空へ ひろげて

空を眺めるのがだいすきな、わたしの空への手紙です。

はずかしがりやさん

 あのね、

 ぼく

 トカゲさんを みつけたの。

 

 こんにちは! って

 あいさつ しようと したらね、

 トカゲさん すぐに かくれてしまったの。

 シッポだけ みせて かくれてしまったの。

 きっと、トカゲさんは

 はずかしがりやさん なんだね。 

 

 お花さんにも きれいだね って

 にっこり わらったんだよ。

 なのに、お花さん だまってるの。

 なんにも いわずに だまってるの。

 でも、ぼく わかるんだ。

 お花さんが うれしいのが わかるんだ。

 だって、ほんわり ほんわり

 いい においが したんだもの。

 きっと、お花さんも

 はずかしがりやさん なんだね。

 

 すずめさんにも いったんだよ。

 きょうも いいお天気だね って。

 そうしたら、すずめさんたち

 あわてて どこかへ

 とんでいって しまったの。

 

 メダカさんにも あいさつ したよ。

 おげんきですか? って。

 するとね、みーんな びっくりしたみたいに

 水草の かげに かくれて しまったのです。

 

 アリさんたちには、いつも いっしょうけんめいで

 えらいなぁ! すごいなぁ! って いったらね。

 アリさんたち、ますます いそがしそうに

 いっしょうけんめい、まえ見て あるいていたよ。

 

 お月さまにも お星さまにも

 コップさんにも いしころさんにも

 いつも きれいに ひかって くれて

 ありがとう って いったらね。

 みんな だまってたけれど、

 ますます やさしく やさしく

 ひかって くれたの。

 

 みーんな みーんな

 はずかしがりやさん なんだね。

 

 かくれたり するのも

 しらんぷり するのも

 だまっちゃうのも

 どこかへ いっちゃうのも

 みーんな みーんな

 はずかしい からだね。

 

 きっと、せかいじゅうには

 はずかしがりやさんで いっぱいだよ。

 

 ぼく

 そんな みんなが だいすき。

 すごーく すごーく だいすき。

 

 みーんな みーんな

 だいすきな だいすきな

 たいせつな たいせつな

 

 ぼくの

 おともだちだ!

 

 f:id:sufuretan:20161015043817j:plain