空へひろげて

空を眺めるのが大好きな、わたしの空への手紙です。

空が すき

 木たちは

 

 とっても

 空が すき

 

 空に

 さわって

 みたくって

 

 空へ

 むかって

 のびてゆく。

 

 小鳥も

 

 とっても

 空が すき

 

 空に

 きいて

 ほしくって

 

 きれいな

 こころで

 うたってる。

 

 お花も

 

 とっても

 空が すき

 

 空に

 みて

 ほしくって

 

 こころを

 こめて

 咲いている。

 

 アリも

 

 とっても

 空が すき

 

 空を

 ながめて

 ひとやすみ

 

 うつくしいな

 って

 ながめてる。

 

 海も

 

 とっても

 空が すき

 

 空を

 うつして

 うれしそう

 

 青く

 なれたって

 うれしそう。

 

 ぼくも

 

 とっても

 空が すき

 

 いつでも

 

 そばに

 いてくれる

 

 どこでも

 

 そばに

 いてくれる。

 

 みーんな

 

 空が 

 だーいすき。

 

 空は

 

 みんなの

 だいじな

 ともだち

 

 空は

 

 みんなの

 だいじな

 ふるさと。

 

 空も

 

 みんなが

 だーいすき。

 

 だーいすき

 って

 わらってる。

 

 どこへも

 いかずに

 

 わらってる。

 

 みんなを

 

 ふんわり

 

 だきしめ

 ながら。

 

 ひろーい

 こころで

 

 だきしめ

 ながら。

 

 やさしく

 

 やさしく

 

 わらってる。

 

 f:id:sufuretan:20170425154959j:plain