空へひろげて

空を眺めるのが大好きな、わたしの空への手紙です。

子馬

 朝の風って

 なんて

 ステキな

 におい

 なんだろう!

 

 おはよう

 

 ぼくは

 子馬です。

 

 走るのが

 だいすき

 なのです。

 

 ぼくが

 走りたいって

 おもうより

 先に

 

 あしが

 走り

 だすんだよ。

 

 ずんずん

 ずんずん

 先へ

 先へ

 走り

 だすので

 

 どんどん

 うれしく

 なって

 

 もっと

 もっと

 走りたく

 なるのです。

 

 はねるのも

 とっても

 すきです。

 

 ぼくが

 はねたいって

 おもうより

 先に

 

 ピョンピョン

 ピョンピョン

 からだが

 はねるので

 

 どんどん

 たのしく

 なって

 

 もっと

 もっと

 はねたく

 なるのです。

 

 もう

 うれしくって

 たのしくって

 

 空まで

 走って

 いけそう

 なんだ。

 

 空の

 神さまも

 ここまで 

 走って

 おいでって。

 

 おもいっきり

 走ったり

 はねたり

 したあとは

 

 ともだちの

 花の

 そばで

 

 お昼寝を

 します。

 

 空の

 神さまの

 ところまで

 

 おおきな

 虹のうえを

 走っている

 

 夢を

 みながらね。

 

 f:id:sufuretan:20170330044027j:plain