空へ ひろげて

空を眺めるのがだいすきな、わたしの空への手紙です。

きたかぜさん きたかぜさん どこ ゆくの?

 きたかぜさん 

 きたかぜさん

 どこ ゆくの?

 

 ピュー ピロ

 ピュー ピロ

 笛 ふいて

 

 うれしそうに うれしそうに

 どこ ゆくの?

 

   おともだちの ミカンさんたちに

   あいに ゆくんだよ。

   あまーく なあれ! の

   おまじないを かけにね。

   ミカンさんたち、ぼくが くるのを

   まって くれているの。 

   お日さまいろの えがお

   まって くれているの。

 

   なかよしの サクラさんたちにも

   あいに ゆくのです。

   きれいに きれいに 咲く

   おまじないを かけにね。

   サクラさんたちも やさしい えがお

   ぼくを まっていて くれるんだよ。

  

 きたかぜさん

 きたかぜさん

 どこ ゆくの?

 

 ピュー ピロ

 ピュー ピロ

 笛 ふいて

 

 そんなに いそいで

 どこ ゆくの?

 

   春の お国への おでかけ なの。 

   春の あかちゃんが

   うまれた おいわいに かけつけたくて

   いっしょうけんめいに はしって いるのです。

   ふわふわ 雲さんで あんだ

   まっしろな セーターを

   おみやげに もってね。

 

   春の 神さまも

   ぼくを まっていて くださるんだよ。

   春の お花さんたちや 小鳥さんたち

   ちょうちょうさんたちに みつばちさんたち、

   いろーんな 春の みんなと いっしょに

   にこにこ しながら まっていて くださるんだよ。

 

   それにね、

   春の 神さまは

   ぼくの 笛の おんがくが

   だいすき なんだって。

   ぼくの 笛を ききながら

   みんなで いっしょに 

   おうたを うたったり

   ダンスを したり

   それは それは たのしそう なの。

 

   どうやら ぼくの 笛は

   春の みんなの やさしい きもちを

   もっと もっと 

   やさしく するみたいなんだ。

   あったかい きもちを

   もっと もっと

   あったかく するみたいなんだ。

 

   ぼく、

   もう うれしくて うれしくて

   こころを こめて 笛を ふくの

 

   ピュー ピロ

   ピュー ピロ

   ピロ ロロ ロー

 

   ピロ ピロ ピロロン

   ピュー ピロロー

 

   はやく はやく

   春に なあれ! って。

 

   だって

   ぼく、

   春が

   春の みーんなが

   だいの だいの だーいすき なんだもの!

 

 f:id:sufuretan:20161206053718j:plain

 

 

さざんかさんの おはなし

 こんにちは!

 ぼくは

 さざんかです。

 

 ぼくね、

 みんなから

 ストーブ みたい って

 いわれてるの。

 

 ぼくの

 お日さまいろの おしべが

 ストーブ みたいに

 とーっても あったかいんだって。

 

 さっきもね、

 メジロさんたちが やってきて

 あったまって いったんだよ。

 おれいに チッ チュル チー って

 かわいい かわいい 

 ありがとうの おうたも うたって くれたの。

 

 ハナアブさんたちも やってきたよ。

 お羽を なないろに キラキラ させながら

 あったかいなぁ あったかいなぁ って

 うれしそうに あったまってた。

  さざんかさん ありがとう! って

 キラキラの かわいい おじぎも してくれたんだ。

 

 とおくから やってきた

 風さんたちは

 ぼくの おしべの そばで

 ひとやすみ してゆくのが すきみたい。

 しあわせそうに

 のんびり のんびり おひるねを したら

 また どこかへ

 げんきに とんで いったよ。

 

 花びらの じゅうたんに すわって

 しずかに おはなし するのは

 日ざしさんたち。

 きっと、春の うれしい うれしい

 おはなしを していたんだね。

 にこにこ にっこりの

 おはなしを していたんだね。

 

 こびとさんたちも くるんだよ。

 なかよしの いしころさんと おててを つないでね。

 どうやら

 ピクニックに きていた みたいなんだ。

 春の 絵本も ひろげて 

 たのしそうに たのしそうに

 ピッカピカの えがおで よんでいたよ。

 

 こうして

 まいにち まいにち

 いろーんな みんなが 

 あそびに きてくれるんだ。

 もう うれしくって たのしくって。

 ぼく、

 すごーく すごーく

 あったかーい きもちに なるの。

 どんどん どんどん

 あったかーい きもちに なるの。

 

 そうしたらね...

