空へ ひろげて

空を眺めるのがだいすきな、わたしの空への手紙です。

ぼくは なにで できて いるのかな?

 ぼくは

 なにで

 できて いるのかな?

 

 さっき たべた

 ソフトクリームさんで

 できて いるのかな?

 ぼくの おはなの さきが

 ソフトクリームさんの

 あまーい あまーい えがお

 いっぱいだもの。

 まつげの さきが

 ソフトクリームさんの

 あまーい あまーい きもちで

 いっぱいだもの。

 

 ぼくの おひざは

 きのう たべた

 にんじんさんで できて いるのかしら?

 だから

 お空を みてると、

 うさぎさん みたいに

 ピョンピョン はねたく なるのかな。

 むこうの 野原まで

 ずーっと むこうの 虹さんまで

 ピョンピョン はねたく なるのかな。

 ほら、おめめだって こーんなに

 キラキラ かがやいて いるよ。

 

 それからね それからね

 ぼくの かみのけは

 そよ風さんで できていると、おもうんだ。

 だって、そよ風さんが

 とーっても なつかしそうに 

 やさしく やさしく

 なでて くれるんだもの。

 

 そして

 ぼくの こころが

 いつも いつも

 ふんわーり しあわせなのは、

 お空の 雲さんで

 できている からなんだね。

 まーっしろで ふわふわの

 雲さんで できている からなんだね。

 

 いつも いつも

 きれいな おとや

 きれいな ことばが

 きこえてくるのは

 きっと、ぼくの おみみが

 小鳥さんたちの おうたで

 できている からだよ。

 小鳥さんたちの おしゃべりで

 できている からだよ。

 

 そして そして

 ぼくの こころの ピカピカさんは

 しんごうきさんの ウインクで、

 ぼくの こころの いっしょうけんめいさんは

 でんしんばしらさんの まっすぐで、

 ぼくの こころの つよさは

 みみずさんの がんばりさんで、

 できている。

 

 ぼくは

 いろーんな みんなで

 できている。

 

 このせかいの ぜーんぶの みんなで

 できている。

 

 そして そして

 やさしい やさしい みんなに

 うつくしい うつくしい みんなに

 

 たのしい たのしい

 ニコニコさんを たーくさん もらって

 うれしい うれしい

 ニコニコさんを たーくさん もらって

 

 たのしく うれしく

 たのしく うれしく

 

 ぼくは

 

 ぼくは

 

 生きているんだね。

 

 

 

 

しっぽで おはなし

 しっぽで おはなし

 できると いいな。

 

 ねこさん みたいにね。

 そうしたら

 うつくしい ひみつの おはなし 

 するのにな。

 ひとみも こころも キラキラ する

 うつくしい うつくしい 

 ひみつの おはなし するのにな。

 

 しっぽで おはなし

 できると いいな。

 

 いぬさん みたいにね。

 だって 

 みんなに だいすき! って

 いえるんだもの。

 だいすき! だいすき! って

 たくさん たくさん いえるんだもの。

 

 しっぽで おはなし

 できると いいな。

 

 カバさん みたいに

 かわいい かわいい おはなし をね。

 だって

 カバさんが しっぽを ふるたびに

 かわいい ことばが 

 とびだして くるんだもの。

 かわいい えがおも 

 とびだして くるんだもの。

 

 キリンさんが しっぽを ふると

 お空が

 にこにこ にっこり するよ。

 ぞうさんが しっぽを ふると

 とおくの お山さんも 海さんも

 にこにこ にっこり するよ。

 きっと 

 すてきな すてきな あいさつを

 しているんだね。

 ものすごーく おおきくって

 すてきな すてきな

 あいさつを いーっぱい しているんだね。

 

 いいな いいな

 しっぽで おはなし。

 

 いいな いいな

 しっぽで あいさつ。

 

 きっと

 しっぽから ビュイーン って

 すてきな おはなしが

 とびだして いるのかも しれないね。

 こんにちは! も 

 ありがとう! も

 だいすき! も

 ビュイーン ビュイーン  って

 とびだして いるのかも しれないね。

 

 とびだして いって、

 ずーっと とおくの みんなへ

 せかいじゅうの いろーんな みんなへ

 とどいて いるのかも しれないね。

 

 きっと

 神さまたちとも おはなし しているよ。

  ブン ブン 

  フュイ フュイ 

  ポン ポン ポン

 って

 あかるい あかるい おはなしを

 うつくしい うつくしい おはなしを

 にこにこ にっこりの おはなしを

 たくさん たくさん しているよ。

 

