空へひろげて

空を眺めるのが大好きな、わたしの空への手紙です。

小鳥さん

 小鳥さんは

 あかるいな

 

 あかるい

 お顔で

 わらってる

 

 お花

 みたいに

 わらってる。

 

 小鳥さんは

 あかるいな

 

 あかるい

 お花の

 ともだちね

 

 ともだち

 たくさん

 いるんだね。

 

 小鳥さんは

 あかるいな

 

 こえが

 あかるく

 ひかってる

 

 宝石

 みたいに

 ひかってる

 

 こころが

 まぶしく

 ひかってる

 

 しあわせです

 って

 ひかってる。

 

 お日さまが

 

 だいすき

 なのね

 

 あかるい

 神さまの

 

 おつかい

 なのね

 

 神さまの

 

 あかるい

 ことばで

 

 いっぱい

 なのね。

 

 あかるさで

 

 あかるさで

 

 いっぱい

 だから

 

 飛べるのね。

 

 f:id:sufuretan:20171112155857j:plain

 

 

ひなたぼっこ

 ひなたぼっこを

 しているよ

 

 秋の

 小道の

 かたすみで

 

 バッタと

 小石が

 ならんでね

 

 そーっと

 そーっと

 

 よりそい

 あって。

 

 ひなたぼっこを

 しているよ

 

 秋の

 小道の

 かたすみで

 

 スズメと

 お花が

 ならんでね

 

 おち葉と

 木の実も

 ならんでね

 

 フンワリ

 フンワリ

 

 よりそい

 あって。

 

 風も

 すこーし

 ひとやすみ

 

 ベンチの

 うえで

 ひとやすみ

 

 ひなたぼっこを

 したくって。

 

 みんな

 みんな

 

 ひなたぼっこが

 だーいすき

 

 なかよく

 するのが

 だーいすき。

 

 これから

 みんなで

 おひるねだ

 

 陽ざしの

 毛布に

 くるまって

 

 お日さま

 ニッコリ

 するなかを。

 

 それを

 みている

 神さまも

 

 やさしい

 きもちに

 なってきて

 

 やっぱり

 ねむたく

 なるのです。

 

 おだやかな

 おだやかな

 

 ほほえむ

 ような

 

 秋の

 昼まに。

 

 f:id:sufuretan:20171101155630j:plain

 

 

木の おてがみ

 ぼくたち

 木は

 

 秋に

 なると

 

 おてがみを

 かくのです。

 

 春に

 もらった

 うれしさを

 

 夏に

 もらった

 たのしさを

 

 生きものたちと

 あそんだ

 よろこびを。

 

 空にも

 

 お日さまにも

 

 みんなにも

 

 よんで

 もらいたくて。

 

 こんなにも

 うれしかった

 って

 

 こんなにも

 たのしかった

 って

 

 ありがとう

 

 ありがとう

 

 来年も

 よろしくね

 

 と

 

 かくのです。

 

 あったかーい

 

 赤や

 黄いろや

 オレンジいろで

 

 ひと葉づつ

 ひと葉づつ

 

 こころを

 こめて。

 

 するとね

 

 晴れやかな

 きもちに

 

 なってきて

 

 あかるい

 きもちに

 

 なってきて

 

 しあわせで

 いっぱいに

 なります。

 

 おてがみも

 

 ますます

 かがやいて

 くるのです。

 

 まぶしい

 くらいにね!

 

  f:id:sufuretan:20171030054010j:plain

 

 

うさぎ

 ん?

 

 いま

 

 ステキな

 こと

 いったでしょ。

 

 ちゃーんと

 きこえたよ

 

 だって

 

 ぼくは

 うさぎ

 ですから。

 

 ステキな

 音なら

 

 なんでも

 きこえる

 のです。

 

 花たちの

 しあわせそうな

 つぶやきも

 

 小鳥たちの

 かわいい

 寝ごとも

 

 天使たちの

 きよらかな

 歌もね。

 

 まわりは

 すてきな

 音で

 いっぱい!

