空へひろげて

空を眺めるのがだいすきな、わたしの空への手紙です。

ひまわりさん

 あのね

 

 ぼく

 

 ひまわりさん

 

 にらめっこ

 したの。

 

 そうしたら

 

 おあいこ

 だったんだ。

 

 だって

 

 ひまわりさん

 

 すぐに

 わらっちゃうんだもの。

 

 ぼくも

 

 すぐに

 わらっちゃったんだもの。

 

 なんだか

 

 たのしくって

 うれしくって

 

 くすぐったくて。

 

 いっしょに

 

 ずーっと

 わらってたの。

 

 かぜさんも

 

 おそらの 

 くもさんも

 

 わらってたよ。

 

 たのしそうに

 うれしそうに

 

 くすぐったそうに

 

 わらってたよ。

 

 きっと

 

 せかいじゅうの

 

 みんなも

 わらっていたと

 

 おもうんだ。

 

 だって

 

 ぼくの

 なかが

 

 くすぐったさで

 

 いっぱいに

 なったんだもの。

 

 おはなしも

 したよ。

 

 いろーんな

 おはなしをね。

 

 どんな

 

 おはなしを

 しても

 

 ひまわりさん

 

 にっこり

 わらうの。

 

 すごーく

 たのしそうに

 

 にっこり

 わらうの。

 

 よかったね

 

 って

 

 すてきだね

 

 って

 

 やさしく

 やさしく

 

 わらって

 くれるの。

 

 だから

 

 ぼくも

 

 にこにこ

 にっこり

 

 わらって

 しまったんだ。

 

 だって

 

 ひまわりさん

 

 にっこりの

 おかおを

 

 みているだけで

 

 なんだか

 

 たのしく

 なるんだもの。

 

 うれしく

 なるんだもの。

 

 それにね

 

 ひまわりさん

 

 おそばに

 いると

 

 げんきが

 

 でてくるんだよ。

 

 いっぱい

 いっぱい

 

 でてくるんだよ。

 

 ぼくの

 おかおが

 

 ぱーっと

 かがやく

 

 ほどにね。

 

 ひまわりさん 

 みたいに

 

 ぱーっと

 

 かがやく

 ほどにね。

 

 まわりも

 

 かがやいて

 いたよ。

 

 まぶしい 

 くらいに

 

 ぱーっと

 

 ぱーっと

 

 かがやいて

 いたよ。

 

 きっと

 

 ぼくも

 みんなも

 

 このせかいも

 

 ひまわりさん

 

 なっちゃったんだね。

 

 ひまわりさん

 

 って

 

 やさしいね。

 

 ひまわりさん

 

 って

 

 たのしいね。

 

 もしかしたら

 

 ひまわりさん

 

 って

 

 えがお

 かみさまかも

 

 しれないね。

 

 とーっても

 

 やさしくって

 

 たのしい

 たのしい

 

 えがお

 かみさまかも

 

 しれないね。

 

 f:id:sufuretan:20171118130902j:plain

 

 

まなつの まひるの まんなかで

 まなつの

 まひる

 

 まんなかで。

 

 ぼく

 

 ぽつん

 

 と

 

 たっていたの。 

 

 ぽつん

 

 と。

 

 ぽつん

 

 と。

 

 たっていたの。 

 

 おひさまの

 

 きよらかな

 ひかりに

 

 みがかれながら。

 

 からだの

 すみずみまで

 

 こころの

 すみずみまで

 

 きれいに

 きれいに

 

 みがかれながら。

 

 にこにこ

 にっこり

 

 たっていたの。

 

 そうしたらね。

 

 ぼくが

 

 かがやき

 だしたんだ。

 

 こころの

 そこから

 

 まぶしい

 くらいに

 

 かがやき

 だしたんだ。

 

 かぜさんたちの

 かけっこも

 

 せみさんたちの

 おうたも

 

 ちょうちょうさんたちの

 

