空へひろげて

空を眺めるのがだいすきな、わたしの空への手紙です。

つばめの おてがみ

 こんにちは!

 

 ぼくは

 つばめです。

 

 おそらに

 

 おてがみを

 かくのが

 

 だいすき

 なのです。

 

 ひろーい

 ひろーい

 

 おそらを

 

 あっちへ

 とんだり

 

 こっちへ

 とんだり。

 

 からだを

 

 いっぱい

 つかって

 

 こころも

 

 いっぱい

 つかって

 

 おおきな

 おおきな

 

 じを

 

 かいて

 いるの。

 

 あおーい

 あおーい

 

 おそらの

 

 うつくしい

 うつくしい

 

 びんせんにね。

 

 お日さまに

 

 よんで

 もらいたくて

 

 海さんにも

 山さんにも

 

 よんで

 もらいたくて

 

 かいて

 いるんだよ。

 

 「こんにちは!

 

  みなさんが

  おげんきで

 

  とっても

  うれしいです

  

  ことしも

  よろしくね」

 

 って。

 

 たんぼさんにも

 おいけさんにも

 

 お花さんや

 木さんたち

 

 ちょうちょうさんに

 いしころさん

 

 のらねこさんに

 ありさんに

 

 それから

 それから

 

 エントツさんや

 でんしゃさん・・

 

 もちろん

 

 こびとさんたちにも。

 

 だいすきな

 だいすきな

 

 せかいじゅうの

 みんなに

 

 おてがみを

 

 かいて

 いるの。

 

 「こんにちは!

 

  みんなに

 

  また

  あえて

 

  とっても

  うれしいです

 

  いっしょに

 

  あそんで

  くださいね」

 

 って。

 

 ぼくね

 

 ながーい

 ながーい

 

 たびを

 してきたの。

 

 だから

 

 おはなし

 したいことが

 

 たくさん

 あるのです。

 

 すてきな

 おはなしが

 

 いっぱい

 あるのです。

 

 それに

 

 こうして

 

 おそらに

 じを

 

 おもいっきり

 かいていると

 

 とーっても

 

 たのしくって

 

 しあわせな

 きもちで

 

 いっぱいに

 なるんだ。

 

 生きてるって

 すてきだなぁ

 

 って

 

 おもうんだ。

 

 みなさんも

 

 おそらを

 とんでいる

 

 ぼくを

 みつけたら

 

 ぼくの

 おてがみを

 

 よんで

 くださいね。

 

 たのしい

 たのしい

 

 おてがみを

 

 すてきな

 すてきな

 

 おてがみを

 

 いっぱい

 

 いっぱい

 

 かいて

 いるからね!

 

 f:id:sufuretan:20170531045114j:plain

 

 

ぼくの ゆめ

 ぼくが

 

 こいぬさんと

 くらしたらね

 

 ひろーい

 のはらを

 

 あげたいな。

 

 かけても

 かけても

 

 まだまだ

 

 ひろい

 

 天の

 のはらを

 

 あげたいな。

 

 お花が

 いっぱい

 

 さいている

 

 ひかる

 のはらで

 

 いっしょに

 

 いつまでも

 いつまでも

 

 あそぶんだ。

 

 ひかりに

 なるまで

 

 あそぶんだ。

 

 ぼくが

 

 こねこさんと

 くらしたらね

 

 まっしろな

 

 くもの

 ベッドを

 

 あげたいな。

 

 おひさまが

 

 つくって

 くださった

 

 あったかい

 ベッドを

 

 あげたいな。

 

 ふわふわ

 くもに

 

 くるまって

 

 いっしょに

 

 ふんわり

 ふんわり

 

 おひるね

 するの。

 

 ひかりに

 なるまで

 

 おひるね

 するの。

 

 ぼくが

 

 ことりさんと

 くらしたらね

 

 虹の

 とまり木

 

 あげたいな。

 

 おおきな

 おおきな

 

 虹の

 とまり木

 

 あげたいな。

 

 からだが

 

 虹いろに

 そまるまで

 

 いっしょに

 

 いつまでも

 いつまでも

 

 うたって

 いたい。

 

 ひかりに

 なるまで

 

 うたって

 いたい。

 

 そしてね

 

 こいぬさん

 こねこさん

 ことりさん

 

