空へひろげて

空を眺めるのがだいすきな、わたしの空への手紙です。

あかいみ みつけた

 あかいみ

 みつけた

 

 あかいみ

 みつけた。

 

 ちいさな

 ちいさな

 

 あかいみ

 みつけたよ。

 

 ふゆの 

 おやまで

 

 みつけたよ。

 

 りんごさんの

 あかちゃん

 

 かしら。

 

 いちごさんの

 いもうと

 

 かしら。

 

 もしかしたら

 

 しゃぼんだまさんの

 いとこ

 

 なのかも

 しれないね。

 

 だって

 

 まあるい

 ほっぺで

 

 ぴっかり

 

 わらって

 いるんだもの。

 

 そおっと

 さわったら

 

 ちり ころ

 ちり ころ

 

 うたったよ。

 

 ちり ころ

 ちり ころ

 

 ちいさな

 おこえで

 

 うたったよ。

 

 ことりさんの

 いもうと

 

 なのかしら。

 

 オルゴールさんの

 こども

 

 なのかしら。

 

 おんがくの

 かみさまの

 

 たいせつな

 たいせつな

 

 すず

 

 なのかしら。

 

 もしかしたら

 

 よろこびさんの

 たからもの

 

 なのかも

 しれないね。

 

 しあわせさんの

 たからもの

 

 なのかも

 しれないね。

 

 だって

 

 とっても

 

 うつくしい

 ねいろ

 

 なんだもの。

 

 あかるい

 あかるい

 

 ねいろ

 

 なんだもの。

 

 そしてね

 

 みている

 だけで

 

 ぼくの

 こころに

 

 ランプが

 ともったの。

 

 きれいな

 きれいな

 

 ランプが

 ともったの。

 

 ぼくの

 こころが

 

 あったかく

 なったよ。

 

 ポンワリ

 ポンワリ

 

 あったかく

 なったよ。

 

 きっと 

 

 おやまの

 こびとさんたちの

 

 ランプ

 なんだね。

 

 たいせつな

 たいせつな

 

 ランプ

 なんだね。

 

 だって

 

 ぴか ぴか 

 ぴか りん

 

 ひかって

 いるんだもの。

 

 きら きら

 きら りん

 

 ひかって

 いるんだもの。

 

 こびとさんたちが

 

 まいにち

 まいにち

 

 みがいて

 いるからだと

 

 おもうんだ。

 

 おともだちの

 いしころさんたちの

 

 ために。

 

 おやまの

 みんなの

 

 ために。

 

 よるを 

 

 あかるく

 したくって

 

 ていねいに

 

 ていねいに

 

 みがいて

 いるからだと

 

 おもうんだ。

 

 あかいみ

 みつけた

 

 あかいみ

 みつけた。

 

 ちいさな

 ちいさな

 

 あかいみ

 みつけたよ。

 

 ふゆの 

 おやまで

 

 みつけたよ。

 

 かわいい

 しあわせを

 

 きれいな

 しあわせを

 

 みつけたよ。

 

 f:id:sufuretan:20170916102250j:plain