空へひろげて

空を眺めるのがだいすきな、わたしの空への手紙です。

ゆうびんやさん

 ゆうびんやさん

 

 って

 

 風の

 こどもかな?

 

 どこから

 ともなく

 

 やって

 くるんだもの

 

 やさしい

 風

 みたいに

 

 やって

 くるんだもの。

 

 ゆうびんやさん

 

 って

 

 お日さまの

 こどもかな?

 

 そばに

 よると

 

 ほわっと

 あったかいんだもの

 

 ひざし

 みたいに

 

 あったかいんだもの。

 

 ゆうびんやさん

 

 って

 

 虹の

 こどもかな?

 

 みんなの

 こころの

 

 かけはし

 だもの

 

 すてきな

 すてきな

 

 かけはし

 だもの。

 

 ぼく

 

 おにわの

 こびとさんに

 

 きいて

 みたんだ。

 

 そうしたらね

 

 てんの

 おくにの

 

 おんがくたい

 です

 

 って

 

 おしえて

 くれたの。

 

 おともだちの

 いしころさんにも

 

 きいて

 みたらね

 

 もじの

 おくにの

 

 おうじさま

 でしょ

 

 って

 

 にっこり

 してた。

 

 なかよしの

 のらねこさんにも

 

 きいて

 みたんだ

 

 するとね

 

 わたしの

 

 だいじな

 だいじな

 

 おともだちよ

 

 って

 

 いってたの。

 

 それにね

 

 ゆうびんやさんが

 くると

 

 おうちも

 

 おにわの

 お花さんたちも

 

 おやねの

 すずめさんたちも

 

 とーっても

 

 うれしそう

 なんだ。

 

 ぼく

 だって

 

 ワクワク

 しちゃうの。

 

 ゆうびんやさん

 

 って

 

 ゆうびんやさん

 

 って

 

 ・・・。

 

 あ、

 わかった!

 

 きっと

 

 もと

 

 天使

 だったんだね!

 

 f:id:sufuretan:20180407164325j:image