 ぼくも

 しっぽが あると

 いいな いいな。

 

 こんにちは! も 

 ありがとう! も

 だいすき! も

 うれしい おはなしも

 たのしい  おはなしも

 

  ブン ブン

  フュイ フュイ 

  ポン ポン ポン

 

 って

 たくさん たくさん

 できたら いいな いいな。

 

 いっぱい いっぱい

 できたら いいな いいな。

 

 

 

 

めだかの あかちゃん うまれたよ

 めだかの あかちゃん

 うまれたよ。

 

 ニッコリさんと

 いっしょに うまれたよ。

 

 だって ぼく、

 めだかの あかちゃんを

 みつけた だけで

 ニッコリ しちゃったもの。

 ニッコリさんが ぼくの なかに 

 パーっと ひろがって、

 ぼくの ひとみも からだも こころも

 パーっと ひかったんだもの。

 

 水草さんも ニッコリ してた。

 かわいいなぁ って

 ニッコリ してた。

 ニッコリ    しながら ゆれてたよ。

 きっと

 うれしくて うれしくて 

 ダンスを してしまったんだね。

 うれしくて うれしくて

 パフ ポフ パフ ポフ

 はくしゅを していたんだね。

 

 めだかの あかちゃん

 うまれたよ。

 

 キラキラ って

 うまれたよ。

 

 虹さんの

 ちっちゃな つぶやき なのかしら。

 ひかりさんの

 ちっちゃな あくび なのかしら。

 雨つぶさんの

 ちっちゃな おうたで、

 そよ風さんの 

 ちっちゃな ちっちゃな おてがみで、

 お星さまたちの

 ちっちゃな ちっちゃな くしゃみ なのかしら。

 

 もしかしたら

 天の 小鳥さんたちの

 ドレミファソ なのかも しれないね。

 天の うさぎさんたちの

 おはなの ピクピク なのかも しれないね。

 天の ちょうちょうさんたちの

 ウインクの プチプチ なのかも しれないね。

 

 めだかの あかちゃん

 うまれたよ。

 

 たくさん たくさん

 うまれたよ。

 

 うまれるたびに

 ニッコリさんも キラキラさんも

 いっしょに うまれてくるよ。

 

 ニッコリさんと キラキラさんが

 まわりにも 

 とおくの お山さんへも 海さんへも

 ひろがって いったよ。

 このせかい いっぱいに

 この宇宙 いっぱいに いっぱいに

 ひろがって いったよ。

 

 めだかの あかちゃん

 うまれたよ。

 

 ちっちゃくって

 ものすごーく おおきな おおきな

 いのちが うまれたよ。

 

 うつくしい うつくしい

 いのちが うまれたよ。

 

 やさしい やさしい

 いのちが うまれたよ。

 

 

 

 

ぼくの 小鳥さんは 11さい

 ぼくの

 小鳥さんは 11さい。

 

 ずーっと こども みたいな

 かわいい かわいい

 おばあちゃん なんだ。

 

 おめめも すごーく かわいいの。

 きっと

 かわいい ものを たーくさん

 みてきたんだね。

 だって

 ぬいぐるみさんや オルゴールさんと

 おともだち なんだもの。

 つくえの うえの どんぐりさんとも

 かいがらさんとも いろえんぴつさんたちとも

 ちいさな いろーんな おにんぎょうさんたちとも

 おともだち なんだもの。

 

 おこえも

 すごーく すごーく かわいいの。

 まいにち まいにち

 かわいい おはなしを たーくさん

 してきたんだね。

 きれいな かわいい かわいい おはなしを

 たーくさん たーくさん してきたんだね。

 ほら、

 日ざしさんや そよ風さんと

 おはなし してる。

 おにわの ちょうちょうさんや ミツバチさんや

 こびとさんに いしころさんたちとも

 おはなし してる。

 それにね

 お山さんや 海さん、

 お月さまとも お星さまたちとも

 とおくの 虹さんたちとだって

 ずーっと ずーっと とおくの オーロラさんたちとだって

 おはなし できるんだよ。

 だから

 きれいな きれいな おこえ なんだね。

 かわいい かわいい おこえ なんだね。

 うれしそうな うれしそうな おこえ なんだね。

 

 それからね

 それからね

 

