空へひろげて

空を眺めるのがだいすきな、わたしの空への手紙です。

お花さんと おはなし したらね

 お花さんと 

 

 おはなし

 したらね。

 

 お花さんの

 おへんじは

 

 いつも

 

 にっこり

 なの。

 

 いろんな

 

 おはなしを

 しても

 

 いつも

 いつも

 

 にっこり

 なの。

 

 それが

 

 とっても

 すてきなんだ。

 

 すごーく

 すごーく

 

 かわいいんだ。

 

 もう

 

 たのしくって

 たのしくって

 

 ぼくの

 

 こころも

 からだも

 

 にっこりで

 

 いっぱいに

 なるの。

 

 しあわせで

 いっぱいに

 

 なるの。

 

 まわりも

 せかいじゅうも

 

 にっこりで

 

 しあわせで

 

 いっぱいに

 なるほどにね。

 

 それで

 

 ぼく

 

 おともだちの

 いしころさんに

 

 きいて

 みたのです。

 

 お花さんは

 

 どうして

 いつも

 

 にっこりの

 

 おへんじなの?

 

 って。

 

 そうしたらね

 

 お花さんは

 

 にっこり語で

 

 おはなし

 するんだよ

 

 って

 

 おしえて

 くれたの。

 

 こびとさんにも

 きいたんだよ。

 

 するとね

 

 にっこりの

 おくにも

 

 あって

 

 お花さんたち

 みーんな

 

 にっこりの

 おくにの

 

 おひめさま

 なのです

 

 って。

 

 そして

 そして

 

 にっこりで

 できた

 

 すてきな

 すてきな

 

 お城も

 あって

 

 ちょうちょうさんたちや

 みつばちさんたち

 

 ことりさんたちに

 そよ風さんたちに

 

 天使さんたちまで

 

 あそびにくる

 らしいの。

 

 みんなで

 ダンスをしたり

 

 おうたを 

 うたったり。

 

 やさしい

 やさしい

 

 にっこりの

 かみさまも

 

 いっしょにね。

 

 おしょくじも

 

 にっこりさんで

 できていて

 

 あまーくて

 

 やさしい

 おあじ

 

 おりょう

 なんだって。

 

 すてきでしょ!

 

 だから

 

 ぼく

 

 にっこり語の

 れんしゅうを

 

 しているの。

 

 お花さんに

 

 おしえて

 もらいながら

 

 まいにち

 まいにち

 

 れんしゅうを

 しているの。

 

 そうしたらね

 

 まわりの

 みーんなも

 

 にっこり

 してくれて

 

 まいにちが

 

 にっこりの

 おくにに

 

 いるみたいなんだ。

 

 いつも

 いつも

 

 やさしい

 やさしい

 

 にっこりの

 おくにに

 

 いるみたいなんだ。

 

 にっこりの

 おくにの

 

 すてきな

 すてきな

 

 おうじさまに

 なってね。

 

 f:id:sufuretan:20180120170149j:plain