 

 もう

 

 うれしくて

 うれしくて

 

 ピョン ピョン

 はねて

 しまうのです。

 

 ひとみも

 キラキラ

 してきて

 

 こころも

 からだも

 

 フワフワ

 に

 なって

 くるんだよ。

 

 神さまたちの

 

 しずかな

 しずかな

 

 おしゃべりも

 

 きこえて

 きます。

 

 ぼく、

 

 とっても

 うれしい

 ことを

 きいたんだ。

 

 あのね

 

 神さまたちは

 

 みんなのこと

 

 ほんとうに

 ほんとうに

 

 だいすき

 なんだって。

 

 f:id:sufuretan:20171018164142j:plain

 

 

小鳥の あいさつ

 ぼくは

 小鳥

 です。

 

 あいさつを

 するのが

 だいすき

 なのです。

 

 朝は

 のぼってくる

 お日さまに

 

 いちばんに

 あいさつを

 します。

 

 だから

 とーっても

 早おき

 なんだよ。

 

 お日さまも

 ぼくの

 あいさつが

 たのしみ

 なんだって。

 

 お花にも

 あいさつを

 します。

 

 ニッコリ

 かわいい

 笑顔を

 くれるので

 

 とっても

 うれしくなって

 

 そばで

 

 歌まで

 うたって

 しまうのです。

 

 木にも

 

 風にも

 

 あいさつを

 します。

 

 雲にも

 

 みーんな

 にも。

 

 もう

 

 たのしくて

 たのしくて。

 

 するとね

 

 こころが

 パーッと

 あかるく 

 なって

 

 しあわせな

 ここちに

 なるのです。

 

 声も

 透きとおって

 きて

 

 きれいに

 なるみたい。

 

 すてき

 でしょ。

 

 そろそろ

 おやすみの

 じかんが

 きました

 

 ねぐらに

 かえります。

 

 そう

 

 あいさつを

 しなくっちゃ。

 

 おやすみ

 なさーい。

 

 また

 あしたね。

 

 f:id:sufuretan:20161103044046j:plain

 

 

虫たちの おんがく

 虫たちが

 おんがくを

 しています

 

 きれいな

 きれいな

 おんがくを。

 

 石ころ

 たちが

 おきゃくさま

 です

 

 清い

 こころで

 きいています。

 

 でんしんばしら

 も

 おきゃくさま

 です

 

 まっすぐな

 こころで

 きいています。

 

 どちらも

 りっぱな

 おきゃくさま

 

 りょうてを

 そろえて

 きいています。

 

 空には

 まーるい

 お月さま

 

 星も

 いっしょに

 きくのです

 

 うつくしい

 うつくしい

 

 こころでね。

 

 虫たちが

 おんがくを

 しています

 

 ひかり

 かがやく

 おんがくを

 

 夜が

 やさしく

 ほほえむ

 なかを。

 

 金の

 ビオラ

 

 銀の

 ビオラで。

 

 金の

 こころと

 

 銀の

 こころで。

 

 f:id:sufuretan:20170928052828j:plain

 

 

星の おしゃべり

 星たちが

 おしゃべり

 しているよ

 

 みんなで

 キラキラ

 ひかりながら

 

 とっても

 キレイな

 こえでね。

 

 キレイ

 キレイ

 

 きみって

 キレイ

 

 と

 みんなで

 ほめあって

 いるよ。

 

 星たちが

 おしゃべり

 しているよ

 

 みんなで

 ピカピカ

 ひかりながら

 

 とっても

 かわいい

 こえでね。

 

 かわいい

 かわいい

 

 きみって

 かわいい

 

 と

 みんなで

 ほめあって

 いるよ。

 

 星たちが

 おしゃべり

 しているよ

 

 みんなで

 リンリン

 ひかりながら

 

 とっても

 透きとおった

 こえでね。

 

 たのしい

 たのしい

 

 みんなで

 いると

 たのしいね

  って。

 

 しずかに

 しずかに

 

 よびあい

 ながら

 

 やさしく

 やさしく

 

 ほほえみ

 ながら

 

 キラキラ

 ピカピカ

 リンリン

 

 と

 

 しあわせそうに

 

 しあわせそうに。

 

 f:id:sufuretan:20170925045406j:plain