空へ ひろげて

空を眺めるのがだいすきな、わたしの空への手紙です。

てんとうむしさんの おはなし

 こんにちは!

 ぼくは

 てんとうむしです。

 

 おもちゃの おくにから

 やって きました。

 

 ぴっか ぴか の おようふくは

 おひさまが つくって くださったんだよ。

 ぴっか ぴか の こころで

 ていねいに ていねいにね。

 

 もう うれしくて うれしくて

 ぼく、

   まいにち まいにち おせんたくも しているし

 ブラシも かけているの。

 そうしたら、

 ますます ぴっか ぴか に なってきて

 ぼくの こころまで まぶしい くらいに

 ぴっか ぴか に なって しまったのです。

 

 ぴっか ぴか の カバンも

 つくって くださったんだ。

 なかにはね、

 おもちゃの 神さまから いただいた

 にこにこさんや わくわくさん

 いっぱい はいって いるの。

 みんなに とどけて くださいね って。 

 

 だから、ぼく みんなの  ところまで

 おとどけに ゆくのです。

 

 ちょうちょうさんや バッタさん

 でんしんばしらさんに エントツさん、

 いしころさんの おでこへだって

 こびとさんの ポケットへだって

 おとどけに ゆくんだよ。

 

 アリさんたちに おとどけしたら

 みんなで ならんで ありがとうの おうたまで

   うたって くれたんだ。

 

 ベンチさんに おとどけしたら

 ゆっくり やすんでいって くださいね って

 やさしい えがおで おむかえして くれたよ。

 

 それからね それからね、

 とーっても ふしぎなのは

 ぼくの カバンは

 みんなに おくりものを すれば するほど

 いっぱいに なるの。

 にこにこさんや わくわくさん

 あふれる くらいに いっぱいに なるの。

 

 きっと、

 みんなからも にこにこさんや わくわくさん

 たーくさん もらって いるんだね。

 

 さぁ、

 きょうも みんなの ところへ おとどけにゆくよ。

 

 ずーっと むこうの お山や 海へ。

 うつくしい うつくしい 虹の おくにや

 お星さまたちの ゆうえんちへ。

 

 とびっきり かわいい かわいい

 ぴっか ぴか の えがおでね。

 

 だって、

 ぼくは、

 おもちゃの おくにの

 王子さま なんだもの!

 

 f:id:sufuretan:20171119062831j:plain