空へひろげて

空を眺めるのが大好きな、わたしの空への手紙です。

おかしやさんに なったらね

 ぼくが

 

 おかしやさんに

 なったらね

 

 アリさんたちに

 

 おかしを

 あげる

 

 あまーい 

 あまーい

 

 おかしを

 たくさん

 あげる。

 

 だって

 

 アリさんたち

 

 いっしょけんめい

 おかしを

 さがして

 いるんだもの。

 

 ぼくが

 

 お花やさんに

 なったらね

 

 小石さんたちに

 

 お花を

 あげる

 

 かわいい

 かわいい

 

 お花を

 たくさん

 あげる。

 

 だって

 

 小石さんたち

 

 あるいて

 お花を

 みに

 ゆけないんだもの。

 

 ぼくが

 

 くつやさんに

 なったらね

 

 どうぶつたちに

 ブーツを

 あげる

 

 あったかい

 あったかい

 

 ブーツを

 たくさん

 あげる。

 

 だって

 

 どうぶつさんたち

 

 さむいときも

 はだし

 なんだもの。

 

 ぼくが

 

 ゆうびんやさんに

 なったらね

 

 世界じゅうの

 みんなに

 

 まいにち

 まいにち

 

 おてがみ

 くばる。

 

 ぼくが

 

 いちまい  

 いちまい

 

 ていねいに

 かいて

 

 おてがみ

 くばる。

 

 たくさん

 たくさん

 

 かく

 れんしゅうを

 してね

 

 ゆうびんでーす!

 

 って

 

 みんなの

 ところへ。

 

 ありがとう

 

 って

 かいた

 

 おてがみを

 くばるんだ。

 

 だいすき

 

 って

 かいた

 

 おてがみを

 くばるんだ。

 

 f:id:sufuretan:20170514133202j:plain

 

 

空が すき

 木たちは

 

 とっても

 空が すき

 

 空に

 さわって

 みたくって

 

 空へ

 むかって

 のびてゆく。

 

 小鳥も

 

 とっても

 空が すき

 

 空に

 きいて

 ほしくって

 

 きれいな

 こころで

 うたってる。

 

 お花も

 

 とっても

 空が すき

 

 空に

 みて

 ほしくって

 

 こころを

 こめて

 咲いている。

 

 アリも

 

 とっても

 空が すき

 

 空を

 ながめて

 ひとやすみ

 

 うつくしいな

 って

 ながめてる。

 

 海も

 

 とっても

 空が すき

 

 空を

 うつして

 うれしそう

 

 青く

 なれたって

 うれしそう。

 

 ぼくも

 

 とっても

 空が すき

 

 いつでも

 

 そばに

 いてくれる

 

 どこでも

 

 そばに

 いてくれる。

 

 みーんな

 

 空が 

 だーいすき。

 

 空は

 

 みんなの

 だいじな

 ともだち

 

 空は

 

 みんなの

 だいじな

 ふるさと。

 

 空も

 

 みんなが

 だーいすき。

 

 だーいすき

 って

 わらってる。

 

 どこへも

 いかずに

 

 わらってる。

 

 みんなを

 

 ふんわり

 

 だきしめ

 ながら。

 

 ひろーい

 こころで

 

 だきしめ

 ながら。

 

 やさしく

 

 やさしく

 

 わらってる。

 

 f:id:sufuretan:20170425154959j:plain

 

 

コップを あらったら

 コップを

 あらって

 いるとね

 

 キュッ キュッ

 

 って

 

 コップが

 わらうよ

 

 うれしいって

 わらうよ。

 

 ピカピカの

 

 お星さまに

 なれたって

 

 キラキラ

 

 わらうよ。

 

 ピカピカの

 

 宝石に

 なれたって

 

 キラキラ

 

 わらうよ。

 

 あらって

 くれて

 

 ありがとう

 って

 

 キラキラ

 

 わらうよ。

 

 コップを

 あらって

 いるとね

 

 ぼくの

 なかの

 

