空へ ひろげて

空を眺めるのがだいすきな、わたしの空への手紙です。

ゆうびんやさん

 ゆうびんやさんって

 風の こどもかな?

 

 どこからともなく

 やってくるんだもの

 やさしい 風みたいに

 やってくるんだもの。

 

 ゆうびんやさんって

 お日さまの こどもかな?

 

 そばによると

 ほわっと あったかいんだもの

 ひざしみたいに

 ほわっと あったかいんだもの。

 

 ゆうびんやさんって

 虹の こどもかな?

 

 みんなのこころの

 かけ橋だもの

 すてきな すてきな

 かけ橋だもの。

 

 ぼく

 おにわの こびとさんに 

 きいてみたのです。

 そうしたらね、

 天の おくにの 音楽隊です って

 おしえてくれたの。

 

 おともだちの いしころさんにも

 きいてみたらね。

 文字のおくにの 王子さまでしょ って

 にっこりしてた。

 

 なかよしの

 のらねこさんにも きいてみたんだよ。

 するとね、

 わたしの だいじな だいじな

 おともだちよ って いってたの。

 

 それにね、

 ゆうびんやさんが くると

 おうちも おにわの お花さんたちも

 おやねの すずめさんたちも

 とーっても うれしそうなんだ。

 ぼくだって

 ワクワク ワクワク しちゃうの。

 

 ゆうびんやさんって

 ゆうびんやさんって...

 

 あ、わかった!

 きっと、

 もと、

 天使、だったんだね!

 

 f:id:sufuretan:20180407164325j:image