 それから・・

 

 おともだちの

 

 いしころさんと

 こびとさんと

 

 ぼくと

 でね

 

 あさひさんを

 

 おむかえ

 するのです。

 

 おはようの

 

 おうたを

 うたってね。

 

 おやつは

 

 月の

 しずくを

 

 いただいて

 

 ゆうひさんを

 

 みんなで

 ならんで

 

 ながめるの。

 

 きょうも

 

 いちにち

 ありがとう

 

 って

 

 てを

 あわせてね。

 

 よるは

 

 お星さまに

 

 みんなで

 しずかに

 

 おいのりをして

 

 こころを

 こめて

 

 きれいな

 きれいな

 

 おいのりをして

 

 やさしい

 きもちで

 

 ねむるのです。

 

 しあわせな

 きもちで

 

 ねむるのです。

 

 みんなで

 

 なかよく

 ならんでね。

 

 うつくしい

 うつくしい

 

 あしたの

 こどもも

 

 いっしょに。

 

 やさしい

 やさしい

 

 かみさまの

 

 おそばで。

 

 そんな

 

 まいにちに

 なると

 

 いいなぁ。

 

 そんな

 

 まいにちに

 なると

 

 ほんとうに

 ほんとうに

 

 いいなぁ。

 

 f:id:sufuretan:20180517161530j:plain

 

 

ことりの おめかし

 ことりさんが

 

 おめかし

 してる。

 

 かわいい

 おくちで

 

 おめかし

 してる。

 

 お羽を

 

 ひとつ

 

 ひとつ

 

 づつ

 

 やさしく 

 やさしく

 

 ととのえて。

 

 ああ

 

 きれい。

 

 きれいに

 なって

 

 うれしそう

 

 きれいに

 なって

 

 しあわせそう。

 

 きっと

 

 春の

 かみさまから

 

 いただいた

 

 お羽

 なのね。

 

 だいじな

 だいじな

 

 お羽

 なのね。

 

 ことりさんが

 

 おめかし

 してる。

 

 ひとみを

 とじて

 

 おめかし

 してる。

 

 お羽を

 

 ひとつ

 

 ひとつ

 

 づつ

 

 ふんわり

 ふんわり

 

 ととのえて。

 

 ああ

 

 きれい。

 

 きれいに

 なって

 

 うれしそう

 

 きれいに

 なって

 

 しあわせそう。

 

 花いろの

 

 お羽が

 

 とても

 

 だいすき

 なのね。

 

 虹いろの

 

 お羽が

 

 とても

 

 だいすき

 なのね。

 

 きっと

 

 お花の

 かみさまから

 

 いただいた

 

 お羽

 なんだね。

 

 虹の

 かみさまから

 

 いただいた

 

 お羽

 なんだね。

 

 たいせつな

 たいせつな

 

 お羽

 

 なんだね。

 

 きれいに

 きれいに

 

 するたびに

 

 ひとみも

 

 きれいに

 なってゆく。

 

 おこえも

 

 きれいに

 なってゆく。

 

 こころも

 

 きれいに

 なってゆく。

 

 じかんも

 

 この

 せかいも

 

 きれいに

 きれいに

 

 なってゆく。

 

 ことりさんが

 

 おめかし

 してる。

 

 お羽を

 くださった

 

 かみさまたちに

 

 おみせ

 したくて

 

 よろんで

 

 もらいたくて

 

 おめかし

 してる。

 

 しずかに

 

 しずかに

 

 こころを

 こめて

 

 おめかし

 してる。

 

 f:id:sufuretan:20180120170149j:plain

 

 

たのしい 雨やどり

 雨の日に

 

 すずめさんたち

 

 あそびに

 きたよ

 

 チュル チュル

 

 おうちに

 いれてって

 

 あそびに

 きたよ。

 

 ハトさんたちも

 

 あそびに

 きたよ

 

 ポー ポー

 

 おうちに

 いれてって

 

 あそびに

 きたよ。

 

 のらねこさんも

 

 あそびに

 きたの

 

 ニャオ ニャオ

 

 おうちに

 いれてって

 

 おみやげ

 もって

 

 あそびに

 きたの。

 

 こびとさんも

 

 あそびに

 きたよ

 

