空へ ひろげて

空を眺めるのがだいすきな、わたしの空への手紙です。

小鳥の おしらせ

 こんにちは!  

 ぼくは

 小鳥です。

 

 みんなに おしらせを するのが

 だいすき なのです。

 

 だって この世界には

 すてきな ものが たーくさん あるんだもの。

 みんなに おしらせ したくなるほど

 すてきな すてきな ものがね。

 

 いちばーん はじめの おしらせはね。

 朝が きたよ! の おしらせなの。

 きれいな おみずで よーく おかおを あらって

 きれいな おみずも たくさん のんで

 いい おこえで おしらせ するんだよ。

  チュリ チュリ チー

  チッ チュル チー ってね。

 

 お花さんが 咲いたのも おしらせ しているよ。

 だって、すごーく すごーく うれしいんだもの。

 みんなに みて ほしいんだもの。

 

 かたつむりさんが おさんぽ しているのも

 とっても すてき なんだ。

 かたつむりさん って

 ゆっくり ゆっくり にこにこ にっこり

 しずかに しずかに おさんぽ するの。

 みているだけで ぼくも、まわりも、この世界も、

 とーっても あんしん するんだよ。

 それにね、

 かたつむりさんが おさんぽした あとは

 キラ キラ ひかって、天の おくにの 道のように

 それは それは うつくしいのです。

 

 そよ風さんが あそびに きたらね。

 ゆうびんポストさんも ベンチさんも

 でんしんばしらさん だって、しんごうきさん だって、

 みーんな きもちよさそうで うれしいの。

  

 お空に  雲の あかちゃんが うまれたのも

 虹の あかちゃんが うまれたのも

 ほんとうに ほんとうに うれしいの。

 すごーく すごーく しあわせなの。

 

 だから みんなに

 おしらせを したくなるのです。

 

 みなさんも ぼくたちの おしらせを

 よーく きいてみて くださいね。

 すてきな すてきな おしらせを

 たくさん たくさん しているよ。

 

 こころを こめて

  チュリ チュリ チー

  チッ チュル チー ってね!

 

f:id:sufuretan:20171227124656j:plain

 

 

はずかしがりやさん

 あのね、

 ぼく

 トカゲさんを みつけたの。

 

 こんにちは! って あいさつ しようと したらね、

 トカゲさん すぐに かくれてしまったの。

 シッポだけ みせて かくれてしまったの。

 きっと、トカゲさんは

 はずかしがりやさん なんだね。 

 

 お花さんにも きれいだね って にっこり わらったんだよ。

 なのに、お花さん だまってるの。

 なんにも いわずに だまってるの。

 でも、ぼく わかるんだ。

 お花さんが うれしいのが わかるんだ。

 だって、ほんわり ほんわり いい においが したんだもの。

 きっと、お花さんも

 はずかしがりやさん なんだね。

 

 すずめさんにも いったんだよ。

 きょうも いいお天気だね って。

 そうしたら、すずめさんたち

 あわてて どこかへ とんでいって しまったの。

 

 メダカさんにも あいさつ したの。

 おげんきですか? って。

 するとね、みーんな びっくりしたみたいに

 水草の かげに かくれて しまったのです。

 

 アリさんたちには、いつも いっしょうけんめいで

 えらいなぁ! すごいなぁ! って いったらね。

 アリさんたち、ますます いそがしそうに

 いっしょうけんめい、まえ見て あるいていたよ。

 

 お月さまにも お星さまにも コップさんにも いしころさんにも

 いつも きれいに ひかって くれて ありがとう って いったらね。

 みんな だまってたけれど、

 ますます やさしく やさしく ひかって くれたの。

 

 みーんな みーんな はずかしがりやさん なんだね。

 かくれたり するのも

 しらんぷり するのも

 だまっちゃうのも

 どこかへ いっちゃうのも

 みーんな みーんな はずかしい からだね。

 きっと、せかいじゅうには

 はずかしがりやさんで いっぱいだよ。

 

 ぼく

 そんな みんなが だいすき。

 すごーく すごーく だいすき。

 

 みーんな みーんな

 だいすきな だいすきな

 たいせつな たいせつな

 ぼくの

 おともだちだ!

 

 f:id:sufuretan:20161015043817j:plain

 

 

いしころさんの えんそく

 こんにちは!  

 ぼくは

 いしころです。

 

 これから えんそくに ゆくのです。

 おともだちの アリさんや かたつむりさん、

   バッタさんに こびとさんに おやゆび姫さん、

 いろーんな ちいさな みんなと いっしょにね。

  

 おべんとうも ちゃーんと つくったんだ。

 ほらね、光で あんだ バスケットに はいってるよ。

 ぴっかり ぴっかり ひかって きれいでしょ?