 ダンス

 だって

 

 いしころさんと

 こびとさんの

 

 みずあそび

 だって

 

 まぶしい

 くらいに

 

 かがやいて

 いたよ。

 

 なにもかも

 

 まぶしい

 くらいに

 

 かがやいて

 いたよ。

 

 天の

 おくにに

 

 いる

 みたいにね。

  

 もう

 

 うれしくて

 まぶしくて。

 

 なにもかも

 

 なにもかも

 

 うれしくて

 まぶしくて。

 

 ぼくは

 

 きれいな

 よろこびに

 

 なっていたのです。

 

 うつくしい

 うつくしい

 

 よろこびに。

 

 このうえなく

 

 きよらなか

 きよらかな

 

 よろこびに

 

 なっていたのです。

 

 きっと

 

 ぼくも

 

 みんなも

 

 このせかいも

 

 ひかりの

 かみさまの

 

 おむねの

 なかに

 

 いるんだね。

 

 うつくしい

 うつくしい

 

 ひかりの

 かみさまの

 

 おむねの

 なかに

 

 いるんだね。

 

 ぼくは

 

 あまりの

 

 しあわせに。

 

 あまりの

 あまりの

 

 しあわせに。

 

 きれいな

 

 ぽつん

 

 に

 

 なりました。

 

 うれしい

 

 まぶしい

 

 うれしい

 

 まぶしい

 

 ひかり

 かがやく

 

 きれいな

 きれいな

 

 ぽつん

 

 に

 

 なりました。

 

 まなつの

 まひる

 

 まんなかで。

 

 まなつの

 まひる

 

 まっさおな

 おそらの

 

 まんなかで。

 

 ひかりの

 かみさまに

 

 やさしく

 

 やさしく

 

 つつまれながらね。

  

 f:id:sufuretan:20190709052431j:plain

 

 

ふうりんさんと おるすばんを していたらね

 ふうりんさんと

 

 おるすばんを

 していたらね。

 

 おやまの

 かみさまが 

 

 いらっしゃったの。

 

 かぜの

 おふねに

 

 のって

 

 ふんわり

 ふんわり

 

 いらっしゃったの。

 

 だって

 

 ふうりんさんが

 

 カラ カラ

 コロ リン

 

 って

 

 そおっと

 

 おしえて

 くれたんだもの。

 

 おやまの

 かみさまが

 

 いらっしゃいましたよ

 

 って。

 

 そうしたらね

 

 おうちの

 なかが

 

 おやまの

 

 きれいな

 きれいな

 

 くうきで

 

 いっぱいに

 なったんだ。 

 

 きっと

 

 おやまの

 こりすさんたちの

 

 きれいな

 おうたや

 

 こうさぎさんたちの

 

 きれいな

 おしゃべりも

 

 いっしょに

 

 のって

 きたんだね。

  

 うみの 

 かみさまも

 

 きて

 くださったよ。

 

 つぶやくような

 

 かわいい

 かわいい

 

 かいさんたちの

 おうたも

 

 ささやくような

 

 やさしい 

 やさしい

 

 サンゴさんたちの

 おしゃべりも

 

 いっしょに

 

 つれてきて

 くださったよ。

 

 するとね

 

 おうちの

 なかも

 

 ぼくの

 

 こころの

 なかも

 

 あおーい

 あおーい

 

 うみに

 

 なったんだ。

 

 どこまでも

 どこまでも

 

 すきとおった

 

 あおーい

 あおーい

 

 うみに

 

 なったんだ。

 

 にじの

 かみさまも

 

 いらっしゃった

 みたい。

 

 だって

 

 まわりも

 

 この

 せかいも

 

 うつくしい

 うつくしい

 

 なないろの

 ひかりで

 

 いっぱいに

 なったんだもの。

 

 おにわの

 

 こびとさんたちも

 いしころさんたちも

 

 にじの

 かみさまと

 

 おはなしを

 していたよ。

 