 ぼくの お花が いっぱい 咲いて しまうのです。

 あふれる くらいに

 いっぱい いっぱい お花が 咲いて しまうのです。

 ふしぎだなぁ。

 

 それからね

 それからね

 

 ぼく、

 みつけたの。

 

 春の あかちゃんが

 ねむって いるのを みつけたの。

 ぼくの おしべに つつまれて

 しあわせそうに ふんわり ふんわり

 ねむって いるのを みつけたの。

 

 きっと

 春の おかあさんも いっしょに

 お花の なかに いると おもうんだ。

 

 だって、どこかしら

 春の においが したんだもの。

 

 やさしくって

 あったかーい あったかーい

 春の においが ね。

 

 f:id:sufuretan:20161206053718j:plain

 

 

カレンダーさん

 カレンダーさん って

 すてきだね。

 

 ほんとうに ほんとうに

 すてきだね。

 

 きよらかな いちにちへ

 つれてって くれる。

 

 うつくしい いちにちへ

 つれてって くれる。

 

 ほら、

 きみの おたんじょうびも

 ぼくの おたんじょうびも

 アリさんや みみずさんの おたんじょうびも

 コップさんや えんぴつさんの おたんじょうびも

 いろーんな みんなの おたんじょうびが

 ならんでる。

 にこにこ しながら

 カレンダーさんの うえで ならんでる。

 おててを つなぎながら

 うれしいね うれしいね って ならんでる。

 

 みどりいろに かがやいている 日は

 草さんたちに おひさまの こどもが

 あそびに くる日。 

 ぎんいろに かがやいている 日は

 お星さまたちの うんどうかいで。

 ももいろに かがやいている 日は

 そよ風さんと お花さんたちとの ぶとうかい。

 みずいろに かがやいている 日は

 アマガエルさんたちの えんそくで。 

 すみれいろに かがやいている 日は

 いしころさんたちと こびとさんたちの おんがくかい。

 

 それから それから

 きんいろに かがやいている 日は

 ぼくが なわとび 100かい とべる日で。

 オレンジいろに かがやいている 日は

 おかあさんと おててを つないで

 おさんぽ する日。

 あおーく かがやいている 日は

 おとうさんと いっしょに

 かけっこ する日 だよ。

 

 どの日も みーんな みーんな

 たのしそうに たのしそうに わらってる。

 しあわせそうに しあわせそうに わらってる。

 

 もしかしたら もしかしたら。

 カレンダーさん って

 すてきな すてきな

 タイムマシン なのかも しれないね。

 

 ぼくたち せかいじゅうの  みんなを

 すてきな すてきな いちにちに

 つれてって くれる

 タイムマシン なのかも しれないね。

 

 カレンダーさん って

 すてきだね。

 

 ほんとうに ほんとうに

 すてきだね。

 

 きよらかな いちにちへ

 つれてって くれる。

 

 うつくしい いちにちへ

 つれてって くれる。

 

 たいせつな たいせつな

 きょう いちにちを

 プレゼント してくれる。

 

 みて!

 365の

 いちにち いちにちが

 かがやいて いるよ。

 

 ピカピカー って

 まぶしいくらいに

 かがやいて いるよ。

 

 うれしそうに

 たのしそうに

 しあわせそうに

 かがやいて いるよ。

 

 うつくしい うつくしい

 

 この世界と

 この宇宙と

 

 いっしょにね!

