空へひろげて

空を眺めるのがだいすきな、わたしの空への手紙です。

おかあさんと おはなし してたらね

 おかあさんと

 

 おはなし

 してたらね

 

 おへやの

 なかに

 

 おはなさんが

 さいたよ。

 

 おへやの

 なかが

 

 おはなさんで

 

 いっぱいに

 なったよ。

 

 あまーい

 においも

 

 してきたの。

 

 おかし

 みたいな

 

 あまーい

 においが

 

 ふわふわ

 ふわふわ

 

 してきたの。

 

 きっと

 

 おへやが

 

 よろこんで

 いるんだね。

 

 たのしいなぁ

 

 って

 

 よろこんで

 いるんだね。

 

 おかあさんと

 

 おはなし

 してたらね

 

 そよかぜさんも

 

 あそびに

 きたよ。

 

 こんにちは

 

 って

 

 にこにこ

 にこにこ

 

 あそびに

 きたよ。

 

 きっと

 

 そよかぜさんも

 

 おかあさんが

 

 だいすき

 なんだね。

 

 ちょうちょうさんも

 

 あそびに

 きたの。

 

 なんの

 おはなし

 

 って

 

 にこにこ

 にこにこ

 

 あそびに

 きたの。

 

 きっと

 

 ちょうちょうさんも

 

 いっしょに

 おはなし

 

 したかったんだね。

 

 おにわの

 こびとさんたちも

 

 にこにこ

 していたよ。

 

 おかあさんと

 ぼくの

 

 おはなしを

 

 こっくり

 こっくり

 

 うなずきながら

 

 にこにこ

 していたよ。

 

 うえきばちさんも

 いしころさんも

 

 さんりんしゃさんや

 

 じょうろさんに

 ボールさんも

 

 みーんな

 

 にこにこ

 していたよ。

 

 おにわも

 

 すごーく

 すごーく

 

 うれしそうに

 

 きらきら

 きらきら

 

 ひかってた。

 

 おかあさん

 

 って

 

 すごいなぁ。

 

 おかあさん

 

 って

 

 ほんとうに

 ほんとうに

 

 ふしぎだなぁ。

 

 だって

 

 おかあさんと

 おはなしを

 

 している

 だけで

 

 ぼくも

 

 まわりの

 みんなも

 

 うれしく

 なるんだもの。

 

 しあわせで

 

 いっぱいに

 なるんだもの。

 

 せかいじゅうが

 

 きらきら

 きらきら

 

 ひかるんだもの。

 

 そしてね

 

 ぼくに

 

 まーっしろな

 

 うつくしい

 うつくしい

 

 つばさが

 はえてきて

 

 おそらを

 

 ふんわり

 ふんわり

 

 とんでいるの。

 

 おかあさんと

 

 おかあさんと

 

 おはなし

 してたらね。

 

 f:id:sufuretan:20170903163020j:plain