空へひろげて

空を眺めるのが大好きな、わたしの空への手紙です。

小鳥の あいさつ

 ぼくは

 小鳥

 です。

 

 あいさつを

 するのが

 だいすき

 なのです。

 

 朝は

 のぼってくる

 お日さまに

 

 いちばんに

 あいさつを

 します。

 

 だから

 とーっても

 早おき

 なんだよ。

 

 お日さまも

 ぼくの

 あいさつが

 たのしみ

 なんだって。

 

 お花にも

 あいさつを

 します。

 

 ニッコリ

 かわいい

 笑顔を

 くれるので

 

 とっても

 うれしくなって

 

 そばで

 

 歌まで

 うたって

 しまうのです。

 

 木にも

 

 風にも

 

 あいさつを

 します。

 

 雲にも

 

 みーんな

 にも。

 

 もう

 

 たのしくて

 たのしくて。

 

 するとね

 

 こころが

 パーッと

 あかるく 

 なって

 

 しあわせな

 ここちに

 なるのです。

 

 声も

 透きとおって

 きて

 

 きれいに

 なるみたい。

 

 すてき

 でしょ。

 

 そろそろ

 おやすみの

 じかんが

 きました

 

 ねぐらに

 かえります。

 

 そう

 

 あいさつを

 しなくっちゃ。

 

 おやすみ

 なさーい。

 

 また

 あしたね。

 

 f:id:sufuretan:20161103044046j:plain