 うつくしい

 うつくしい

 

 なないろの

 えがおでね。

  

 もう

 

 うれしくって

 うれしくって

 

 ぼくの

 

 こころの

 なかも

 

 からだの

 なかも

 

 きれいな

 なないろに

 

 なったのです。

 

 まぶしい

 くらい

 

 きれいな

 きれいな

 

 なないろに

 なったのです。

 

 あのね

 

 ふうりんさんと

 

 おるすばんを

 していたらね。

 

 いろーんな

 かみさまたちが

 

 いらっしゃったの。

 

 かぜの

 おふねに

 

 のって

 

 そおっと

 そおっと

 

 いらっしゃったの。

  

 f:id:sufuretan:20170903163020j:plain

 

 

てんとうむしさんの おはなし

 こんにちは!

 

 ぼくは

 

 てんとうむし

 です。

 

 おもちゃの

 おくにから

 

 やって

 きました。

 

 ぴっか ぴか の

 おようふくは

 

 おひさまが

 

 つくって

 くださったんだよ。

 

 ぴっか ぴか の

 こころで

 

 ていねいに

 ていねいにね。

 

 もう

 

 うれしくて

 うれしくて

 

 ぼく

 

 まいにち

 まいにち

 

 おせんたくも

 しているし

 

 ブラシも

 かけているの。

 

 そうしたら

 

 ますます

 ぴっか ぴか に

 

 なってきて

 

 ぼくの

 こころまで

 

 まぶしい

 くらいに

 

 ぴっか ぴか に

 

 なって

 しまったのです。

 

 ぴっか ぴか の

 カバンも

 

 つくって

 くださったんだ。

 

 なかにはね

 

 おもちゃの

 かみさまから

 

 いただいた

 

 にこにこさんや

 わくわくさん

 

 いっぱい

 

 はいって

 いるの。

 

 みんなに

 

 とどけて

 くださいね

 

 って。 

 

 だから

 

 ぼく

 

 みんなの 

 ところまで

 

 おとどけに

 ゆくのです。

 

 ちょうちょうさんや

 バッタさん

 

 でんしんばしらさんに

 エントツさん

 

 いしころさんの

 おでこへだって

 

 こびとさんの

 ポケットへだって

 

 おとどけに

 ゆくんだよ。

 

 ありさんたちに

 おとどけしたら

 

 みんなで

 ならんで

 

 ありがとうの

 おうたまで

 

 うたって

 くれたんだ。

 

 ベンチさんに

 おとどけしたら

 

 ゆっくり

 

 やすんでいって

 くださいね

 

 って

 

 やさしい

 えがお

 

 おむかえして

 くれたよ。

 

 それからね

 それからね

 

 とーっても

 ふしぎなのは

 

 ぼくの

 カバンは

 

 みんなに

 おくりものを

 

 すれば

 するほど

 

 いっぱいに

 なるの。

 

 にこにこさんや

 わくわくさん

 

 あふれる

 くらいに

 

 いっぱいに

 なるの。

 

 きっと

 

 みんなからも

 

 にこにこさんや

 わくわくさん

 

 たーくさん

 

 もらって

 いるんだね。

 

 さぁ

 

 きょうも

 

 みんなの 

 ところへ

 

 おとどけにゆくよ。

 

 ずーっと

 むこうの

 

 おやまや

 

 うみへ。

 

 うつくしい

 うつくしい

 

 にじの

 おくにや

 

 おほしさまたちの

 ゆうえんちへ。

 

 とびっきり

 

 かわいい

 かわいい

 

 ぴっか ぴか の

 えがおでね。

 

 だって

 

 ぼくは

 

 おもちゃの

 おくにの

 

 おうじさま

 

 なんだもの!