 そよ風さんが あんで くれたんだ。

 

 ぼくたちを のせて くれるのは 

 のらねこさん なの。

 ゆっくり ゆっくり やさしく やさしく

 すすんで くれるから

 お花さんたちや 草さんたち、小鳥さんにも

 お空の 雲さんにも でんしんばしらさんにも

 こんにちは! って

 あいさつ しながら すすむんだよ。

 

 行きさきは ちいさな  神さまたちの

 うつくしい うつくしい お庭です。

 そこで、神さまたちと なわとびを したり、

 いっしょに おべんとうを たべたり、

 みんなで ふんわーり おひるねを するのです。

  

 ながれ星さんも ぼくたちを のせてくれるんだよ。

 ながれ星さんは とっても はやいから たいへん なのです。

 でも、いろーんな お星さまの ところや

 虹さんの おうちへも つれていって くれるから

 すごーく すごーく たのしいの。

 お月さまへも いったり、このあいだなんか、

 天使さんたちの ゆうえんちまで あそびに いったの。

 

 行きさきは どこなのって?

 天の 神さまの うつくしい うつくしい お花畑だよ。

 そこで、お花さんたちと ダンスをしたり、お祈りしたり、

 神さまの すてきな すてきな おはなしを きいたり、そして そして、

 とーっても やさしい きもちで、しあわせな きもちで、

 おうちに 帰るのです。

  

 どこかで のらねこさんや ながれ星さんを みつけたら

 ぼくたち ちいさな みんなが のっているから

 よーく、みてね。

 

 みんなで こんにちは! って

 にこにこ にっこり てを ふってるよ。

 

 そう、

 せかいじゅうの

 みんなにね!

 

f:id:sufuretan:20190127160950j:plain

 

 

神さまを みつけたよ

 ぼく

 神さまを みつけたよ。

 

 夜あけまえの おやねの うえでね。

 神さまは 小鳥さん だったの。

 しずかに とおくを ながめて いらっしゃったよ。

 きよらかな おかおで ながめて いらっしゃったよ。

 きっと、お日さまを おむかえ してくれて いたんだね。

 

 みちばたの はしっこでも 神さまを みつけたんだ。

 とーっても ちいさな お花さん だったの。

 やさしい おかおで

 まわりを この世界を ながめながら、

 きよらかな おこえで お祈りも されていたの。 

 みんなが しあわせで ありますように って、

 この世界が しあわせで ありますように って。

 きれいな ひかりに つつまれながら、

 お祈りも されていたの。

 

 ゆうぐれの 小みちでも みつけたんだ。

 でんしんばしらさんが 神さま だったの。

 ほんとだよ。

 まっすぐな うつくしい うつくしい おすがたで

 夕焼けさんと おはなしを していたんだもの。

 うっとり するほど

 うつくしい おはなしを していたんだもの。

 

 おうちでも みつけたんだよ。

 コップさんが 神さま だったの。

 きらきらの すきとおった こころで

 おへやを この世界を 照らして くださってた。

 

 お庭で みつけた 神さまはね、

 ホウキさん だったの。

 おだやかに ものを おもって いらしたよ。

 とても とても あったかい おかおでね。

 きっと、

 アリさんたちや いしころさんたちや こびとさんたち、

 いろーんな ちいさな みんなの しあわせを

 ねがって いらっしゃったと、おもうんだ。

 だって、ホウキさんを みているだけで

 あったかーい きもちに なったんだもの。

 

 あのね、

 ぼく

 神さまを みつけたよ。

 いっぱい いっぱい みつけたよ。

 

 きっと、この世界は

 やさしい 神さまで いっぱい なんだね。

 あふれる くらいに いっぱい なんだね。 

 

 あ、

 きみも...

 神さまなの? 

 

 やさしい やさしい

 神さまなの?

 

 f:id:sufuretan:20180519155006j:plain

 

 

ぼくは おてつだいやさん

 ぼく

 はじめたの、

 おてつだいやさん をね。

 

 ちゃーんと

 空いろのクレヨンで

 かんばんも かいたんだよ。 

 

  「ぼくは

   おてつだいやさん です。

 

   アリさんたちの 冬じたくの

   おてつだいも しています。

   おいしいお菓子も 土も はこびます。

   いちどに たくさん はこべます。

 

   みつばちさんたちの おてつだいも するよ。

   お花のいっぱい 咲いている

   こうえんにも かだんにも

   うつくしい うつくしい

   ひみつの野原にも あんないするよ。

 

   いしころさんの おてつだいも しています。

   いきたいところへ どこへでも

   つれていって あげれるし、

   おともだちに おてがみも とどけます。

  