 すみずみ

 まで

 

 お水が

 ながれて

 ゆきます。

 

 スーッ

 

 スーッ

 

 と

 

 まっすぐに

 ながれて

 ゆきます。

 

 ぼくが

 透きとおって

 

 ピカピカ

 する

 

 どこまでも

 透きとおって

 

 キラキラ

 する。

 

 ぼくも

 

 お星さま

 みたいに

 

 ひかってる

 

 宝石

 みたいに

 

 ひかってる。

 

 ぼくの

 まわりも

 

 この世界も

 

 ピカピカの

 

 まっさらに

 なってる

 

 キラキラの

 

 まっさらに

 なってる

 

 まぶしい

 くらいに

 

 まっさらに

 なってる。

 

 コップを

 

 あらったらね!

 

 f:id:sufuretan:20180506160705j:image

 

 

春の おんがく

 春が

 きたのが

 うれしくて

 

 みんなで

 おんがく

 しているよ。

 

 小鳥は

 

 フルート

 ピッコロね。

 

 小川は

 

 やさしく

 ピアノを

 ひいて。

 

 みつばち

 たちは

 バイオリン。

 

 くまばち

 たちは

 チェロかしら。

 

 お花は

 かわいい

 コーラスね。

 

 じてんしゃ

 たちは

 

 チリリン リン

 

 きれいな

 おとの

 トライアングル。

 

 ラッパは

 げんきな

 くるまたち。

 

 でんしゃも

 あかるく

 

 コトトン トン

 

 かるーく

 ドラムを

 たたいてる。

 

 空の

 きもちの

 

 ウキウキも

 

 海の

 きもちの

 

 ウキウキも

 

 山の

 きもちの

 

 ウキウキも

 

 いっしょに

 いっしょに

 

 おんがく

 してる。

 

 きみの

 こころの

 

 ワクワクも

 

 ぼくの

 こころの

 

 ワクワクも

 

 みんなの

 こころの

 

 ワクワクも

 

 いっしょに

 いっしょに

 

 おんがく

 してる。

 

 みんなで

 よろこびあい

 ながら

 

 みんなで

 ほほえみあい

 ながら

 

 春の

 おんがく

 しているよ。

 

 どこかで

 春の

 かみさまも

 

 ニコニコ

 しながら

 きいている。

 

 パチパチ

 はくしゅを

 しながらね!

 

 f:id:sufuretan:20170521074702j:plain

 

 

ぼくの 小鳥さん

 かわいいね

 って

 

 ぼくの

 小鳥さんに

 

 いったらね

 

 かわいい

 おかおを

 するよ

 

 かわいい

 こえで

 

 ありがとう

 

 って

 

 うたって

 くれるよ。

 

 するとね

 

 ぼくの

 こころの

 なかも

 

 おうちの

 なかも

 

 かわいいで

 

 いっぱいに

 なるのです。

 

 きれいだね

 って

 

 ぼくの

 小鳥さんに

 

 いったらね

 

 きれいな

 おかおを

 するよ

 

 きれいな

 こえで

 

 ありがとう

 

 って

 

 うたって

 くれるよ。

 

 するとね

 

 ぼくの

 こころの

 なかも

 

 おうちの

 なかも

 

 きれいで

 

 いっぱいに

 なるのです。

 

 だいすき

 って

 

 ぼくの

 小鳥さんに

 

 いったらね

 

 おかおが

 キラキラ

 するよ

 

 キラキラの

 こえで

 

 ありがとう

 

 って

 

 うたって

 くれるよ。

 

 するとね

 

 ぼくの

 こころの

 なかも

 

 おうちの

 なかも

 

 キラキラで

 

 いっぱいに

 なるのです。

 

 もう

 

 ぼくは

 

 うれしくって

 うれしくって

 

 まいにち

 まいにち

 

 いって

 あげるんだ。

 

 かわいいね

 

 きれいだね

 

 だいすき!