 

 f:id:sufuretan:20171119062831j:plain

 

 

おかあさんが わらったらね

 おかあさんが

 わらったらね。

 

 お花さんが

 さくの。

 

 いっぱい

 いっぱい

 

 さくの。

 

 ぼくの

 

 こころの

 なかの

 

 はしっこの

 はしっこまで

 

 いっぱい

 いっぱい

 

 さくの。

 

 おへやの

 なかにも

 

 さくんだよ。

 

 きれいな 

 きれいな

 

 なないろの

 お花さんが

 

 おへやじゅうに

 

 あふれる 

 くらい

 

 さくんだよ。

 

 おそらにも

 さくよ。

  

 おおきな

 おおきな

 

 お花さんが

 

 あおーい

 おそらの

 

 はしっこから

 はしっこまで

 

 さくよ。

 

 とおくの

 おやまにも

 

 さいていると

 おもうんだ。

 

 おやまの

 

 てっぺんの

 てっぺんまで

 

 いっぱい

 いっぱい

 

 さいていると

 おもうんだ。

 

 うさぎさんや

 りすさん

 

 こぐまさんの

 そばで

 

 にこにこ

 にっこり

 

 さいていると

 おもうんだ。

 

 だって

 

 かぜさんに

 

 お花さんの

 

 あまーい 

 あまーい

 

 においが

 するんだもの。

 

 きっと

 

 おつきさまに

 だって

 

 おほしさまに

 だって

 

 さいているよ。

 

 なないろに

 ひかった

 

 ほうせき

 みたいな

 

 お花さんがね。

 

 こびとさんの

 

 おにわの

 なかにも

 

 いしころさんの

 

 おひざの

 そばにも

 

 さいているよ。

 

 ちいさくって

 

 とーっても

 

 かわいい

 かわいい

 

 お花さんが

 

 さいているよ。

 

 ねこさんたちの

 

 しっぽの

 さきにも

 

 いぬさんたちの

 

 しっぽの

 さきにも

 

 キリンさんや

 カバさん

 

 ラクダさんに

 ライオンさんの

 

 しっぽの

 さきにだって

 

 さいているよ。

 

 だって

 

 ぼく

 

 わかるもん。

 

 みんなが

 

 うれしそうに

 しているのが

 

 わかるもん。

 

 せかいじゅうに

 

 お花さんが

 さくよ。

 

 せかいじゅうが

 

 うつくしい

 うつくしい

 

 お花さんで

 

 いっぱいに

 いっぱいに

 

 なるよ。

 

 お花さんの

 

 いい

 においで

 

 いっぱいに

 いっぱいに

 

 なるよ。

 

 おかあさんが

 わらったら。

 

 おかあさんが

 

 おかあさんが

 

 わらったらね。

  

 f:id:sufuretan:20180521053159j:plain

 

 

かたつむりさんの おはなし

 あめの ひ

 あめの ひ

 

 きれいだな。

 

 こんにちは!

 

 ぼくは

 かたつむりです。

 

 あめの ひが

 

 だいすき

 なのです。

 

 だって

 

 とっても

 

 きれい

 なんだもの。

 

 うっとり

 するほど

 

 きれい

 なんだもの。

 

 おはなさんも

 くささんも

 

 はっぱさんたちも

 

 キラキラの

 

 あめの

 ドレスを

 

 まとって

 いるし。

 

 こびとさんたちの

 

 おうちも

 おにわも

 

 ひかってる。

 

 すっかり

 

 きれいに

 なって

 

 ぴっか ぴか に

 ひかってる。

 

 いしころさんたちも

 

 ほうせき

 みたいに

 

 ぴっか ぴかに

 ひかって

 

 それは 

 それは

 

 うつくしいの。

 

 あめさんたちの

 おえかきも

 

 とっても

 

 すてき

 なんだよ。

 

 みずたまりの

 キャンバスや

 

 おいけの

 キャンバス。

  

 おおきな

 おおきな

 

 うみの

 キャンバスにも

 

 おえかき

 しているよ。

 

 ぽん ぽん ぽん

 ぴち ぷち ぽん。

 

