空へひろげて

空を眺めるのがだいすきな、わたしの空への手紙です。

小鳥さんを てのひらに のせたらね

 ぼくの

 小鳥さんを

 

 てのひらに

 のせたらね

 

 とっても

 

 かるくって

 

 おそらの

 くも

 

 みたいなんだ。

 

 ふわふわの

 

 春の

 くも

 

 みたいなんだ。

 

 ぼくの

 小鳥さんを

 

 てのひらに

 のせたらね

 

 とっても

 

 あったかくって

 

 ひだまり

 みたいなんだ。

 

 ほわほわの

 

 春の

 ひだまり

 

 みたいなんだ。

 

 それにね

 

 とても

 とても

 

 やわらかくって

 

 マシュマロ

 みたいなの。

 

 春いろの

 

 やわやわの

 

 マシュマロ

 みたいなの。

 

 きっと

 

 こころも

 

 春

 みたいに

 

 やわやわ

 しているんだね。

 

 においも

 

 ほんとうに

 やさしいんだよ。

 

 春の

 

 やさしい

 やさしい

 

 においが

 するの。

 

 春の

 みどりの

 

 あまーい

 あまーい 

 

 においが

 するの。

 

 そしてね

 

 いつも

 いつも

 

 しあわせ

 

 って

 

 ほほえんで

 いるのです。

 

 春

 みたいに

 

 ふんわり

 ふんわり

 

 ほほえんで

 いるのです。

 

 小鳥さんが

 いるだけで

 

 ぼくの

 こころも

 

 とっても

 

 やさしく

 なって

 

 おへやも

 

 とっても

 

 やさしく

 なって

 

 おうちの 

 なかが

 

 やさしさで

 

 いっぱいに

 なるのです。

 

 せかいじゅうが

 

 やさしさで

 

 いっぱいに

 なるのです。

 

 小鳥さん

 

 って

 

 小鳥さん

 

 って

 

 夢

 

 みたいだね。

 

 ふわふわの

 

 やさしい

 やさしい

 

 夢

 

 みたいだね。

 

 ほわほわの

 

 やわらかな 

 やわらかな

 

 夢

 

 みたいだね。

 

 きっと

 

 春が

 みている

 

 夢

 

 なんだね。

 

 f:id:sufuretan:20170417035809j:plain