 

 f:id:sufuretan:20160706135814j:plain

 

 

初めて みたい

 初めて みたい

 初めて みたい

 

 お空を みるの

 うまれて 初めて みたい。

 

 だって

 ぼくの こころが

 ものすごーく びっくり してるもの。

 ひろーい ひろーい お空に

 こころが きれいな きれいな

 からっぽに なって

 すごいなぁ すごいなぁ って

 びっくり してるもの。

 

 初めて みたい

 初めて みたい

 

 海さんを みるの

 うまれて 初めて みたい。

 

 だって

 ぼくの こころが

 ものすごーく ものすごーく びっくり してるもの。

 おおきな おおきな 海さんに

 こころが きれいな きれいな

 ゆらゆらに なって

 すごいなぁ すごいなぁ って

 びっくり してるもの。

 

 お花さんを みるのも

 うまれて 初めて みたいなの。

 ぼくの ひとみが

 パーッと おおきく なって

 お花さんが とても とても

 おおきく みえるんだ。

 この世界 いっぱいに

 この宇宙 いっぱいに

 おおきく おおきく みえるんだ。

 そして そして

 ぼくが お花さんの なかで

 うれしいなぁ うれしいなぁ って

 すわって いるの。

 

 おうたを うたうのも

 おはよう! って

 あいさつ するのも

 絵を かくの だって

 字を かくの だって

 うまれて 初めて みたいなのです。

 こころが きれいな きれいな

 キューンに なるんだもの。

 たのしいな たのしいな って

 キューン キューン って

 まぶしいくらいに ひかったもの。

 

 あるくの だって

 うまれて 初めて みたいなんだ。

 ほら、ぼくの あしさんたちが 

 たのしそうに たのしそうに

 ルルルン ラララン あるいてゆくよ。

 うつくしい 虹さん まで

 うつくしい うつくしい 天の お国 まで

 ルルルン ラララン あるいてゆくよ。

 ぴかぴか ぴっかり ひかりながら

 おもしろいね おもしろいね って

 ルルルン ラララン あるいてゆくよ。

 

 初めて みたい

 初めて みたい

 

 まいにち まいにち

 いつも いつも

 うまれて 初めて みたい。

 

 生きている いまが

 うまれて 初めて みたい。

 生きている ことが

 うまれて 初めて みたい。

 

 きっと

 ぼくの なかに 

 神さまの あかちゃんたちが

 いて くださるんだね。

 

 うまれたての ひとみで

 うまれたての こころで

 うまれたての うまれたての

 なにもかもで なにもかもで

 いて くださるんだね。

 

 うれしそうに うれしそうに

 いて くださるんだね。

 

 しあわせそうに しあわせそうに

 いて くださるんだね。

 

 にこにこ にっこり

 いて くださるんだね。

 

 f:id:sufuretan:20210806142153j:plain

 

 だいすきな みなさん。

 あけまして おめでとうございます!

 ことしも どうぞ よろしく おねがいします。

 みなさんに とって

 すばらしい いちねんに なりますように! (#^.^#)/。

 

 それから、おしらせが あるのです。

 わたしの はじめての 詩集が できました! (#^.^#)

 七月堂さんからの 自費出版です。

 かぞえきれいないほどの たーくさんの みなさんの おかげです。

 感謝の きもちで いっぱいです!!

 詩集の 題名は「ウキウキ でんしゃさん」です。

 f:id:sufuretan:20211226082704j:plain

 2019年に わたしが かいた 詩から とった 題名です。

 全30篇の 詩が のっています。

 価格は 税込み2200円です。すこしお高いのですが、

 カラー印刷で イラストも いっぱいの 

 すてきな詩集に していただきました。

 お近くの 書店で ご購入 できますので

 よんでみたいなぁ、と

 おもってくださる 方が いらっしゃったら、

 出版社七月堂 本の題名「ウキウキ でんしゃさん」 著者スフレ 

 ご注文 していただければ すごーく うれしいです。

 どうぞ よろしく おねがい します! (#^.^#)/。

 

 そして そして 

 いつも 被災地を こころから いっしょうけんめいに 支援されている

 やさしいhappyさんの ブログでも

 わたしの「ウキウキ でんしゃさん」を 紹介して くださっています(#^.^#)。

 ブログを 貼らせて もらっていますので、

 よんでみて くださいね! (#^.^#)

 

happy-ok3.com

                  

                    

                       スフレ

 

おみやげを もらったよ

 ただいま! 