 お花さんを みせてあげたらね

 ピッカピカの えがおを してくれるの。

 めだかさんを みせてあげたらね

 キラキラの ひとみで にっこり してた。

 どんなものを みせてあげても

 すごーく すごーく

 うれしそうなの

 たのしそうなの

 しあわせそうなの

 ありがとう って

 うたって くれるの。

 

 ぼくの

 小鳥さんは 11さい。

 

 ずーっと こども みたいな

 かわいい かわいい

 おばあちゃん なんだ。

 

 いつも いつも

 ぼくの おかたに とまって

 うれしそうに している。

 そおっと そおっと

 うれしそうに している。

 しずかに しずかに

 うれしそうに している。

 しあわせ って

 ニコニコ してる。

 

 もしかしたら

 小鳥さん って... 

 小鳥さん って...

 うん! きっと、

 小鳥さんも うさぎさんも バッタさんも

 みみずさんに いしころさんたちに コップさんたち、みーんな!

 このせかいの みーんな みーんな!

 やさしい やさしい

 神さまの おそばに いるからなんだね。

 やさしい やさしい

 神さまの おこえを きいて いるからなんだね。

 やさしい やさしい

 神さまの おむねに だかれて いるからなんだね。

 

 ぼくの

 小鳥さんは 11さい。

 

 ずーっと こども みたいな

 かわいい かわいい

 おばあちゃん なの。

 

 やさしい やさしい 

 小鳥さん なの。

 

 きれいな きれいな

 小鳥さん なの。

 

 


 

あさひの なかに いるみたい

 あさひの なかに

 いるみたい。

 

 あさひの なかに 

 いるみたい。

 

 お花さんと

 おはなし していたらね。

 きっと

 お花さんたちの おはなしが

 まっさらで とても とても

 きれい だからだね。

 まっさらな おこえが とても とても

 きれい だからだね。

 

 あさひの なかに

 いるみたい。

 

 あさひの なかに

 いるみたい。

 

 すずめさんの おうたを

 きいて いたらね。

 だって

 すずめさんたちの おうたが

 とーっても きれいで

 いつも いつも

 まっさら なんだもの。

 もしかしたら

 すずめさんたち、

 天の 泉で

 まいにち まいにち

 みずあびを しているのかしら。

 天の 野原で

 まいにち まいにち

 眠って いるのかしら。

 

 あさひの なかに

 いるみたい。

 

 あさひの なかに

 いるみたい。

 

 じてんしゃさんに 

 のって いたらね。

 だって

 道さんも でんしんばしらさんも

 おうちさんに ゆうびんポストさんに しんごうきさんも

 うまれたて みたいに

 まーっさらで きれいに きれいに 

 みえるんだもの。

 みちばたの 草さんたちも

 いしころさんたちも こびとさんたちも

 おはよう! って

 まっさらな えがお

 てを ふって くれるんだよ。

 きっと

 じてんしゃさんの こころが

 とても とても

 きれい だからだね。

 だから ピカピカー って

 ひかって いるんだね。

 

 お星さまを みていても

 お月さまを みていても

 あさひの なかに 

 いるみたい なんだ。

 だって

 ぼくの なかが

 きよらかな ひかりで

 いっぱいに なって、

 うまれたて みたいに 

 きれいな きもちで

 いっぱいに いっぱいに なるんだもの。

 まっさらな きもちで

 いっぱいに いっぱいに なるんだもの。

 

 いつも いつも

 あさひの なかに

 いるみたい。

 

 ずーっと ずーっと

 あさひの なかに

 いるみたい。

 

 きっと

 みーんな みーんな。

 きみも、ぼくも、まわりも、

 このせかいの

 みーんな みーんな。

 とても とても

 きれい だからだね。

 

 うまれたて みたいに

 うまれたて みたいに

 

 すごーく すごーく

 きれい だからだね。

 

 

 

 

草さんの おはなし

 こんにちは!

