空へひろげて

空を眺めるのがだいすきな、わたしの空への手紙です。

とんぼの おはなし

 こんにちは!  

 

 ぼくは

 

 とんぼです。

 

 ちいさな

 みんなを

 

 のせて

 とぶのが

 

 だいすき

 なのです。

 

 ひかりの

 あかちゃんを

 

 のせて

 あげたらね

 

 ぼくが

 

 キラ キラッ

 

 って

 

 ひかるんだよ。

 

 すてきでしょ!

 

 かぜの

 あかちゃんを

 

 のせて

 あげたら

 

 すごーく

 はやく

 

 とべるんだ。

 

 どこまでも

 どこまでも

 

 とべるんだ。

 

 このあいだなんか

 

 お空の

 くもさんまで

 

 とべたんだよ。

 

 きもちよかったなぁ。

 

 ばったの

 あかちゃんは

 

 海を

 

 みたいって

 いうの。

 

 だから

 

 つれてって 

 あげたのです。

 

 すごーく

 よろこんで

 

 せなかで

 

 ぴょこ ぴょこ

 はねるから

 

 くすぐったくって

 くすぐったくって。

 

 こおろぎの

 あかちゃんを

 

 のせて

 あげたらね

 

 おうたの

 れんしゅうを

 

 はじめたの

 

 かわいい

 おうたを

 

 ききながら

 

 お空を

 とべるなんて

 

 ほんとうに

 

 ゆめみたい

 だった。

 

 いしころさんも

 

 のせて

 あげたよ。

 

 いしころさん

 

 きちんと

 せいざをして

 

 のって

 くれたんだ。

 

 それに

 

 お空からの

 けしきを

 

 たのしそうに

 

 スケッチ

 していたよ。

 

 おともだちに

 

 みせて

 あげるんだ

 

 って

 

 にこにこ

 してた。

 

 こびとさんを

 

 のせて

 あげたらね

 

 かわいい

 おはなしを

 

 たくさん

 たくさん

 

 してくれたの。

 

 こびとさんの

 おくにの

 

 おはなしをね。

 

 たのしくって

 たのしくって

 

 お空を

 

 くる くる 

 

 って

 

 ちゅうがえり

 してしまったんだ。

 

 もっと

 もっと

 

 いろんな

 

 ちいさな

 みんなを

 

 のせて

 あげたいなぁ。

 

 だって

 

 みーんな

 

 よろこんで

 くれるんだもの。

 

 しあわせ

 

 って

 

 わらって

 くれるんだもの。

 

 あ、

 

 ゆうやけさんだ。

 

 もう

 いかなくっちゃ。

 

 ぼく

 

 あさがおの

 タネさんと

 

 おやくそくを

 しているの。

 

 ゆうやけさんを

 

 みにつれてって

 あげる

 

 おやくそくをね!

 

 f:id:sufuretan:20171202141906j:plain