 

 あのね

 ぼく

 おみやげを もらったよ。

 

 たくさん たくさん

 もらったよ。

 

 お山さんにはね、

 おおきな おおきな

 ゾウさん よりも

 きょうりゅうさん よりも

 もーっと もーっと おおきな

 えがおを もらったよ。

 

 海さんに もらったのは

 すてきな おんがく なの。

 波さんたちの コーラスや

 イソギンチャクさんの ねごとや

 タツノオトシゴさんの つぶやき。

 いろーんな すてきな すてきな

 おんがくを もらったの。 

 

 でんしゃさん からはね、

 げんきな きもちを もらったんだよ。

 でんしゃさん って すごいんだ。

 どんなところでも 

 すごーく げんきに はしるんだもの。

 たのしく たのしく はしるんだもの。

 

 いしころさんたちには

 キラキラの おはなしを もらったの。

 おはなしを きいているだけで

 ぼくの こころが キラキラ してくるんだよ。

 きっと、いしころさんたちって

 いろーんな キラキラを しっているんだね。

 たーくさん キラキラを しっているんだね。

 

 エレベーターさん からはね、

 やさしい きもちを もらったの。

 だって、エレベーターさん

 たくさんの みんなを のせて

 いっしょうけんめいに はこんで いるんだもの。

 きっと 

 ものすごーく やさしい きもちが

 あるから なんだね。

 

 それからね

 それからね

 

 またね! の おみやげが

 いちばーん うれしかったの。

 いちばーん ひかってたの。

 

 お空からも 海さんからも お山さんからも

 みちばたに 咲いている お花さんからも

 こうえんの ブランコさんや ベンチさんや

 のらねこさんに こびとさんたちからも

 またね! またね! って

 きこえたんだよ。

 あっちからも こっちからも

 またね! またね! って

 きこえたんだよ。

 

 きっと 

 またね! って

 せかいじゅうの みんなからの

 おみやげ なんだね。

 あったかーい あったかーい

 おみやげ なんだね。

 だって

 いまが、あしたが、ひかるんだもの。

 まぶしいくらいに ひかるんだもの。

 

 そしてね、

 ぼく おもったの。

 

 もしかしたら

 もしかしたら

 

 この世界 そのものが

 神さまからの おみやげ

 なのかも しれない って。

 すてきな すてきな おみやげ

 なのかも しれない って。

 

 きっと

 ぼくたち みーんな

 まいにち まいにち

 おみやげを いただいて いるんだね。

 

 すてきな すてきな おみやげを

 うれしい うれしい おみやげを

 きれいな きれいな おみやげを

 

 やさしい 神さまたちから

 たーくさん たーくさん

 いただいて いるんだね。

 

 f:id:sufuretan:20161206053718j:plain

 

 だいすきな みなさん、こんにちは!

 きょうも わたしの 詩を よんでくださって

 ほんとうに ありがとうございます。

 ことし いちねん 詩を かいてこれたのも

 よんでくださる みなさんの おかげです。

 みなさんに、そして

 わたしに 詩を かかせてくれた すべてに、

 こころから 感謝を しています。

 らいねんも どうぞ よろしく おねがいします。

 

                     スフレ

 

 

あったかいね

 あかり って

 あったかいね。

 

 ほんとうに ほんとうに

 あったかいね。

 

 きっと

 お日さまの おこころ なのかも しれないね。

 お日さまから みんなへの

 だいすき! の おてがみ なのかも しれないね。

 

 声 って

 あったかいね。

 

 ほんとうに ほんとうに

 あったかいね。

 

 おかあさんの お声も

 おとうさんの お声も

 あったかいよ。

 せかいじゅうの みんなの お声も

 すごーく すごーく あったかいよ。

 セーターさん みたいに

 マフラーさん みたいに

 ぼくを つつんで くれる。

 春かぜさん みたいに

 ふんわり ふんわり つつんで くれる。

 

 字 って

 あったかいね。

 

 ほんとうに ほんとうに

 あったかいね。

 

 おてがみさんの 字も

 おはがきさんの 字も

 あったかいね。

 きっと、字さんたちが やさしい からだね。

 こころを つたえようと して

 いっしょうけんめい だからだね。

 

