空へ ひろげて

空を眺めるのがだいすきな、わたしの空への手紙です。

めだかの あかちゃん

 めだかの あかちゃん

 きれいだな。

 

 ほんとうに ほんとうに

 きれいだな。

 

 きっと

 きれいな お水さんから

 うまれて きたんだね。

 きれいな 泡さんから

 うまれて きたんだね。

 

 だって

 とっても すきとおって いるんだもの。

 宝石 みたいに すーんと

 すきとおって いるんだもの。

 

 もしかしたら

 きれいな 音から うまれてきたの かしら。

 きれいな 音楽から うまれてきたの かしら。

 

 だって、

 きこえるんだもの。

 めだかの  あかちゃんが およぐ たびに

 きこえるんだもの。

 きれいな きれいな 音の つぶやきが

  ポロロン フルルン

 天の おくにの 音楽 みたいに

  ポロロン フルルン

 しずかに しずかに きこえるんだもの。

 

 ほら、

 みて、

 きれいな とうさん、かあさんと

 たのしそうに たのしそうに

 おさんぽ しているよ。

 きれいな えがおを きれいな ことばを

 かわしながら。

 しあわせそうに しあわせそうに

  ポロロン フルルン

 おさんぽ しているよ。

 タニシさんと どじょうさんも

 にこにこ にっこり いっしょにね。

 

 めだかの あかちゃん

 きれいだな。

 ほんとうに ほんとうに

 きれいだな。

 

 きっと

 きれいな こころで うまれて きたんだね。

 きれいな いのちで うまれて きたんだね。

 

 きれいな きれいな 世界から

 やさしく やさしく

 そおっと そおっと

  ポロロン フルルン

  フルルン ポロロン

 うまれて きたんだね。

 

 f:id:sufuretan:20170908050844j:plain