空へひろげて

空を眺めるのがだいすきな、わたしの空への手紙です。

トンボ

 おはよう!

 

 ぼくは

 トンボ

 です。

 

 こころも

 からだも

 

 かるーい

 トンボ

 なのです。

 

 かるくて

 かるくて

 

 空気じゃ

 ないかと

 おもうくらい

 です。

 

 だから

 いつも

 

 とっても

 さわやかな

 ここち

 なんだよ。

 

 旅を

 するのも

 だいすき

 です。

 

 フッと

 おもいたったら

 

 どこへ

 だって

 スーッと

 飛んでいける

 

 はねを

 キラッ キラッ

 とさせて

 

 お日さまと

 たのしい

 おはなし

 しながらね。

 

 そう

 

 ぼくは

 

 かるーい

 かるーい

 

 トンボ

 なのですから。

 

 目が

 おおきいから

 

 よーく

 みえるんだよ。

 

 とおくの

 

 かわいい

 お花や

 

 きよらかな

 小川や

 

 きみの

 ステキな

 こころもね。

 

 キレイな

 もので

 いっぱい

 だから

 

 うれしくて

 うれしくて。

 

 そしてね

 

 ぼくは

 おもう

 のです。

 

 世界は

 

 ほんとうに

 ほんとうに

 

 うつくしい

 

 って。

 

 f:id:sufuretan:20170110112254j:plain