空へひろげて

空を眺めるのが大好きな、わたしの空への手紙です。

風を うけて

 風を

 うけて

 

 目を

 とじたら

 

 ぼくは

 鳥に

 なる。

 

 風の

 よろこびと

 いっしょに

 

 空へ

 まいあがる

 

 よろこび

 そのものに

 なって

 

 空へ

 まいあがる。

 

 風を

 うけて

 

 目を

 とじたら

 

 ぼくは

 鳥に

 なる

 

 風の

 うれしさと

 いっしょに

 

 空で

 ダンスを

 する

 

 うれしさ

 そのものに

 なって

 

 空で

 ダンスを

 する。

 

 風を

 うけて

 

 目を

 とじたら

 

 ぼくは

 鳥に

 なる

 

 風の

 しあわせと

 いっしょに

 

 どこまでも

 どこまでも

 

 飛んで

 ゆく

 

 しあわせ

 そのものに

 なって

 

 飛んで

 ゆく

 

 ほほえみ

 そのものに

 なって

 

 飛んで

 ゆく。

 

 まっ青な

 空の

 なかを

 

 天上へ

 

 天上へ。

 

 f:id:sufuretan:20170726092512j:plain

 

 

 鈴は

 いつも

 

 とっても

 ごきげん

 なのです。

 

 そっと

    ふれた

 だけで

 

 チリ チリ

 コロ コロ

 と

 

 すぐに

 わらいます。

 

 鈴に

 うまれて

 よかった

 って

 

 うれしそうに

 わらってる

 

 たのしそうに

 わらってる

 

 しあわせそうに

 わらってる。

 

 星が

 わらって

 いるみたい

 

 水が

 わらって

 いるみたい

 

 天使が

 わらって

 いるみたい。

 

 チリ チリ

 コロ コロ

 

 チリ チリ

 コロ コロ。

 

 透きとおった

 かわいい

 声に

 

 あたりの

 空気も

 

 やさしく

 ほほえんで

 います。

 

 きっと

 

 きれいな

 よろこびで

 

 いっぱい

 なのです。

 

 ちいさな

 ちいさな

 

 鈴の

 なかには。

 

  f:id:sufuretan:20170903163020j:plain

 

 

空まで 歩いて

 おおきく

 てをふり

 歩いたら

 

 空まで

 歩いて

 いけそう

 なのです。

 

 こころも

 はずんで

 かけだすよ

 

 まえへ

 まえへ

 と

 

 かけだすよ。

 

 からだも

 うたを

 うたいだす

 

 たのしい

 うたを

 うたいだす。

 

 おおきく

 てをふり

 歩いたら

 

 風も

 いっしょに

 ついてくる

 

 あそびましょ

 って

 ついてくる。

 

 スズメさん

 たち

 木のうえで

 

 うれしそうね

 って

 

 みています

 

 たのしそうね

 って

 

 みています。

 

 ぼくは

 ニッコリ

 ほほえんで

 

 うれしいよ

 って

 

 ごあいさつ

 

 たのしいよ

 って

 

 ごあいさつ。

 

 おおきく

 てをふり

 歩いたら

 

 空を

 みあげて

 歩いたら

 

 こころの

 なかまで

 晴れわたり

 

 空まで

 歩いて

 いけそう

 なのです。

 

 f:id:sufuretan:20170321170035j:plain

 

 

トンボ

 おはよう!

