空へひろげて

空を眺めるのがだいすきな、わたしの空への手紙です。

おそらの ゆうびんやさん

 おそらの

 ゆうびんやさんが

 

 やってきたよ。

 

 そらいろの

 マントを

 

 なびかせて

 

 そらいろの

 カバンも

 

 もって

 

 やってきたよ。

 

 秋の

 かみさまからの

 

 おくりものを

 

 せかいじゅうの

 みんなに

 

 とどけにね。

 

 ほら

 

 みて

 

 木さんたちにも

 

 とどけて

 くれてる。

 

 どんぐりさんに

 しばぐりさん

 

 かきさんに

 りんごさん

 

 いろんな

 このみが

 

 いっぱいだもの。

 

 あっちにも

 こっちにも

 

 いっぱいだもの。

 

 はっぱさんたちには

 

 うつくしい

 おようふくを

 

 とどけて

 くれたんだね。

 

 秋の

 おくにで

 

 つくった

 

 あったかーい

 いろの

 

 おようふくを

 

 とどけて

 くれたんだね。

 

 はっぱさんたちも

 

 すてきだなぁ

 

 って

 

 にこにこ

 にっこり

 

 わらってる。

 

 しあわせそうに

 しあわせそうに

 

 わらってる。

 

 ぼくの

 おうちにも

 

 とどけて

 くれた

 

 みたいなんだ。

 

 だって

 

 おうちの

 あかりが

 

 あったかーく

 

 なったんだもの。

 

 こころの

 なかまで

 

 あったかーく

 

 なるほどにね。

 

 それに

 

 おにわの

 

 こびとさんたちの

 まどべにも

 

 たんぽぽいろの

 

 セーターと

 おぼうしが

 

 おいて

 あったし。

 

 おひるね

 している

 

 いしころさんたちには

 

 ゆうやけぐもで

 つくった

 

 ふわふわ

 もうふで

 

 ふんわーり

 

 つつんで

 あげて

 

 いたんだもの。

 

 おそらの

 ゆうびんやさんが

 

 やってきたよ。

 

 そらいろの

 マントを

 

 なびかせて

 

 たのしそうに

 たのしそうに

 

 やってきたよ。

 

 秋の

 かみさまからの

 

 おくりものを

 

 せかいじゅうの

 みんなに

 

 とどけにね。

 

 きっと

 

 そらいろの

 

 カバンの

 なかには

 

 やさしい

 やさしい

 

 しあわせも

 

 あったかい

 あったかい

 

 しあわせも

 

 いっぱい

 

 いっぱい

 

 はいって

 いるんだね。

 

 うつくしい

 うつくしい

 

 しあわせも

 

 いっぱい

 

 いっぱい

 

 はいって

 いるんだね。

 

 f:id:sufuretan:20171030054010j:plain