   こびとさんの

   おまつりの おてつだいも

   おんがく会の おてつだいも したいです。

 

   すずめさんに

   あまがえるさんに

   バッタさん、

   ちいさな ちいさな みなさんの

   いろーんな おてつだいを したいのです。

 

   まいにち まいにち まっています。

 

   おまけは、ぼくの

   おいしい おいしい おやつだよ。

 

   ごようのかたは

   このすずを ならしてください。

 

       このおうちの、

            ぼくより。」

 

 って、かいて

 おにわの お花さんのよこに たてたんだ。

 

 ちいさな みんなの

 おてつだいを したくて、

 よろこんで もらいたくて、

 ていねいに ていねいに かいたんだ。

 

 だって、みーんな

 いっしょうけんめいなんだもの、

 なんにもいわずに

 がんばっているんだもの、 

 みんなを すごーく すごーく

 だいすきなんだもの。

 

 みんな よんでくれるかなぁ...

 よんでくれると うれしいなぁ...

 

 あ、

 チロ チリ チリ リン って

 すずが なったよ!

 

 おきゃくさまが きたみたい。

 

 ぼく、

 みてくるね!

 

 f:id:sufuretan:20180519155006j:plain

 

 

うれしくて うれしくて

 うれしくて うれしくて 

 光さんは かがやいているんだね。

 神さまから いただいた

 すきとおった こころが うれしくて。

 

 うれしくて うれしくて 

 雲さんは うかんでいるんだね。   

 神さまから いただいた

 かろやかな こころが うれしくて。

 

 うれしくて うれしくて 

 小鳥さんは うたっているんだね。

 神さまから いただいた

 きよらかな こころが うれしくて。

 

 うれしくて うれしくて

 こいぬさんも こねこさんも 

 うさぎさんも りすさんも

 クマさんだって ペンギンさんだって こびとさんたちだって

 にこにこ にっこり あそんでいるんだね。

 神さまから いただいた

 すなおな こころが うれしくて。

  

 海さんが ゆったり 波うっているのも。

 お空が あおーく 澄みわたっているのも。  

 神さまから いただいた

 おおきな おおきな こころが うれしくて。

 

 そして そして

 いしころさんが しずかにしているのは、 

 神さまから いただいた

 おだやかな こころが うれしくて。

  

 うれしくて うれしくて 

 みーんな うまれてきたんだね。

 神さまたちから いただいた

 きれいな きれいな こころが うれしくて。

 

 うれしくて うれしくて 

 神さまたちは いらっしゃるんだね。

 うれしそうな みんなを ごらんになるのが うれしくて。

 

 ただ

 

 うれしくて うれしくて。

 

 ほんとうに

 ほんとうに

 

 うれしくて うれしくて。

 

 f:id:sufuretan:20160927043849j:plain

 

 

アリさんを みてたらね

 アリさんを 

 みてたらね。

 

 ぼく、

 ありさんを いっしょうけんめい みてしまうの。

 おでこが

 ちゅーん って するくらいに

 いっしょうけんめい みてしまうの。

 きっと、

 アリさんが いっしょうけんめい だからだね。

 

 光も とても とても うつくしいのです。

 まぶしい くらいに ほんとうに ほんとうに うつくしいのです。

 きっと、

 アリさんが とっても うつくしい からだね。

 うつくしい こころで いっしょうけんめい

 生きている からだね。

 

 アリさんを

 みてたらね。

 

 ぼくの こころも きれいに なるの。

 ほんとうに ほんとうに きれいに なるの。

 きっと、

 アリさんの こころが すごーく すごーく 

 きれい だからだと おもうんだ。

 

 それからね

 それからね

 

 とーっても やさしい きもちにも なるんだよ。

 むねが 

 キューン って するくらいに

 やさしい やさしい きもちにも なるんだよ。

 だって、

 アリさんたち みんなで

 たすけあって いるんだもの。

 あっちでも  こっちでも

 たすけあって いるんだもの。

 

 そしてね、

 みんなに あいたく なるの。

 ほんとうに ほんとうに あいたく なるの。

 きっと、

 アリさんたちが すごーく

 なかよし だからだね。

 にこにこ するほど すごーく すごーく

 なかよし だからだね。

 

 だから、

 ぼく、

 いっしょうけんめい あるいたよ。

 みんなに あいに いっしょうけんめい  あるいたよ。

 

 きれいな きれいな こころで 

 うつくしい うつくしい 光の なかを

 うつくしい うつくしい この世界の なかを

 にこにこ にっこり  いっしょうけんめい   あるいたよ。

 

 ひろーい ひろーい まっ青な お空に

 みまもられ ながらね。

 

 f:id:sufuretan:20180413140902j:plain