 みみずさんや かたつむりさんの

 かいてる 字も とっても あったかいの。

 きっと、こころも からだも

 ぜーんぶ つかって

 かいている からだね。

 

 まつげも

 あったかいよ。

 

 すごーく すごーく

 あったかいよ。

 

 いぬさんの まつげも

 ねこさんの まつげも

 小鳥さんの まつげも

 ライオンさんの まつげだって

 ぞうさんの まつげだって

 キリンさんの まつげも ラクダさんの まつげも

 とーっても あったかいよ。

 だって、みているだけで かわいいなぁ って

 あったかーい きもちに なるんだもの。

 

 そして そして

 ベンチさんも いすさんも

 とても とても あったかいのです。

 ベンチさんや いすさんが

 すごーく やさしいからだと、

 ぼく おもうの。 

 いつも いつも

 どうぞ おすわり ください って

 ほほえんで いるからだと、

 ぼく おもうの。

 

 おうちも

 いしころさんも コップさんも

 ゆうびんポストさんだって 街路灯さんだって 

 あっちの みんなも

 こっちの みんなも

 むこうの みんなも

 ずーっと ずーっと むこうの

 ぜーんぶの みんなも

 あったかいね。

 ただ そこに いるだけで

 あったかいね。

 

 この世界 って

 この世界 って

 あったかいね。

 

 ほんとうに ほんとうに

 あったかいね。

 

 すごーく すごーく

 あったかいね。

 

 f:id:sufuretan:20210326105148j:plain

 

 

お花が いっぱい

 あのね、

 ぼくが わらったらね。

 

 ぼくの

 こころの なかにも

 からだの なかにも

 お花さんが ふわふわ って 咲いたの。

 いっぱい いっぱい 咲いたの。

 きっと

 えがお って

 あったかい お花さん なんだね。

 

 おうちの なかが

 お花畑 みたいに あかるいのも

 とーっても いいにおいが するのも

 おかあさんの えがお

 おとうさんの えがお

 あったかい お花さん だからだね。

 こねこの ププルの えがお

 こいぬの ポポンの えがお

 コップさんや おさらさんの えがおだって

 タオルさんや そうじきさんの えがおだって

 みーんな みーんな

 あったかーい お花さん だからだね。

 

 ブランコさんも なわとびさんも

 ボールさんも クレヨンさんも じてんしゃさんも

 お花さん だよ。

 すごーく かっこいい お花さん だよ。

 だって、ぼくを

 うれしく させて くれるんだもの。

 たのしく させて くれるんだもの。

 

 おはよう! も

 こんにちは! も

 こんばんは! も

 おやすみなさい! も

 やさしい お花さん なんだと おもうんだ。

 だって、ぼくが あいさつを するたびに

 お花さんに なった ここちが するんだもの。

 お花さんに なって にこにこ にっこり 

 わらってる ここちが するんだもの。

 

 それからね それからね。

 ぼくが

 だいすき! って いうたびにね。

 お花さん みたいな

 きれいな きもちに なるの。

 あかるい きもちに なるの。

 きっと

 だいすき! も

 お花さん なんだね。

 とーっても あかるくって 

 きれいな きれいな

 お花さん なんだね。

 

 そして そして

 お日さまも

 お月さまも

 お星さまも

 お花さん なのです。

 天の 神さまが 

 たいせつに おそだてに なった

 とても とても きよらかな

 お花さん なのです。

 

 お花が いっぱい

 お花が いっぱい

 

 ぼくの まわりも

 きみの まわりも

 みーんなの まわりも

 お花さんで いっぱいだ!

 

 あふれる くらいに

 かがやく くらいに

 お花さんで いっぱいだ!

 

 きっと

 この世界 そのものが

 この宇宙 そのものが

 お花さん なんだね。

 ものすごーく ものすごーく おおきくって

 うつくしい うつくしい

 お花さん なんだね。

 

 そして そして

 ぼくたち いろーんな みんなは

 この世界の ぜーんぶの みんなは

 お花さんの なかで

 生きて いるんだね。

 

 うつくしく うつくしく

 生きて いるんだね。

 

 にこにこ にっこり

 生きて いるんだね。

 

 f:id:sufuretan:20210806142153j:plain