空へ ひろげて

空を眺めるのがだいすきな、わたしの空への手紙です。

いちごの ケーキに すみたいな

 いちごの ケーキに

 すみたいな。

 

 ちいさな ちいさな おひめさまに なって

 すみたいな。

 

 ミルクのいろの ドレスを まとって

 いちごの お花の かんむりも かぶるのよ。

 

 いちごの はっぱで つくった

 おくつも はいて、

 クリームの おにわを おさんぽ するの。

 

 ちいさな ちいさな 小鳥さんを

 おかたに のせて、

 おすまし しながら おさんぽ するの。

 

 ねむたく なったら

 いちごの お城で ねむるのです。

 いちごの かおりに つつまれて

 いちごの おくにの 夢を みながら

 ふんわり ふんわり ねむるのです。

 小鳥さんと いっしょにね。

 

 ぶとう会も ひらき たいな。

 きちんと おめかしをした

 ちょうちょうさんや みつばちさん

 かたつむりさんに アリさんたち、

 いろーんな ちいさな みんなや

 ちっちゃくなった せかいじゅうの みんなを おまねきして。

 ふんわり ふんわり おどるのよ。

 

 おんがくは いしころさんたちや こびとさんたち、

 お星さま の こどもたちが かなでて くれるの。

 ちょっぴり あまーくって

 うつくしい うつくしい おんがくをね。

 

 みんなで クリームの お山に のぼって

 あさ日さんを にこにこ にっこり おむかえ したり。

 虹さんと うつくしい おはなしも したいな。

 

 夕日さんには てを あわせるの。

 きょうも ふんわりの やさしい いちにちを

 ありがとう って、てを  あわせるの。

 

 ちゃーんと おいのりも するのです。

 せかいじゅうの みんなが

 しあわせで ありますように って

 こころを こめて ふんわり ふんわり

 おいのりも するのです。

 

 いちごの ケーキに

 すみたいな。

 

 ちいさな ちいさな おひめさまに なって

 ちいさな ちいさな みんなと すみたいな。

 

 あまーい かおりのする

 ちいさくて やさしい やさしい

 ケーキの 神さまの おそばでね。

  

 f:id:sufuretan:20170903163020j:plain