空へひろげて

空を眺めるのが大好きな、わたしの空への手紙です。

だいすきが いっぱい

 あのね

 

 ぼくの

 なかには

 

 だいすき

 

 が

 

 いっぱい

 

 はいって

 いるのです。

 

 あふれる

 くらいに

 

 いっぱいにね。

 

 おとうさんも 

 おかあさんも

 

 こいぬさんも

 こねこさんも

 

 だいすき

 

 いしころさんも

 とんぼさんも

 

 ありさんも

 ゆうびんポストさんも

 

 エントツさん

 だって

 

 だいすき。

 

 もう

 

 かぞえられない

 くらいに

 

 いっぱいなの。

 

 するとね

 

 おそらを 

 とんでる

 

 ここちに

 なって

 

 のはらを

 かけてる

 

 ここちに 

 なって

 

 おひさまに

 つつまれてる

 

 ここちに

 なるんだ。

 

 きっと

 

 だいすき

 

 って

 

 つばさが

 あるんだね

 

 だいすき

 

 って

 

 スキップ

 するんだね

 

 だいすき

 

 って

 

 あったかい

 んだね。

 

 だいすき

 

 って

 

 いえば

 いうほど

 

 ぼくの

 なかに

 

 いろんな

 だいすきが

 

 どんどん

 どんどん

 

 ふえちゃうんだ。

 

 やさしい

 きもちも

 

 どんどん

 どんどん

 

 ふえちゃうんだ。

 

 きっと

 

 だいすきは

 

 だいすきが

 

 だいすき

 なんだね。

 

 だいすきは

 

 やさしい

 きもちも

 

 だいすき

 なんだね。

 

 たのしくって 

 たのしくって

 

 いつも

 いつも

 

 しあわせな

 きもちで

 

 いっぱい

 なのです。

 

 やさしい

 きもちで

 

 いっぱい

 なのです。

 

 だから

 ぼくは

 

 だいすきが

 

 だーいすき!

 

 f:id:sufuretan:20180316195556j:plain