空へひろげて

空を眺めるのが大好きな、わたしの空への手紙です。

目をとじたら

 目を

 とじたら

 

 おかあさんの

 やさしい

 お顔が

 うかぶよ

 

 犬の

 シロが

 しっぽを

 ふって

 いるのもね。

 

 目を

 とじたら

 

 まっ青な

 空が

 

 からだ中に

 ひろがって

 

 ともだちの

 たのしい

 笑顔が

 うかぶよ。

 

 そしてね

 

 そーっと

 目を

 あけたら

 

 おかあさんの

 すがたが

 みえて

 

 シロの

 声が

 きこえて

 

 よかったなあ

 って

 

 うれしいなあ

 って

 

 ぼくは

 ニッコリ

 します。

 

 ふしぎ

 なのは

 

 おかあさんの

 ことも

 

 シロの

 ことも

 

 ともだちの

 ことも

 

 もっと

 もっと

 

 好きに

 なって

 いるのです。

 

 いまから

 ともだちに

 会いに

 いってきます

 

 ひろーい

 ひろーい

 

 まぶしい

 まぶしい

 

 ほんとうの

 

 青空の

 なかを。

 

 シロと

 いっしょにね!

 

  f:id:sufuretan:20161117044032j:plain