うれしいです。

        いっしょに

   あそんで くださいね」 って。

 

 ぼくね、

 ながーい ながーい たびを してきたの。

 だから、おはなし したいことが

 たくさん たくさん あるのです。

 すてきな おはなしが

 いっぱい いっぱい あるのです。

 

 それに

 こうして お空に 字を

 おもいっきり かいていると

 とーっても たのしくって

 しあわせな きもちで いっぱいに なるんだ。

 生きてるって すてきだなぁ って、おもうんだ。

 

 みなさんも

 お空を とんでいる ぼくを みつけたら

 ぼくの おてがみを よんで くださいね。

 

 たのしい たのしい おてがみを

 すてきな すてきな おてがみを

 いっぱい いっぱい

 かいて いるからね!

 

 f:id:sufuretan:20170531045114j:plain