 

 ぼくは

 トンボ

 です。

 

 こころも

 からだも

 

 かるーい

 トンボ

 なのです。

 

 かるくて

 かるくて

 

 空気じゃ

 ないかと

 おもうくらい

 です。

 

 だから

 いつも

 

 とっても

 さわやかな

 ここち

 なんだよ。

 

 旅を

 するのも

 だいすき

 です。

 

 フッと

 おもいたったら

 

 どこへ

 だって

 スーッと

 飛んでいける

 

 はねを

 キラッ キラッ

 とさせて

 

 お日さまと

 たのしい

 おはなし

 しながらね。

 

 そう

 

 ぼくは

 

 かるーい

 かるーい

 

 トンボ

 なのですから。

 

 目が

 おおきいから

 

 よーく

 みえるんだよ。

 

 とおくの

 

 かわいい

 お花や

 

 きよらかな

 小川や

 

 きみの

 ステキな

 こころもね。

 

 キレイな

 もので

 いっぱい

 だから

 

 うれしくて

 うれしくて。

 

 そしてね

 

 ぼくは

 おもう

 のです。

 

 世界は

 

 ほんとうに

 ほんとうに

 

 うつくしい

 

 って。

 

 f:id:sufuretan:20170110112254j:plain

  

 

ヨット

 ぼくは

 ヨットです。

 

 まっ白な

 帆を

 まっすぐに

 たてて

 走ります。

 

 空の

 神さまも

 

 海の

 神さまも

 

 やさしく

 ほほ笑む

 なかを。

 

 クラクラ

 するほど

 透きとおった

 

 青の

 なかを。

 

 風が

 ふくと

 

 こころは

 夢で

 はちきれ

 そうになり

 

 あふれる

 陽ざしに

 

 からだは

 よろこびで

 いっぱいに

 なるのです。

 

 たのしいね

 って

 

 波しぶきが

 はしゃいで

 

 ぼくを

 ぬらす。

 

 うれしいね

 って

 

 ともだちの

 カモメも

 イルカも

 

 ひとみを

 キラキラ

 させて

 

 いっしょに

 ついてくる。

 

  むねが

 キューンと

 するほど

  

 ひろく

 まぶしい

 世界へ

 

 きっと

 

 どこかに

 ある

 宝島へ。

 

 ひかりの

 上を

 

 すべるように

 

 水平線に

 

 すいこまれるように

 

 ぼくは

 

 いま

   

 走っている!

 

  f:id:sufuretan:20170817043219j:plain

 

 

さかなの あかちゃん

 さかなの

 あかちゃん

 みつけたよ

  

 うつくしい

 川の

 ほとりでね。

 

 せんせいの

 水と

 いっしょに

 

 たのしそうに

 たのしそうに

 

 みんなで

 泳ぐ

 れんしゅうを

 しています。

 

 さかなの

 あかちゃん

 みつけたよ

 

 ちいさな

 川の

 ほとりでね。

 

 びっくり

 したような

 

 まんまるい

 目をして

 

 うれしそうに

 うれしそうに

 

 みんなで

 なかよく

 あそんでいます。

 

 いつも

 お水を

 

 のんで

 いるから

 

 いつも

 お水に

 

 あらって

 もらって

 いるから

 

 くちの

 なかも

 

 からだの

 なかも

 

 とても

 とても

 きれいです。

 

 そして

 

 水と

 おんなじ

 

 あかるく

 透きとおった

 こころの

 ままで

 

 キラキラと

 かがやく

 こころの

 ままで

 

 すくすくと

 すくすくと

 

 おおきく

 なって

 

 ゆくのです。

 

 f:id:sufuretan:20170715153533j:plain

 

 

夏の雲

 夏の雲は

 キレイ

 だな

 

 こころの

 底から

 まっ白

 なんだね。

 

 夏の雲は

 わらってる

 

 たのしい

 ことで

 いっぱい

 なんだね

 

 うれしい

 ことで

 いっぱい

 なんだね。

 

 夏の雲は

 きもち

 よさそう

 

 まっ青な

 空の

 なかを

 

 りょうてを

 ひろげ

 

 おもいっきり

 のびのび

 している。

 

 よろこびに

 

 モクモク

 ワクワク

 

 しあわせに

 

 モクモク

 ワクワク

 

 ふくらんで

 ふくらんで

 

 あそぼう

 って

 よんでいる

 

 かけておいで

 って

 よんでいる

 

 夏の雲が

 

 夏の雲が。

 

 f:id:sufuretan:20170726173344j:image