空へひろげて

空を眺めるのがだいすきな、わたしの空への手紙です。

雲の えんそく

 こんにちは!

 

 ぼくは

 雲です。

 

 えんそくが

 

 だいすき

 なのです。

 

 まいにち

 まいにち

 

 みんなと

 

 えんそくに

 ゆくんだよ。

 

 ひろーい

 ひろーい

 

 お空にある

 

 いろんな

 おくにへね。

 

 虹の

 おくにへ

 

 いったらね

 

 なないろの

 お花さんが

 

 たくさん

 たくさん

 

 さいていて

 

 なないろの 

 おこえで

 

 うたっているの。

 

 それは

 それは

 

 うつくしい

 おうたなんだ。

 

 きいている

 だけで

 

 ぼくの

 こころが

 

 なないろに

 

 かがやき

 だすくらい。

 

 ゆめの

 おくにへ

 

 いったらね

 

 いろんな

 ゆめさんたちが

 

 うっとり

 ゆったり

 

 おはなし

 しているの。

 

 とーっても

 

 すてきな

 すてきな

 

 おはなし

 なんだ。

 

 そばにいる

 だけで

 

 ぼくの

 こころが

 

 ゆめで

 

 いっぱいに

 なって

 

 どこまでも

 どこまでも

 

 ふくらんで

 ゆくのです。

 

 それからね

 

 ふわふわの

 おくに

 

 って

 

 あるんだよ。

 

 ふわふわさんが

 

 たーくさん

 

 すんで

 いるの。

 

 パンさんも

 わたがしさんも

 

 ソフトクリームさん

 だって

 

 いるよ。

 

 こねこさんも

 こいぬさんも

 

 ことりさんや

 うさぎさんも

 

 それから

 それから

 

 やさしい

 こころさんも

 

 あったかい

 こころさんもね。

 

 もう

 

 いろーんな

 ふわふわさんで

 

 いっぱい

 なの。

 

 みんなで

 

 なかよく

 あそんでいたよ。

 

 ふわふわ

 ふわふわ

 

 ほほえみ

 ながら

 

 あそんでいたよ。

 

 ふわふわの

 

 まっしろな

 かみさまたちと

 

 いっしょにね。

 

 こうして

 

 いろんな

 おくにへ

 

 えんそくを

 していると

 

 よろこびで

 

 いっぱいに

 なって

 

 しあわせで

 

 いっぱいに

 なって

 

 どんどん

 どんどん

 

 ふわふわに

 

 なって

 ゆくのです

 

 やさしく

 

 なって

 ゆくのです。

 

 おうたまで

 

 じょうずに

 なるんだよ。

 

 あ、

 

 天使さんが

 よんでいる。

 

 しゅっぱつ

 ですよ

 

 って。

 

 そうなんだ

 

 天使さんたちも

 

 いっしょに

 ゆくの。

 

 うれしい

 うれしい

 

 えんそくに

 

 たのしい

 たのしい

 

 雲の

 

 えんそくにね!

 

 f:id:sufuretan:20181213040647j:plain