空へひろげて

空を眺めるのが大好きな、わたしの空への手紙です。

凧あげ

 凧が

 あがって

 ゆくよ

 

 空と

 おはなし

 したくって

 

 うれしい

 おはなし

 したくって

 

 たのしい

 おはなし

 したくって

 

 ずんずん

 ずんずん

 

 あがって

 ゆくよ。

 

 凧が

 あがって

 ゆくよ

 

 風と

 あそんで

 みたくって

 

 おもいっきり

 あそんで

 みたくって

 

 自由に

 あそんで

 みたくって

 

 どんどん

 どんどん

 

 あがって

 ゆくよ。

 

 おはなし

 できて

 しあわせと

 

 空で

 

 くるくる

 

 まわってる。

 

 いっしょに

 あそべて

 しあわせと

 

 風と

 

 ピュル ピュル

 

 うたってる。

 

 凧が

 よびかけて

 いるよ

 

 あふれてくる

 よろこびに。

 

 とおくの

 山へ

 

 とおくの

 海へ

 

 おーい おーい

 

 と

 

 よびかけて

 いるよ。

 

 そこには

 

 春が

 きてるんだねー!

 

 ぼくには

 

 春が

 みえてるよー!

 

 と。

 

 凧が

 あがって

 ゆくよ

 

 まっすぐに

 

 まっすぐに。

 

 f:id:sufuretan:20160706135814j:plain