 いしころさんと

 

 おててを

 つないでね。

 

 トン トン

 

 おうちに

 いれて

 

 って

 

 あそびに

 きたよ。

 

 ぼくは

 

 とっても

 うれしくなって

 

 おやつも

 

 いっしょに

 たべたんだ。

 

 みんなと

 

 おうたも

 うたったの。

 

 ぬいぐるみさん

 いっしょにね

 

 家具さんたちも

 いっしょにね

 

 おへやも

 おうちも

 

 いっしょにね。

 

 ♪   おうちが

   あるって

 

      しあわせだな

 

      やねが

      あるって

 

      しあわせだな

 

       雨が

       くれたよ

 

       すてきな

       すてきな

 

       雨やどり

 

       たのしい

       たのしい

 

       雨やどり  ♪

 

 って。

 

 するとね

 

 雨さんが

 

 いったのです。

 

 たのしそう

 ですね

 

 わたしも

 いっしょに

 

 うたわせて

 

 って。

 

 ぼくは

 

 もっと

 もっと

 

 うれしくなって

 

 雨さんと

 いっしょに

 

 うたったの

 

 みんなで

 たのしく

 

 うたったの。

 

 そうしたら

 

 雨さん

 

 ふるのを

 

 わすれちゃった

 みたいなんだ。

 

 だって

 

 ピッカピカに

 はれて

 

 お日さまが

 

 にっこり

 

 ほほえんで

 いたんだもの。

 

 きっと

 

 お日さまも

 

 ぼくたちの

 おうたを

 

 きいて

 いたんだね。

 

 いっしょに

 

 うたって

 いたんだね。

 

 たのしい

 たのしい

 

 雨やどり 

 

 って。

 

  f:id:sufuretan:20180203150507j:plain

 

 

はるが きているよ

 はるが

 きているよ

 

 はるが

 きているよ。

 

 かぜさんに

 

 レモンの

 においが

 

 するんだもの。

 

 きっと

 

 かぜさんは

 

 レモンを

 かじって

 

 いたんだね。

 

 ひろーい

 ひろーい

 

 くさはらで

 

 おそらを

 ながめながら

 

 レモンを

 

 かじって

 いたんだね。

 

 はるが

 きているよ

 

 はるが

 きているよ。

 

 ひざしさんが

 

 にじいろに

 

 かがやいて

 いるんだもの。

 

 まぶしい

 くらいに

 

 かがやいて

 いるんだもの。

 

 きっと

 

 ひざしさんは

 

 にじさんと

 あそんで

 

 いたんだね。

 

 あおーい

 あおーい

 

 おそらの

 うえで

 

 いっしょに

 

 あそんで

 いたんだね。

 

 いしころさんたちの

 おうたも

 

 きこえるの。

 

 かわいい

 かわいい

 

 おうたが

 

 きこえるの。

 

 きっと

 

 はるの

 あかちゃんたちと

 

 いっしょに

 

 うたって

 いるんだね。

 

 よろこびの

 おうたを

 

 うたって

 いるんだね。

 

 はるが

 きているよ

 

 はるが

 きているよ。

 

 ぼくの

 なかに

 

 うすみずいろの

 

 きれいな

 きれいな

 

 いずみが

 

 あふれて

 くるよ。

 

 どこまでも

 どこまでも

 

 あふれて

 くるよ。

 

 ぼくが

 

 うすみずいろに

 

 なって

 ゆく。

 

 せかいが

 

 うすみずいろに

 

 なって

 ゆく。

 

 やさしい

 やさしい

 

 うすみずいろに

 

 なって

 ゆく。

 

 はるが

 きているよ

 

 はるが

 きているよ。

 

 うすみずいろの

 

 やわらかな

 やわらかな

 

 はるが

 

 きているよ。


 f:id:sufuretan:20170517043901j:plain

 

 

ひだまり

 ひだまり

 

 って

 

 いいなぁ。

 

 しあわせな

 

 においが

 するんだもの。

 

 きっと

 

 しあわせさんが

 

 あそびに

 きているんだね

 

 いしころさんと

 

 のんびり

 

 おそらを

 ながめて

 

 いるんだね。

 

 ひだまり

 

 って

 

 いいなぁ。

 

 うたいたく

 なって

 

