空へひろげて

空を眺めるのが大好きな、わたしの空への手紙です。

そよ風

 そよそよ

 そよ風

 

 どこから

 きたの?

 

 かわいい

 お花を

 みてきた

 ところよ

 

 子猫の

 しっぽも

 さわって

 きたの。

 

 小鳥の

 あかちゃんを

 そっと

 つつんで

 あげたり

 

 子犬の

 おでこも

 なでて

 きたのよ。

 

 そよそよ

 そよ風

 

 どこへ

 ゆくの?

 

 やさしい

 きもちに

 なって

 

 しあわせな

 きもちに

 なって

 

 もっと

 もっと

 

 そよそよ

 そよそよ

 

 したく

 なりましたって

 

 おしらせに

 ゆくのです。

 

 風の

 神さまの

 ところへ。

 

 f:id:sufuretan:20170611171812j:plain

 

 

言葉

 言葉が

 好き

 

 とても

 好き。

 

 空も 海も

 月も 星も 太陽も

 山も 川も

 

 それから

 

 木や 花や

 生きものたちや

 

 まわりの

 すべての

 ものも

 

 みんな

 それぞれの

 言葉で

 

 話を

 してくれます。

 

 よろこびの

 しあわせの

 

 気もちを。

 

 みんなの

 言葉で

 

 いっぱいに

 なった

 わたしは

 

 よろこびに

 しあわせに

 

 あふれるのです。

 

 言葉が

 好き

 

 とても

 好き。

 

 そんな

 気もちを

 

 こうして

 だれかに

 伝えられる

 

 人の

 言葉が

 

 いちばん

 

 好き。

 

 f:id:sufuretan:20170609161238j:plain

 

 

風鈴

 風鈴が

 うたっています

 

 風が

 あそびに

 きてくれたのが

 うれしくて。

 

 とても

 澄んだ

 声なので

 

 あたりの

 空気は

 

 透きとおって

 ゆくのです。

 

 風鈴が

 うたっています

 

 風と

 あそんで

 いるのが

 たのしくて。

 

 とても

 あかるい

 声なので

 

 あたりの

 空気は

 

 かがやき

 はじめるのです。

 

 水が

 ながれるように

 

 星が

 きらめくように

 

 風と

 あそべる

 よろこびを

 

 うたっています。

 

 とても

 

 きれいな

 きれいな

 こころで。

 

 f:id:sufuretan:20170521131141j:plain

 

 

ツバメのこども

 こんにちは

 

 ぼくたち

 ツバメの

 こどもです。

 

 いい子はね

 おくちを

 アーンって

 おおきく

 あけるのよって

 

 おかあさんが

 おしえて

 くれました。

  

 だから

 いっしょうけんめい

 おくちを

 あけるのです。

 

 おとうさんや

 おかあさんが

 そばまで

 来たら

 

 「ここだよー」

 「ここだよー」

 って

 

 みんなで

 ちからを

 あわせて

 呼びます。

 

 せいいっぱい

 おくちを

 あけてね。

 

 おうちが

 ちょっと

 せまいけど

 

 雨にも

 ぬれなくて

 

 ほんのり

 あったかくて

 ここち

 よくて

 

 みんなで

 くっついて

 いるだけで

 

 とっても

 とっても

 しあわせ

 なのです。

 

 そしてね

 

 お日さまが

 おはなし

 してくれる

 

 ドキドキ

 するような

 世界を

 

 風が

 おはなし

 してくれる

 

 ワクワク

 するような

 世界を

 

 はやく

 飛んで

 みたいなって

 

 いますぐ

 飛んで

 みたいなって

 

 おもえば

 おもうほど

 

 羽が

 はえて

 くるんだよ。

 

 ふしぎだね!

 

 f:id:sufuretan:20170531045142j:plain

 

 

麦わら帽子

 麦わら帽子を

 かぶったら

 

 山の

 においが

 するのです。

 

 木たちの

 ささやきや

 

 小鳥たちの

 うたも

 

 きこえて

 きます。

 

 麦わら帽子を

 かぶったら

 

 海の

 においが

 するのです。

 

 波の

 ささやきや

 

 カモメの

 こえも

 

 きこえて

 きます。

 

 野原の 

 風が

 

 みずうみの

 風が

 

 からだの

 なかを

 吹きわたり

 

 明るい

 なつかしさで

 

 キラキラ

 とした

 楽しさで

 

 胸が

 いっぱいに

 なるのです。

 

 麦わら帽子を

 かぶったら。

 

 f:id:sufuretan:20160818043937j:plain

 

 

 絵を

 かいてって

 

 ちいさな

 お花が

 こっちを

 みてるので

 

 かいて

 あげたのです。

 

 いちばん

 かわいい

 いろの

 クレヨンでね。

 

 ちょっと

 さみしそう

 なので

 

 となりに

 お花の

 おとうさんと

 おかあさんを

 かきました

 

 いちばん

 やさしい

 いろの

 クレヨンでね。

  

 もっと

 たのしく

 して

 あげたくて

 

 お友だちの

 お花も

 いっぱい

 かいたのです

 

 いちばん

 あかるい

 いろの

 クレヨンでね。

 

 もっと

 もっと

 たのしく

 したくなって

 

 リスさん

 ウサギさん

 スズメさんも

 

 それから

 カメさんや

 テントウムシさんも

 

 青い

 お空も

 フワフワの

 まっ白な

 雲も

 

 ニッコリ

 わらっている

 お日さまも

 かきました

 

 もっている

 クレヨン

 ぜんぶでね。

 

 絵の

 なかの

 ちいさな

 お花は

 

 とっても

 うれしそうに

 ウフッて

 わらって

 くれました。

 

 するとね

 

 わたしも

 

 お部屋の

 なかも

 

 しあわせで

 いっぱいに 

 なったのです。

 

 f:id:sufuretan:20170523155419j:plain

 

 

バラ

 バラの

 香りの

 なかにいると

 

 夢の

 なかに

 いるみたいです。

 

 きっと

 バラが

 夢を

 みているのです。

 

 天国で

 咲いている

 夢を

 

 天使たちに

 かこまれている

 夢を

 

 神さまに

 愛でられている

 夢を

 

 この上なく

 美しい

 夢を。

 

 虹いろの

 音楽に

 つつまれながら

 

 みているのです

 

 けっして

 醒めない

 夢を。

 

 f:id:sufuretan:20170521074702j:plain