 まあるい

 まあるい

 

 おはなさんの

 えを。

 

 ぽん ぽん ぽん

 ぴち ぷち ぽん。

 

 おほしさまの 

 えも

 

 おつきさまの

 えも。

 

 いくつも

 いくつも

 

 ぽん ぽん ぽん

 ぴち ぷち ぽん。

 

 きえては

 かいて

 

 きえては

 かいて。

 

 ぽん ぽん ぽん

 ぴち ぷち ぽん。

 

 あぁ

 

 なんて

 きれいなんでしょう。

 

 みているだけで

 

 ぼくの

 

 こころも

 からだも

 

 すきとおって

 ゆくよ。

 

 どこまでも

 どこまでも

 

 すきとおって

 ゆくよ。

 

 そして

 そして

  

 いちばーん

 

 すてき

 なのはね。

 

 おそらに 

 

 にじの

 あかちゃんが

 

 そおっと

 

 うまれて

 いるのが

 

 みえるの。

 

 とーっても

 

 きれいな

 えがお

 

 にじの

 あかちゃんがね。

 

 だから

 

 ぼく

 

 おうたを

 うたって

 

 しまうのです。

 

 あめの ひ

 あめの ひ

 

 きれいだな

 

 って。

 

 f:id:sufuretan:20170228132845j:plain

 

 

でんでんむしさんは みんなの でんしゃ

 でんでんむしさんは

 

 みんなの

 でんしゃ。

 

 でん でん

 ごう ごう

 

 はしります。

 

 みんなを

 

 だいじに

 したくって

 

 やさしく

 やさしく

 

 はしります。

 

 ほら、

 

 そよかぜさんも

 のっているよ。

 

 きっと

 

 おそらを

 のんびり

 

 ながめたいんだね。

 

 ほんわり

 

 おはなし

 してるのは

 

 ちょうちょうさんと

 みつばちさん。

 

 かわいい

 おこえも

 

 きこえて

 きます。

 

 あまがえるさんは

 

 にこにこと

 

 ごほんを

 よんで

 

 たのしそう。

 

 ありさんたちも

 うれしくて

 

 みんなで

 

 おうたを

 うたってる。

 

 おはなの

 こどもは

 

 ゆらゆらと

 

 あかるい

 ダンスを

 

 はじめたよ。

 

 くさの

 こどもと

 

 いっしょにね。

 

 とおくの

 

 とうさん

 かあさんに

 

 おててを

 ふって

 

 わらってる

 

 かわいい

 あのこは

 

 こだまの

 こども。

 

 なかよく

 

 あやとり

 してるのは

 

 こびとさんと

 いしころさんと

 

 にじの

 こども

 

 なのかしら。

 

 ちいさな

 ちいさな

 

 おむすびも

 

 ちゃーんと

 おかごに 

 

 はいって

 います。

 

 でんでんむしさんは

 

 みんなの

 でんしゃ。

 

 みんなを

 

 おうちに

 とどけたら

 

 きれいな

 よるに

 

 なりました。

 

 おほしさまが

 

 コロリン

 コロリン

 

 わらってる

 

 きれいな

 きれいな

 

 よるに

 なりました。

  

 しあわせの

 

 おくにの

 なかを

 

 はしってる。

 

 よろこびの

 

 おくにの

 なかを

 

 はしってる。

 

 でんでんむしさんは

 

 みんなの

 でんしゃ。

 

 みんなを

 

 だいじに

 したくって 

 

 のんびり

 のんびり

 

 やさしく

 やさしく

 

 はしります。

 

 かみさまの

 

 うつくしい

 うつくしい

 

 おくにの

 なかを。

 

 でん でん

 ごう ごう

 

 でん でん

 ごう ごう。

 

 しあわせそうに

 

 しあわせそうに

 

 にこにこ

 にっこり

   

 はしります。

  

 f:id:sufuretan:20170925045406j:plain