 くるんだもの。

 

 きっと

 

 うたの

 こどもも

 

 あそびに

 きているんだね

 

 いっしょに

 うたおう

 

 って

 

 あそびに

 きているんだね。

 

 ひだまり

 

 って

 

 いいなぁ。

 

 わらいたく

 なって

 

 くるんだもの。

 

 きっと

 

 えがお

 こどもも

 

 あそびに

 きているんだね

 

 ぼくの

 となりで

 

 にこにこ

 にこにこ

 

 わらって

 いるんだね。

 

 ひだまり

 

 って

 

 ほんとうに

 ほんとうに

 

 いいなぁ。

 

 ゆめの

 なかに

 

 いるみたい

 なんだもの。

 

 きっと

 

 ねこさんたちの

 ゆめが

 

 あそびに

 きているんだね

 

 ぼくの

 まわりで

 

 ふんわり

 ふんわり

 

 うれしそうに

 

 とんで

 いるんだね。

 

 それに

 

 ぬいぐるみさん

 

 かわいい

 あくびも

 

 あそびに

 きてるし

 

 ピアノさんの

  

 あかるい

 おうたや

 

 おかしを

 やいている

 

 あまーい

 においも

 

 あそびに

 きてる。

 

 こびとさんたち

 だって

 

 おべんとうを

 もって

 

 みんなで

 

 ピクニックに

 きているよ。

 

 きっと

 

 みーんな

 

 ひだまりが

 

 だいすき

 なんだね。

 

 みーんな

 

 だいじな

 おともだち

 

 なんだね。

 

 ほわほわの

 

 あったかい

 

 おはなしを 

 しながら

 

 ふわふわの 

 

 やさしい

 

 おはなしを

 しながら

 

 みんなで

 

 なかよく

 

 あそんで 

 いるんだね。

 

 ひだまり

 

 って

 

 いいなぁ

 

 ひだまり

 

 って

 

 いいなぁ

 

 って

 

 あそんで

 いるんだね。

 

 f:id:sufuretan:20181102164048j:image

 

 

小鳥さんを てのひらに のせたらね

 ぼくの

 小鳥さんを

 

 てのひらに

 のせたらね

 

 とっても

 

 かるくって

 

 おそらの

 くも

 

 みたいなんだ。

 

 ふわふわの

 

 春の

 くも

 

 みたいなんだ。

 

 ぼくの

 小鳥さんを

 

 てのひらに

 のせたらね

 

 とっても

 

 あったかくって

 

 ひだまり

 みたいなんだ。

 

 ほわほわの

 

 春の

 ひだまり

 

 みたいなんだ。

 

 それにね

 

 とても

 とても

 

 やわらかくって

 

 マシュマロ

 みたいなの。

 

 春いろの

 

 やわやわの

 

 マシュマロ

 みたいなの。

 

 きっと

 

 こころも

 

 春

 みたいに

 

 やわやわ

 しているんだね。

 

 においも

 

 ほんとうに

 やさしいんだよ。

 

 春の

 

 やさしい

 やさしい

 

 においが

 するの。

 

 春の

 みどりの

 

 あまーい

 あまーい 

 

 においが

 するの。

 

 そしてね

 

 いつも

 いつも

 

 しあわせ

 

 って

 

 ほほえんで

 いるのです。

 

 春

 みたいに

 

 ふんわり

 ふんわり

 

 ほほえんで

 いるのです。

 

 小鳥さんが

 いるだけで

 

 ぼくの

 こころも

 

 とっても

 

 やさしく

 なって

 

 おへやも

 

 とっても

 

 やさしく

 なって

 

 おうちの 

 なかが

 

 やさしさで

 

 いっぱいに

 なるのです。

 

 せかいじゅうが

 

 やさしさで

 

 いっぱいに

 なるのです。

 

 小鳥さん

 

 って

 

 小鳥さん

 

 って

 

 夢

 

 みたいだね。

 

 ふわふわの

 

 やさしい

 やさしい

 

 夢

 

 みたいだね。

 

 ほわほわの

 

 やわらかな 

 やわらかな

 

 夢

 

 みたいだね。

 

 きっと

 

 春が

 みている

 

 夢

 

 なんだね。

 

 f:id:sufuretan:20170417035809j:plain