空へひろげて

空を眺めるのが大好きな、わたしの空への手紙です。

窓を あけたら

 窓を

 あけたら

 

 風が

 あそびに

 きて

 くれたのです

 

 青空の

 においと

 いっしょにね。

 

 家具たちも

 みんな

 とっても

 気もち

 よさそうに

 

 清々しい

 顔を

 しています。

 

 窓を

 あけたら

 

 陽ざしが

 あそびに

 きて

 くれたのです

 

 お日さまの

 においと

 いっしょにね。

 

 ぬいぐるみたちも

 みんな

 とっても

 うれしそうに

 

 ニコニコ

 笑顔に

 なっています。

 

 窓を

 あけたら

 

 スズメたちの

 かわいい

 声が

 

 あそびに

 きて

 くれたのです

 

 緑の

 においと

 いっしょにね。

 

 部屋のなかは

 とっても

 たのしく

 なって

 

 家具たちも

 ぬいぐるみたちも

 

 あかるい

 おしゃべりを

 ピカピカと

 はじめるのです

 

 そとの

 スズメたちと

 いっしょにね!

 

 f:id:sufuretan:20170427045349j:plain

 

 

チューリップ

 チューリップが

 ならんで

 咲いています。

 

 手を

 つないで

 いるのです。

 

 みんなで

 ダンスを

 するのかな

 

 みんなで

 歌を

 うたうのかな

 

 これから

 遠足に

 いくのかな。

 

 チューリップが

 ならんで

 咲いています。

 

 みんなで

 空を

 見あげながら

 

 たのしそうに

 うれしそうに

 

 風に

 ゆれています。

 

 ともだちに

 なれて

 よかったねって

 

 ずーっと

 ともだちで

 いようねって。

 

  f:id:sufuretan:20170315143825j:plain

 

 

お水を のんだら

 お水を

 のんだらね

 

 からだの

 なかに

 

 きれいな

 泉が

 うまれたよ

 

 きれいな

 風も

 吹きわたったよ。

 

 お水を

 のんだらね

 

 耳の

 なかも

 きれいに

 なって

 

 小鳥の

 声が

 まっすぐに

 とどくんだ。

 

 そして

 

 きれいな

 瞳に

 なって

 

 空が

 ますます

 透きとおって

 

 青い

 宝石

 みたいに

 みえてね、

 

 世界が

 とっても

 とっても

 きれいに

 みえるのです。

 

 だから

 

 ぼくは

 大好きです!

 

 お水を

 のむのが。

 

 f:id:sufuretan:20170511074450j:plain

 

 

こいのぼり

 こいのぼりが

 

 とても

 すなおな

 顔をして

 

 風に

 のんびりと

 なびいています。

 

 旅を

 してきた

 風たちの

 

 たのしい

 お話を

 ききながら。

 

 こいのぼりが

  

 まーるい

 ひとみを

 キラキラ

 させて

 

 青い

 お空を

 ながめています。

 

 旅を

 してきた

 雲たちの

 

 あかるい

 お話を

 ききながら。

 

 こいのぼりは

 

 風や

 雲たちの

 お話で

 

 夢に

 こころが

 プックラと

 ふくらんで

 

 光の海を

 およいで

 います。

 

 まぶしそうに

 うれしそうに

 

 ピン

 ピン と

 光を

 はねながら。

 

 f:id:sufuretan:20170501050857j:plain

 

 

お月さま

 透きとおった

 空に

 

 まんまるい

 おおきな

 お月さまが

 

 むかえて

 くれました。

 

 「とってもうれしい!」って

 言っている

 みたいに

 

 ほんとうに

 あかるくて

 

 笑顔に

 あふれて

 いるのです。

 

 その 

 明かりに

 つつまれて

 いると

 

 わたしは

 しあわせに

 満たされてゆき

 

 ニッコリ

 していました。

 

 家々も

 うっすらと

 銀いろに

 染まり

 

 とても

 平和で

 しあわせ

 そうです。

 

 まわりの

 星たちは

 

 お月さまの

 あまりの

 美しさに

 

 ウットリとして

 

 いつもより

 しずかに

 

 輝いて

 いたのです。

 

 f:id:sufuretan:20161028165037j:plain

 

 

てを ふる

 おはよう!

 みんな

 元気って

 

 スズメたちに

 てを

 ふったらね

 

 朝が

 キラッと

 光って

 くれました。

 

 こんにちは!

 いい天気だねって

 

 カラスに

 てを 

    ふったらね

 

 昼が

 パッと

 光って

 くれました。

 

 いってらっしゃーい!

 いつか

 乗せてねって

 

 ながれる

 雲に

 てを 

 ふったらね

 

 空が

 フワッと

 光って

 くれました。

 

 ありがとう

 きょうも

 楽しかったって

 

 夕日に

 てを

 ふったらね

 

 ゆうべ が

 ジーンと

 光って

 くれました。

 

 きょうも

 わたしは

 元気ですって

 

 朝日に

 てを

 ふったらね

 

 世界が

 かがやいて

 くれたのです。

 

 まぶしいくらいに!

 

 f:id:sufuretan:20161027043349j:plain

 

 

さくら

 さくら

 さくら

 

 なぜ

 咲くの。

 

 おさんぽの

 犬に

 見せて

 あげたくて

 

 あかちゃんに

 見せて

 あげたくて

 

 咲いて

 いるの。

 

 みんなの

 笑顔を

 見れるのが

 

 とても

 とても

 

 しあわせ

 ですと、

 

 青い

 空への

 手紙なの。

 

 さくら

 さくら

 

 なぜ 

 散るの。

 

 小鳥が

 枝で

 遊ぶのが

 

 子どもたちの

 かわいい

 声が

 

 うれしくって

 くすぐったくて

 

 散って

 いるの。

 

 あふれてくる

 

 うれしさに

 しあわせに

 

 散っているの。

  

 そしてね

 

 やさしい

 風が

 はこんで

 くれるのです。

 

 うれしさで

 いっぱいの

 気もちを

 

 幸せで

 いっぱいの

 気もちを

 

 ひろーく

 ひろーく

 

 とおくへ

 とおくへ。

 

 f:id:sufuretan:20170418172558j:plain