 

 って。

 

 だって

 

 ぼくも

 

 おうちも

 

 この世界も

 

 まぶしい

 くらいに

 

 しあわせな

 きもちで

 

 いっぱいに

 なるんだもの!

 

 f:id:sufuretan:20170125160654j:plain

 

 

まほうの タンバリン

 たんぽぽさん

 って

 

 たのしいな。

 

 たのしいな

 って

 

 咲いてるよ。

 

 あさが

 きたのが

 

 たのしくて

 

 お日さま

 でたのが

 

 たのしくて

 

 咲いて

 いるのが

 

 たのしくて。

 

 まいにち

 あまりに

 たのしくて

 

 たんぽぽさんは

 なっちゃった

 

 タンバリンに

 なっちゃった。

 

 ならせば

 たのしさ

 あふれだす

 

 かわいい

 まほうの

 タンバリン。

 

 タン タン タン

 タン タン タン。

 

 陽ざしが

 

 ならして

 あそんでる

 

 風が

 

 ならして

 あそんでる

 

 たのしいな

 って

 

 あそんでる。

 

 タン タン タン

 タン タン タン。

 

 のら猫さんが

 

 それ

 きいて

 

 タン タン タン

 

 って

 

 ダンスする

 

 たのしいな

 って

 

 ダンスする。

 

 すずめさんも

 やってきて

 

 タン タン タン

 

 って

 

 はねている

 

 たのしいな

 って

 

 はねている。

 

 小びとも

 

 あかい

 くつ

 はいて

 

 タン タン タン

 

 って

 

 おどりだす

 

 たのしいな

 って

 

 おどりだす。

 

 ぼくも

 

 いっしょに

 スキップ

 したよ

 

 タン タン タン

 

 って

 

 スキップ

 したよ。

 

 みんなで

 いっしょに

 

 タン タン タン

 

 にこにこ

 にっこり

 

 タン タン タン。

 

 空の

 うえでは

 

 かみさま

 たちも

 

 たのしいな

 って

 

 おどりだす。

 

 タン タン タン

 タン タン タン。

 

 たんぽぽ

 さんは

 

 タンバリン

 

 ならせば

 たのしさ

 あふれだす

 

 かわいい

 まほうの

 

 タンバリン。

 

 f:id:sufuretan:20180411153653j:image

 

 

葉っぱの あかちゃん

 葉っぱの

 あかちゃん

 うまれたよ

 

 そーっと

 そーっと

 

 うまれたよ。

 

 おかあさんの

 木の

 なかで

 

 春と

 いっしょに

 

 ねむって

 いたんだね

 

 春の

 ゆめを

 

 たくさん

 たくさん

 

 みて

 いたんだね

 

 だから

 

 とっても

 やわらかい

 んだね。

 

 葉っぱの

 あかちゃん

 うまれたよ

 

 きもち

 よさそうに

 

 小鳥の

 うたを

 きいている

 

 風に

 やさしく

 なでられている

 

 陽ざしに

 ふんわり

 だかれてる。

 

 小鳥さん

 

 はじめまして

 よろしくね

 

 風さん

 

 はじめまして

 よろしくね

 

 陽ざしさん

 

 はじめまして

 よろしくね

 

 と

 

 みんなに

 

 きちんと

 あいさつ

 してる

 

 ていねいに

 ていねいに

 

 あいさつ

 してる。

 

 まっ青な

 空を

 

 うれしそうに

 ながめてる

 

 まっ白な

 雲を

 

 たのしそうに

 ながめてる。

 

 空に

 

 さわって

 みたいな

 って

 

 空と

 

 おはなし

 したいな

 って

 

 ニッコリ

 しながら

 

 ながめてる。

 

 きっと

 

 葉っぱの

 あかちゃんの

 なかは

 

 よろこびで

 

 いっぱい

 なんだね。

 

 しあわせで

 

 いっぱい

 なんだね。

 

 かわいい

 ねがいで

 

 いっぱい

 なんだね。

 

  f:id:sufuretan:20171231054607j:plain