 ぼくは

 草です。

 

 みんなと

 なかよく するのが

 だいすき なのです。

 

 アリさんたちとも 

 すごーく なかよし なの。

 アリさんたち、ぼくの そばで

 おひるね するのが 

 だいすき なんだって。

 だから、ぼく

 しずかーに しずかーに してあげるの。

 すてきな すてきな 夢を みれるようにね。

 

 でんしんばしらさんとも

 ベンチさんとも

 いしころさんたちとだって

 こびとさんたちとだって

 とっても なかよし なんだ。

 みんなと いっしょに

 お空を みるのが

 とーっても たのしみなの。

 お空の 雲さんの かいてくれる

 絵を ながめていると

 ほんとうに たのしいんだよ。

 このあいだなんか

 きょうりゅうさんの 絵を

 たーくさん かいて くれたんだ。

 もう たのしくって たのしくって

 みんなで はくしゅを しながら

 雲さん ありがとう! って

 おれいを いったの。

 

 すずめさんや かたつむりさんや トカゲさん、

 のらねこさんに ボールさんに

 くつさんとだって じてんしゃさんとだって

 とっても なかよし なのです。

 みーんな ぼくの においが

 だいすき なんだって。

 ぼくの うえで

 ねころんだり ころがったり すべったり

 おっかけっこを したり

 かくれんぼを したり 

 おうたを うたったり。

 とーっても たのしそう なんだ。

 ときどき ふまれたりも するけど

 だいじょうぶ!

 だって、ぼくも すごーく すごーく

 たのしいんだもん!

 ものすごーく ものすごーく

 たのしいんだもん!

 

 かんばんさんとも フェンスさんとも

 あっちの ゆうびんポストさんとも

 こっちの しんごうきさんとも

 ずーっと むこうの いろーんな みんなとも

 ずーっと ずーっと むこうの ぜーんぶの みんなとも

 なかよし なんだ。

 だから、ぼく

 こんにちは! 

 あそぼう!

 って にこにこ にっこり

 いっぱい いっぱい でてくるの。

  ぴょこぴょこ ぽんぽん

  ぽんぽん ぴょこぴょこ

 いっぱい いっぱい でてくるの。

 せかいじゅうの いろーんな ところにね!

 ぼくの だいすきな だいすきな

 せかいじゅうの いろーんな みんなの ところにね!

 

 だって 

 ぼく、

 なかよしの お国から

 やってきたんだもの。

 

 虹さんの お国の

 おとなりの

 

 そよ風さんの お国の

 おむかいの

 

 なかよしの お国から

 やって きたんだもの。

 

  ぴょこぴょこ ぽんぽん

  ぽんぽん ぴょこぴょこ

 

 って

 やって きたんだもの。

 

 

 

 

かばさん かばさん

 かばさん

 かばさん

 

 かばさん って

 やさしいな。

 

 ありさん ありさ

 あぶないよ って

 ゆっくり ゆっくり あるいてる。

 いしころさん いしころさん

 ごめんなさい って

 そおっと そおっと あるいてる。

 草さん 草さん

 だいじょうぶ? って

 ふんわり ふんわり あるいてる。

 

 かばさん

 かばさん

 

 かばさん って

 すごいな。

 

 日ざしを ぱっくん たべちゃった。

 おおきな おくちで 

 ぱっくん ぱっくん たべちゃった。

 風さんを ぱっくん ぱっくん

 雨さんを ぱっくん ぱっくん

 たべちゃった。

 ありがとう! いたただきまーす! って

 たべちゃった。

 きっと、

 かばさんの なかは

 日ざしさんの あったかさと

 風さんの やさしさと

 雨さんの きよらかさで 

 いっぱい なんだね。

 だから

 あんなに きもちよーく

 おおきく おおきく なったんだね。

 

 かばさん

 かばさん

 

 かばさん って

 かわいいな。

 

 かわいい おめめを しているよ

 かわいい おみみを しているよ

 かわいい しっぽを しているよ

 

 おめめで おはなし

  ぱちゅるん ぱちゅるん。

 おみみで おはなし 

  ぺちゅるん ぺちゅるん。

 しっぽで おはなし

  ぷりゅるん ぷりゅるん。

 

 たのしいね 

 うれしいね

 しあわせだね って

 おはなし してる。

 かわいい かわいい

 おはなしを いっぱい いっぱい してる。

 ちいさな ちいさな お花さんとね。 

 

 かばさん

 かばさん

 

 かばさん って

 うつくしいな うつくしいな って

 神さまたちが ごらんに なっているよ。

 やさしい おかおで

 にこにこ にっこり

 ごらんに なっているよ。

 きっと

 神さまたちも かばさんを

 だーいすき なんだね。

 

 やさしい やさしい

 かばさん。

 

 かわいい かわいい

 かばさん。

 

 うつくしい うつくしい

 かばさん。

 

 おおきな やさしい こころで

 生きている。

 

 おおきな かわいい こころで

 生きている。

 

 おおきな おおきな

 うつくしい うつくしい こころで

 生きている。

 

 f:id:sufuretan:20161206053718j:plain